雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅蓮の弓矢のこと

鑑賞と自論CM(0) TB(0)


自由への進撃 (通常盤/CD Only)自由への進撃 (通常盤/CD Only)
(2013/07/10)
Linked Horizon

商品詳細を見る


かねてから予約した「進撃の巨人」のオープニングソングのCDがようやく手元に届いた。
発売以前から、その話題の中心となっていた「紅蓮の弓矢」について、フルバージョンがあまりいい評価を得ていないという。
自分の場合、出来れば可能な限り許容したいつもりでいた訳で、聴かないでCDで初めてフルを聴くという形を何とか貫いた。
いい評価を得ていない理由は、テレビで流された「紅蓮の弓矢」の曲が2番では全く別の曲になってしまったことだという。
自分は、できたら「これは別に悪くない、いいじゃんよ」といいたかったが聴いてみてそんな許容すら出来なかった、とても悔しいというか、ブラボーと叫びたかったのにそれすら出来なかったという。
そう、複数の曲を繋いで1フレーズ化する「ノンストップミックス」の1曲目と2曲目を聴いているような印象だったのだ。

これ以外に自分がこのCDに関して残念だった点は3つ
1.演出音やエフェクトが過剰にかかりすぎて、テレビで聞いたような気持ちのいい音をCDクオリティで聴けなかった。
2.収録された3つのトラックは独立していない。
3.歌詞カードの意味不明な見づらさ(いや、見えないと言った方がいい)

そして、あれだけ愛された曲を歌いたいという人も少なからずいてもおかしくないことを考えればインストゥルメンタルトラックを収録してくれてもよかったんじゃないかということだと思う。

はっきり言って、サンホラファン向けに特化していて、「進撃の巨人」から入った人には門前払いされてしまったかなという印象。当然、自分も後者である。
ファンじゃないから引っ込んでろって言われるかもしれないが、アーティストから入る人もいれば曲から入る人もいる、いや前者も最初からそうだった訳じゃ無いと思うが。

結論としては、もう1回ノンエフェクト版を出して欲しいかなというのが正直な気持ちだ。
実際、2ヶ月も先行して発売されたエンディングテーマは普通になんのエフェクトもかけてなければ1トラックが独立していたりカラオケトラックがちゃんと収録されていたりしているから尚更だろう。

以上、サンホラを知らない人の感想でした。
スポンサーサイト

tags : 進撃の巨人  紅蓮の弓矢 

Dream Adventure

鑑賞と自論TB(0)

このエントリーに限り、コメントはご遠慮させていただきます。

このブログでもプレイヤー貼っていた「およげタコルカくん」が非表示になっていたのに最近気付いた。
あと、ニコニコ動画のマイリストにも入れていたあのロート製薬のミク・リン・がくぽのパロディも非表示になっていた。
理由は大体分かったが、それにしてもこれも「NO TV NO LIFE」民族故の悲しい運命というべきなのだろうか。
今の自分はテレビを見る事はめっきり減った、ニュースもよく見るけど特定の話題になるとチャンネルを変えてしまうほど不信を抱くようになってしまったのは事実である。
その陰で、あのミクはきっと泣いているんじゃないかと考えてしまう。

最近の酒井法子さんの覚せい剤事件の報道、自分はあまりいい気がしない。
確かにやったことは許されない、しかしあんなにまで連日報道するだろうかと不信感が隠せない。
増して、その少し前に押尾学さんがMDMAで捕まり、その後だったにも関わらず酒井さんだけがこんなに連日トップクラスの時間を割いて報道されるなんてどこかおかしい。まるで、何かから目を逸らすためのスケープゴートにされている気がしてならない。
あの異常なまでの過熱報道にメディアの闇を見ている気がしてならない。
酒井さんは女優として扱われているが、30~40代くらいだと酒井さんのイメージは女優ではなくアイドル歌手だろう。
そして、ピュアなままの彼女の歌で勇気や希望を貰った人も少なくないと思う。
私は別にファンというわけではないが好きな歌はあった。覚せい剤に溺れた年より遥かに昔のピュアなままの彼女が歌った曲。

本当に好きだった。
今回の一件が例えあったとしてもそれまでに築いた歴史そのものを黒歴史にすることはやりすぎだと思う。
誰かに憧れてその途中で勇気を貰い生きる糧になった、それを与えてくれた人の未来なんて誰にも予見できないのだし、そんなことで全部黒歴史化するとなれば明日はわが身だろう。素敵な歌を聴かせてくれたあの人があんなことになってメディアから「転落」だの「堕ちた××」だの報じられたら誰だって嫌になるだろう。それが今回たまたま酒井さんだったということである。つまり、誰がいつこのような境遇に陥るかなど分からない。
どんな芸能人だってファンはいるし、ファンになる人には必ずそれなりの理由があるのだから。

それに、少し前の草薙剛さんの強制わいせつ事件にもいえることだが、やはり芸能人ゆえに普通の人よりも責任を嫁せられるのは分かるとしても所詮は人間、人に気に入られるためにそのキャラクターを演じつづけてもそれは本当の自身とは異なる、そうして本当の自身を隠し通し続けることはストレスやリスクを生む、それが長年続くといつかはそれが暴発して奇行に出てしまうのも止むを得ないのではないかと思う。
それをメディアが一斉に取り上げて騒ぎ立てる、今までならテレビの言うことは絶対だと信じていたけど今では自分にはそんな面影は無い。信じるものと唾棄するものを自分で選ぶようになった。

