FC2ブログ

雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

 
13
 


抹茶ちゃんと、中の人である大橋彩香さんの誕生日。
project575の小豆と抹茶が本当にボカロになったことで今のような作品投稿で誕生日が祝えるようになったのは確かに画期的だが、やはり素材が乏しい現実は変わっていない。
なので、毎回かんざき先生(鼻そうめんP)の公式イラストに依存しているのが現実。

今作は、「踏み躙られた声」というテーマだが、Twitterをやってて思っていることがある。
特定のアカウントが徹底的に目の敵にされている、その目の敵をフォローして、挨拶だろうとプライベートだろうと発言するだけでリプライで攻撃する。
今は、それなりに影響力を持っている人がその対象とされているものの、その敷居が下がってきたら不満すら口に出来なくなるのではないかという。
あの「北斗の拳」に、ドルフィとゼンダという悪人が出てくるエピソードを思い出す。
村を支配するリーダーのドルフィが村人に対して、その村人の声に耳を傾けるというパフォーマンスをする。
本来なら、村人らは不満を訴えたいとしているがその背後でゼンダが村人に鉄の爪先を突き付けて
「不満なんてあるわけないよな、あると言ったらブスッといくよ」と脅して、満足しているという声を強要する。
そう思えてならないのだ。

今、本当に自分もそんな未来を感じている、いや、手足をもがれたような不自由さを既に実感し始めている。
でも、不満を口にしたら抹消の対象にされてしまいかねない、そんな恐怖が身を過ぎる。

今作の世界はまさにそんな堕落を極めたそう遠くない未来の世界だ。
自由が奪われていく、ライフラインが破壊されていく、好きなものに在りつくことさえ罰せられる。
そんな秩序を司る人間と仲良くすれば、強姦や殺人といった犯罪までも揉み消してもらえるような理不尽な世界。
ただ、穢されて傷つけられて、言いたいことも言えなくなっていく(ここさけのような)。

主人公の少女は、そんな仕打ちを受けてなおも声に出そうとする、そして歌う。
その目からは、時折涙が零れ落ちる。
どんなに汚れても傷ついても、その声、そして涙には穢れなんてない。
抹茶ちゃんがその歌う少女となるのだが、それはあまりに美しい。
そして、抱き締めたくなるほどだ。

動画では、ニコニコモンズの動画素材を使用しているが、抹茶の背後で血が壁についていくシーンがあるが、X(現・XJAPAN)の「WEEK END」という曲のPVの1シーンが元ネタになっている。(あの当時、フィルムコンサートの開催予告CMがテレビで流れていて、その背景としてそのPVのシーンが使われていた)
今回、全部で8つの背景を切り替えて作ったPVになったが、こうして作っているうちに抹茶ちゃんが好きになっていろいろ考えたくなってくる。
まだ、抹茶ちゃんの曲は暗くて悲しい系ばかりなのでそろそろ笑顔になれる曲も考えたい。
リアルが笑顔になれないのがやはりそれを邪魔しているのだろうけど。


スポンサーサイト



 
31
 
今年はリンレンがミクをお祝い
リンレンからミクへお祝い


そして折角だから
ミクをジョイフルに連れてきた
本当は、ロイヤルホストに連れていくつもりだったけど、自貼りアワーとか制作が延び延びになったとかで結局ジョイフルへ。
都心ではマジカルミライの真っただ中だが、そんなものとは無縁な僕ができることは自分で曲を作ることと、どこかに遊びに連れて行くことくらい。
そして、長居することなく帰ってきた。

さて、本題



昨年は、幻想狂気曲だったが今年は地味に恋愛モノ。
だけど、どこか淫らな一面はある。
もうパッケージイラストのような姿のミクは僕にとっては過去のもの、今作のイラストは何処か淫らで胸も大きい。
そして、恋するミクであり求愛するミク、それは逆にミクに対する想いへの裏返しとも言える。
そして、アップテンポな曲調ながらV3のDarkで歌わせた。

今回苦労した点は、コーラスの組み方で最後まで失敗と見るか否かを見誤ったことや、コーラスとのバランスが最後の最後になって納得できずに音源を作り直していること、そして動画の制作と掻きだしに使用していたパワーディレクターがフリーズを起こしたことで一時は暗雲が立ち込めていた。
目標も19時の予定だったが、作り直しが重なって結局20時にニコニコとYouTubeの同時公開ということになった。
ちなみに、今回のコーラスでは洛天依ちゃんが初参加となった。
何とか、曲を公開することで無事に何もないミク誕だけは免れた。