酒井さんの今回の覚せい剤事件、確かにこれは許されないことだし覚せい剤を撲滅したいのに著名人が覚せい剤に溺れたりしたら確かに怒るのも無理は無い、覚せい剤は人間の全てを確実に破壊するのだからこそ撲滅せねばならないのだし、その点から考えても責任は免れないしケジメをつけることは必要である。
だが、それを考えても今回の報道はあまりにもアンフェアに感じた。

そして、そんな過熱した連日の報道の前に、あの替え歌を作った人も負けてしまったんだと思う。
テレビなどのメディアにいつも踊らされて成り立っている国民なのだし、あんなに連日デカデカと騒がれたら便乗者の1人や2人出てもおかしくないし、それがなかったら彼はもっと沢山の人に面白い替え歌動画を作って見せていただろう。そして、それに使われたミクたちも笑顔でそれをやってくれていただろう。
ボーカロイドには、使用するにあたりエンドユーザー使用許諾契約書というものがあり、ボーカロイドのパッケージを開けると入っている。
その第4条に禁止事項というものがあり、その第2項にこうある。
「本製品の歌手(声優)本人に限らず、第三者の名誉・声望・その他の人格権を侵害する音声合成を公開、または配布すること」
ここをめぐって、ボーカロイドの発売元のクリプトンさんとニコニコを運営するニワンゴさんとの間で対立が起きている。あの「みくみくにしてあげる♪」のJASRAC登録事件以来2度目だ。
ボーカロイドを使って常軌を逸した殺戮歌詞を歌わせてそれでストレス解消をしようって考えたことなら自分もあるが、それは結局ネットで公開せず個人で楽しむ範囲にとどめている。
ただ、今回のあの替え歌はメディアが騒いでいることに便乗しているのだからネット上に公開しなきゃ意味が無いから公開してしまったのだろう、それが芸能で騒がれていることが別の意味でボーカロイドを取り囲む層にまで及んでしまった。
この一件は結局、作者が自らボーカロイドクリエーターとしての活動を中止することでけじめをつけた形になってしまったが、自分自身としても戒めとしたい。表現の自由は大事だが、そこに敷かれるルールも守らねばならない。何のための自由なのか、何のためのルールかをもう一度考え直し、自分への戒めとしたい。
でないと、またどこかでミクは泣いているかもしれないのだから。

TDKIボカロランキングでゴールデンラズベリー賞受賞v( ̄▽ ̄)vヤッタネ

鑑賞と自論CM(0) TB(0)

おかげさまでミクオリジナル曲「呪界」、ランキング除外(次回はまたイメージを転換するけど)

たまには、多面性スタンスの1部として悪役になってみるのも悪くないですな。
実際、My Dearという曲はそんな自分丸出しだった訳だし。

そんな「呪界」の間奏部分で「逃げたいでも逃げられない」というフレーズがあるが、初代「SAW」のキャッチフレーズだったですな。
で、映画の日だったし、「SAWⅤ」見てきたですよ。

お約束のオープニングゲームからいきなり(゚ロ゚;ノ)ノコワーーーー

部屋の台にタトゥーした上半身裸の男が手足と首を固定された状態で仰向けになっている。
男はセスという殺人犯で終身刑だったはずが懲役5年で出所。

このゲームの仕掛人は当然それを許さず、勝算0の究極の死のゲームで裁くことに。

で、男の腹の上を巨大な斧が振り子のようにブランブランと豪快に揺れている。
時間が経過すると徐々にその斧は降りていき、1分経つとその斧はセスの腹をを真っ二つに割ってしまいますし。
これを止める術は1つだけ、その殺戮の刃を振るった手を両端に設置された装置で潰すこと。
って痛いじゃないですか。
しかし、セスはそれをしたにもかかわらず、最後はああなっちゃって・・・


しかし、刃物の振り子っていうと影牢シリーズのペンデュラムっての思い出しますな。
というより、ペンデュラム自体が振り子という意味だけど。

この手のゲームは仕掛け人で質が違う。
ジグソウなら必ず被験者にも勝算があるように設計されているけど、SAW2のオープニングゲームみたな弟子さんによるゲームは勝算すらないから。

もう1つが本編のメインで進行形で進むゲームで5人の男女が首輪で繋がれていてその先のガラスケースに首輪を外す鍵があり、誰か1人が勢いよく突出した時点で1分間のタイマーカウントタウンが始まり首輪をはずせなかたら強制的にロープで引っ張られてV字型の刃で首を切断されてあの世行きとなってしまう。(゚ロ゚;ノ)ノコワーーー

で、この5人は自分が生きるうえで多くの他人を犠牲にしそれを何とも思わないという点で繋がっていてゲームではその意識を捨てて助け合うことがゲーム攻略の鍵となっていた。
この首輪ゲームが終わるとまた別のゲームをしないといけないわけで、こっから先は黙っておくが、シリーズ定番のラストの目を開けて見るには非常に勇気がいるという怖いシーンあります。

しかし、また来年SAW6やるんでしょうね。
しかし、こんな怖いのを5年連続で全部見ている自分も物好きなのか?




tags : 影牢 SAW 振り子 

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。