今回、歌詞として強調している中の1つに「秋の長雨」がある。
これは、8月下旬ころから九州の当たりに秋雨前線が現れて長期間に渡って停滞を続けており、結局夏空の拝めるはずの夏を事実上強制終了させてしまったということで、これを意識的に表現した。
そして、今もその秋雨前線が停滞を続けて太陽をもう1週間以上拝めていない。
ニュースでは、九州北部豪雨という見出しで報道している。
ちなみに、僕の自己紹介に「雨が死ぬほど嫌い」と書くほどだが、故に雨が続く今を「狂気」だと思っている。
2年前には「秋雨前線最大往生」という曲も公開している。

今回のタイトルは、「恋の妄想」ということで、ミクがこんな恋をしたいという想いを綴っている。
そんなミク像が描けるのは、そこに「ミクが好き」という想いがある。
有名な作曲家たちの作るミク像とかけ離れた僕のミク像は、それだけ独自の進化をしているといってもいい。
16歳のままなのに、大きくなって母性愛を持つようになっていく、そんなミクへと変わっていく。

最後に、改めてミクちゃん12回目の誕生日おめでとう。
 
31
 


この曲も公開して1ヵ月経つが、今までのノリノリなポップから一転して少し静寂感があるミディアム風にしてみた。
実際使っている音色も少なく、静か目の雰囲気で考え込むという状況を演出してみたが、もともとこの姿の元ネタに興味があったのは幼い頃のことだった。
当時は、放送局のオープニングやクロージングというものに興味を持っていたが、当時は夜中の1時から5時に番組が流れるなんてことは全くと言っていいほどなく、大抵は停波状態やテストパターン表示になっていた。
そんな時間に番組が流れるといえば、24時間テレビやインディ500くらいのもの。
当時は、番組のオープニングやテストパターン表示中に流れる音楽を鑑賞する目的で早起きしていたりしたが、民放だと6時45分くらい、NHKだと6時からだからNHKのオープニングを観たかったら5時台に起きる必要がある。
そのオープニングでNHK教育テレビ(現Eテレ)のオープニングで登場するのがオーギュスト・ロダン制作で知られる「考える人」の銅像、これに興味をもち、後に本物を観ることになった。
今回のウナのポーズのモデルはその考える人なのだが、あまり上手く再現できていないのはご愛敬ということで。

曲は、これまでのウナの作品過去3作とはうってかわって、かなり静寂蜀の強い曲になった。
考え込むというシチュエーションから見てこんな感じの曲が適していると思えたからだ。
ちなみに、ちょっとネタも織り交ぜていて、最初のハンバーグとカレーライスは某ヘルトアクションに出てくる某市長さんがネタだったりする。
そして、最初の2枚の写真は自前だが、左の写真はジョイフルのしんけんチーズハンバーグ、右の写真は正確にはチキンカツカレーで、商店街のなかにある老舗のトンカツとカレーの専門店である五車堂のメニューの1つだ。
ちなみに、映画のテーマでは著作権的な問題もあって選択肢をイメージで具現化できなかった。

こうして、この曲では3つのテーマを例として取り扱ってみたが、どうだっただろうか?


 
18
 
多分、このニュースを題材にしてブログ書いてる人は大勢いるかと思うが、自分も少しだけ書く。
僕が京都アニメーション(以後京アニ)を知ったきっかけは、「涼宮ハルヒの憂鬱」だが、一番身近に感じたのは「けいおん!」だと思っている。
自分の住んでいる地元だとケーブルテレビ等を介さないとほとんどのアニメが見れない中、「けいおん!」の2期を地元でも放映してくれたし、劇場版も地元のよく行くシネコンでも上映されたし、出演している声優やスタッフがVOCALOIDに関わっていたり(田井中律と平沢憂の声優がVOCALOID化、でんぱ組Inc.の夢眠ねむの声を元に作られたVOCALOIDのキャラクター、兎眠りおんと夢眠ネムのキャラデザが堀口悠紀子さん)と、いろんな意味で身近な存在だった。
(ちなみに、憂ちゃんのVOCALOIDを所持しているが)

そんな中、別の京アニ作品を見てそんな中で影響を受けた自分がVOCALOIDオリジナル曲を制作したことがあった。
まだ、初音ミクと巡音ルカしか持ち合わせていなかった頃、この当時イラストレーターの人たちを募って協力してもらうことで成せた「遠く離れた幸せ」2部作を制作した。




当時、このプロジェクトをこういう位置づけとしていた(今もそうであるが)
「死ぬまでにしたい10のことの1つ」
公開時期から、何の京アニ作品なのかは多分予測がつくと思うからそこまでにしておくが、それなりにいろいろ影響もうけたし、感化されて購入したCDもあったし、いろんな意味で影響して、そして身近に感じたりもした。

報道によれば、16人もの方が亡くなったそうで本当に締め付けられる思いだ。
亡くなった方のご冥福を心よりお祈りするとともに、負傷された方の一日も早い回復をお祈りしたい。
 
13
 



今年に入って迎え入れた洛天依ちゃん、早くも3作目となったが今作公開日の7月12日はその天依ちゃんの誕生祭の日、勿論僕としては初めてだが、天依ちゃんは今年7月12日で生誕7周年を迎える。
僕の天依ちゃん作品は過去2作はイケイケなノリのEDMだったが、今作は一転して哀愁系バラードを制作。
そして、日本語天依ちゃんには2種類のボイスがあって、過去の2作はnormal、今作ではもう1つのボイスであるsweetを使った。
ちなみに、このnormalとsweetはクロスシンセシスが可能となっていてその為の仕様も標準で用意されている。
今作のタイプの曲は、過去に初音ミクとGUMIの共演作である「あの空の向こうへ」があり、それに少し似た感じでもある。
そして、このタイプのバラードは個人的に青い夏を描くにはとても適していると思っている。

それで、swwetタイプの天依ちゃんに歌わせてみてとてもはまっていると思えた。
まるで、「ニッポンの歌姫」って思えてしまうくらいだった。
動画のフォントも楷書体を使ったのもそれらしさを意識していた。

そして、最近夏が楽しめていないという自分のフラストレーションがある意味テーマになっていたりする。
昨年の「凍てついた夏」というレンの作品がそれを如実に物語っているわけだし。
そして、今年はそれら輪をかけて酷くなっているという感じしかしない。
それでも、何とか曲作りは続いているといった形だ。

あと歌詞にも載せているが、昨年の夏は熱射病が続出するほど熱すぎたが、そんな夏でさえ思い出が作れるような夏であればそれはそれでいいと僕は思っている。
勿論、熱射病には気をつけなきゃいけないのは当然として。

今年は梅雨入りが遅く、現在も梅雨明けの目途はたっていないが、梅雨が明けた時家庭内でまた不幸が起こらないことをただ願うばかりだ。
もうすぐ夏祭りの時期というのもあるから。
 
30
 
そろそろ6月も終わり、この6月はとても重すぎてやっと終わったという気持ちが強かった。
地元に大分オーパがオープンしてわくわくしてたは良かったが、その後父の深刻なまでに進行していた腎不全と再入院、僕の腸内内視鏡検査など、いろいろ振り回されることが多く、家庭内対立も多かった。
それもあって、GUMI誕生祭の前夜に制作した「最低の母親へ」を公開した。

あと、初音ミクとロート製薬でコラボした目薬「デジアイ」のパッケージが来月から初音ミクのパッケージではなくなるそうだ。
ということで、最後の日にもう1度デジアイのミクパッケージ版を買った。
結局、スマートフォンを使ったコンテンツに在りつけることはなかったが。
ロートダジアイ、さよなら初音ミクパッケージ
では、本題へ




もう1つのGUMI誕、今度は恋モノだが動画に使う絵で結構迷走していた。
メインとなった2枚目だけはそれでも決まっていたけど、前作公開後に絵を選び直して作り直していた。
ということで、ニコニコの動画ID番号の捻じれは何とか免れたが。

GUMIちゃんの恋モノはエロいものが多かったが、今作は意外とサッパリとしている。
それでもディープキスな表現は含んでいるが。
絵を選び直したのは、黒い空白が多すぎて地味すぎるという結論に達したため、それで白い空白を出来るだけ入れないように使用するイラストを選び直してこの形になった。

ということで、今回はこのへんで・・・
7月もまた誕生祭関係で振り回されそうだけど。
 
25
 



今回は、世界観などについては一切言及しない。
簡単に言ってしまえば、実話を元にほぼ正確に歌詞を再現しているとだけ言っておく。
そして、歌詞をあらかじめ作ってそこに伴奏を後から作るとう珍しい方法で制作して完成につなげた。

GUMI10周年前夜、つまり10周年を迎えるのは明日だが、実は明日の丁度10周年向けにもう1作公開する。
つまり、誕生祭で初めての複数作品となり、今回のケースは2部作(世界観的つながりは無いが)となる。

ちなみに実際は、今作が後から制作して捻じ込んだ形になって、ニコニコの場合、明日公開の2作目がsm番号が若くなってしまうのだが、ここに来て使用している絵と一部の字幕の色を変更して作り直すことにした。
というのも、どうも地味すぎて勿体ないという感じが否めなかった。
こうすることで、sm番号も正しい順番で続く形に戻すことができた。
こちらの2作目は、26日0時(YouTube版は同日19時)から公開する。
 
12
 
元号が変わってから去年の悪夢の再来が襲ってきていて、ボロボロの状態だった。
父が腎不全と診断されたことに加え、自分のお腹の調子が依然としてよくない。
定期的に通院している病院で便潜血検査を依頼して検査キットを受け取り、次の通院日(今日)が近づく頃に採便を行い提出したのだが、結果は2回目の分で陽性反応が出て、近く内視鏡検査を受けることになった。
ところが、これが大きなネックとなっているのが勤務先への欠勤届、もし内視鏡検査結果で入院治療沙汰になった時欠勤ができるかどうか微妙というか絶望的で、この狭間で苦悩が続いている。
以前にも書いたが、今の職場に対してはもう完全に失望(社長が吠えまくりのバカで、人手不足等で休みを取りにくい状況がかなり昔から慢性的に常態化)しているし、無理して今の仕事を続ける必要性もなくなってきている。(次に仕事できるところがあればだが)

そんなこんなでなかなかボカロ曲を作る意欲が出てこなかった。
ただ、それでもどうしても作らなければと思っていた。
それは今月あのGUMIちゃんが生誕10周年を迎えるということだ。
そのため、気持ちを堪えながら少しずつではあるが曲作りを進めていた。
そして、そんな中で降って湧いたように出てきたのが、正岡小豆ちゃんの生誕祭の日だった。
なので、急遽GUMIちゃん向け作品の制作を中断し、小豆ちゃんの作品の制作に着手した。
丁度、今年に入る前に作っていた方向性も決まっていなかった作りかけの曲があったので、これを完成形に仕上げて小豆ちゃん向けの曲とした。
元々は、猪突猛進をイメージした曲だったが、音色を一部変えたら切ない物語のような曲に仕上がった。



テーマは、失われた最愛の人。
アップテンポのナンバーだが、切ないタイプに分類される曲だ。
以前にも、初音ミクの「蒼空ジャンパー」がそんな感じの曲だった。
設定は、彼女は亡き彼のことが忘れられず、それが自身の足を止めてしまっていた。
世を去った彼は、そんな彼女に対して語りかけた。
それが、「俺のことは忘れてお前はお前の道を行くんだ」といったような内容だった。
彼女にとってその言葉を受け入れることはとても難しく、さらに自分の心や胸が絞めつけられていく。
そして、一夜を号泣して明かした、泣き明かすと心が軽くなっていた。
そして、彼女の決断は彼を忘れずとも歩みを再び始めるというものだった。

この曲の結末は、「決別せずとも歩むことはできる」ということ、亡き人を忘れることと自分の歩みを始めることはリンクしている必要はないということ。
勿論、彼はそれを納得しているかどうかは分からないが。

ちなみに、2番のBメロで抹茶の入ったボトルという歌詞が出てきてるが、これはやはり小豆の相棒を意識したものとなっている。
ちなみに、小豆も抹茶も誕生日設定が演じた声優と同じ設定になっているが。

とりあえず、何とか小豆聖誕祭はやれたが、GUMI誕生祭は医療関係で早く仕上げなければと思っている。
 
10
 


元号が平成から令和に変わって初めての更新。
今回は、ニコニコ動画のプレイ動画を借りて語ってみる。

何故かというと、とうとうアーケードアーカイブスで配信されたのだ。
アーケード以外では初代XboxのニンジャガイデンBlackのオマケでしか遊べなかったそうだが、まさか本当に遊べる日が来るとは思わなかった、コエテクさんとハムスターさんに感謝ですな。
考えてみれば、元のこのゲームが稼働したのが平成元年に入ってすぐ(2月)、そして令和元年になってすぐにこのゲームが移植されて配信、何らかの縁を感じずにはいられない。
ちなみに、当時難易度や残機といった設定を比較的緩くして稼働していたゲームセンターでプレイして1コインクリアを成し遂げたが標準設定だとアッという間にあのおぞましいコンティニュー画面を見る羽目になるwww

ゲームはベルトスクロール型のアクションで、操作はボタン付きロングレバー(ナムコの「アサルトで使われていたもの」)と2つのボタン、レバーはマイキャラである忍者(後のリュウ・ハヤブサ)の操作、ボタンはレバーについたボタンが「握れ」、あとの2つのボタンがそれぞれ「戦え」「跳べ」という設定。
この3つのボタンにより、三段連続拳、首切り投げ、反動蹴りといった技を出せるのだが、ステージ上に配置されたオブジェクトを連続攻撃や投げといった技で敵を飛ばしてぶつけることでアイテムが入手できるが、中身は体力回復、ボーナス、1UP、龍剣(10人斬り剣)などがある。
だから、普通に戦うより敵を誘導してぶつけることを前提に戦っていくのが基本だが、これがそれなりに楽しい。
ただ、アイテムが出現してから少し時間が経過するだけで消えてしまうからそれで焦ることもしばしば。

そして、音楽がパロディに溢れてると言ってもいい。
ちなみに、2面のボスの曲が削除されてしまっていたのは残念(原曲がブラック・サバスの「Ironman」なのは分かっているが)。
あと、ステージクリアの画面がユニークで、忍者の主人公が寿司屋で寿司を食べたり電車に乗って新聞を読んだりタキシードを着てカジノで遊んだりとなかなか笑える。

それで、つい最近標準設定でゲームクリアを達成できた。
「上を向いて歩こう」のパロみたいな曲がほんわかしてて良い。



 
30
 


149作目となる今回の作品は、改元前の最後の作品になる。
曲の感じとしては、以前制作したGUMIちゃんの「Dance With Ypur Love」に似ているかもしれない。

今作の発想は簡単に言えば、時代の境を越える時にどこにいるのか、どんな状況なのかである。
例えば、毎年大晦日と元旦を跨ぐ間がそうだが、家の中でのんびりテレビを見ながら迎えるのと、旅先で大賑わいの中で迎えるのでは大きく違う。
前者が8割方で後者が2割方といえると思うが、これもまた各々で違う。(少なくとも僕は前者9割方だと思っている)
一番盛り上がった中での年越しといえば、京都の北野天満宮に大晦日の夜に行ったこと、この時入場制限の中で長蛇の列の中にいたが、これが自分にとって最大の年越しだったといえる。
もう参拝するってレベルじゃねぇぞ

この曲は、こういった一つの区切りの時を宴を開いて盛り上がりながら迎えたいという思いから出た。
曲と言うよりは歌詞と言った方がいいかもしれないが。

曲について特筆すべきことは1つ。
いつもは、メロディパートはSynth1を使用しているが、今回は新しいシンセサイザープラグインの「Kairatune」をメロディとアルペジオパートに使用した。
シンセサイザー「Kairatune」

動画は敢えて天依ちゃんの公式のものをお借りする形になったが、それだけ好きなのかもしれない。

ということで、最近ずっと体調崩しがちで今もそうだが、2か月ぶりの新作となった今作。
公開日は平成の最後の日、次の作品からは令和でのことになるがまずは、無事公開できたことに安堵である。


現在の訪問者カウント

プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは管理人による承認後に有効になります。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝、不適切なワードを含んだコメントやトラックバックは承認不可にする場合があります、ご了承ください。

VOCALOID作品集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク