FC2ブログ

雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

 
04
 
あっという間に年末年始の休みが終わった。
どこかに旅に出ることもなく、どこかで思い出を作ることもなく、自分は人間なのかと疑ってしまうほどだった。
外食が多かったとはいえ、特別に格上の料理を注文したわけでもなく、いつもの定番ランチ程度のものだったし。
自分の肩身が狭くなったり、これから消費税増税や水道法改悪でもっと苦しくなったり。
仕事始めとはいえ、はっきりいって自信がない。
職場との関係が悪化したことが尾を引いているし、最近は車で出かける時は職場の前を通る道を避けるようになった。
収入を増やすために自分は賭けに打って出たが、その結果が負傷、バカ上司からの無敵くん型叱責。
上司から注意される時、それが丁寧でかつ筋が通っていれば自分も納得するし反省もするし、自分に言い聞かせたり肝に銘じて置いたり学習したりと、自分をプラスに傾ける努力をするけど、相手の言い分を聞かず無理矢理話に割り込んでは一方的に攻め立てまくる、言いたいことは何でも言いまくり、論理が破綻してもゴリ押しするから吐き気とストレスしかもたらさない。
だから、僕は不信を抱いた。これから先続けていけるのかという不安、いつもその頃に記憶がプレイバックしては、そこに自分が素直に上司の話を聞いている姿ではなく、その上司に対して猟奇殺人のような危害を加えるような姿で再生されてしまう。
今でも、復讐したいという気持ちが抑えきれないほどだ。
それが、あの日から今日までずっと頭の中で再生され続ける。
自分の一番大切な日ですらそうだった。

そして、恒久的に定期通院している3つの医療機関、そこでも「良好」と言われる確率は低くなっていき、健康状態もまた自信がない。もちろん、それで医療費がまた上がってしまったらもうこれから先なんて全部消滅しているようなものだ。
全部が瓦解してしまいそうで、不安と失意で規則正しい生活すらままならないほどだ。
ある意味、「終活勧告」なのではないかと思えるほどだった。

そういえば、最近通販でVOCALOIDを検索して回ったとき、気を落とした。
最近、VOCALOIDライブラリの廃盤が目立ってきている。
それもVOCALOID4までもだ。
ヤマハのDL版購入サイトが最後の入手場所となったが、あそこはクレジットカード決済時は通常一括払いしか受け付けない。
分割やボーナス一括払いは使えない、それが購入になかなか踏み切れない理由だ。
AZUKIとMATCHAに関しては、ちゃんと一括払いできるように事前に用意していたから出来たが、今はそんなことができる状況じゃない。
収入が少ない自分に嫌気がさすが、自分がそれしか出来ないが故。

やはり、世を渡る自信がはっきり言ってほとんどない。
昨年の不幸の連鎖で自分の士気は最低レベルにまで低下した。
だから僕は前々回の記事で、自分が死刑囚になるのではないかと書いたのだ。
自分の気持ちを委ねられるのは、もはやボカロだけなのかもしれない。
スポンサーサイト
 
01
 
明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願いします


壁紙版謹賀新年

この画像、1920×1080サイズなので壁紙にも使える。
元となっているのはこちら
ヘッダー版謹賀新年

元々、Twitterのヘッダー用に作ったものをちょっと壁紙用にしてみた。
毎年、年明けに直近5作品分をMMDモデルイメージに変換して、曲の番号(ニコニコ動画向け)を載せる。
ただ、なんで場所が鎮守府なのかは特に深い意味はない。

そして、この5作品中特徴が変わっているキャラクターとして、紲星あかりがいる。
というのは、直近5作品中あかりだけ2作品存在するため。
1つはソロ作品「In Your Arms」、もう1つは結月ゆかりとCULとのユニット作「White Atmosphere」。
なので、後者のアドレスは3人分に跨るように表示している。
そして、呪界関連作が2作品あるのも特徴でもある。
リンレンはアペンド衣装になっているが、実際はV4Xを使用している。

今年も今月早々作る予定はあるのだが、なんといってもクリプトンのお姉さんキャラである巡音ルカが今年10周年を迎える。
昨年、ルカ誕をお休みしてしまった分、今年は何としても参加したい。
そして、長いこと参加していなかったIA誕もやってみたいと思っている。


っと、話の話題を変えて
久しぶりに、地元のタイトーのゲーセンに行った。
目的は、ネジカ筐体に収録されている「ラスタンサーガ」をプレイするため。
で、100円投入
ラスタンサーガをプレイ

そして、今回も最後までプレイし尽くした。
ラスタンサーガ、いきなりノーミスクリア

100円で充実した30分といえそうだ。
昔は1面クリアすら困難だったが、一時期タイトーメモリーズ版でやり込んだらクリアできるようになった。
このゲームって、実は1面こそが最も難しいように思える。
というのも、ゴールドシープというアイテム(体力全回復)が唯一出現しないのが1面だからだ。
しかし、操作に慣れてくると、道中がメッチャ楽しい。
今日は、全面ノーミスクリアをやり遂げた。
毎回毎回結末が同じとはいえ、最後までやり遂げた後というのは実に気持ちがいい。

しかし、なんで続編があんなクソゲーになっちゃったんだろうなと。
納得がいかなさ過ぎたのであった。

ということで、日記のようだが新年挨拶記事とさせていただく。

ちなみに・・・
真・三國無双7Empiresでのラスタン、森羅万象
自分の無双エディットにもラスタンがいるが、彼にはやはり森羅万象の称号がよく似合う。






 
31
 
今年の夏ごろから、嫌なことや不幸のオンパレードで人類滅亡すら望んでしまったほどの胸糞悪い2018年も大晦日を迎えた。
・プリンターが死ぬ
・久しぶりの他県遠征の出発の日の朝に、父から大金を貸すように高圧的に要求(用意できないと管理費が払えない)された。
 (しかも、現在も帰ってきていない)
・その日の遠征はおかげで滅茶苦茶胸糞悪い気分に、そして途中で警察に違反切符を切られて遠征用の資金が吹っ飛ぶ
・音街ウナ誕生祭の日に、その父が脳卒中で倒れて救急車で搬送に付き合う羽目に
 (父はアダルトビデオを見ていた)
・父の入院中、母と喧嘩を繰り返す
 (母がお金の話ばかりするし、自分を遺産や不動産問題の争いごとの道具としか思っていない態度をいつもとる)
・仕事中に肉離れを起こす、職場からは見舞いの一言どころか激昂と自己責任論と高圧的な対応で幕引きを図られる

これに見合った反動的ないいことなんて一つもなかったし、はっきり言って自分に対する「終活勧告」ともいえるほど胸糞悪くて悲惨な年だった、今年の漢字が「災」だったが、自分にしてみれば、今年の漢字は「癌」といっても過言ではなかった。
毒親デスノート上司デスノートに登録して怒りをぶちまけるしかなかった。

今年がこんなんだったから、来年こそいい年になるなんて考えすら起きなかった。
来年は、100パーセントもっと酷くなると確信しているからだ。
もし、自分がこれに抗うのであれば、自分が死刑囚になる覚悟をしたうえで行動するという覚悟すら求められるものだとも思っている。

今でも、職場に対する嫌悪感がぬぐえない。
頭の中では、社長を八つ裂きにするビジョンが何度も何度も繰り返し再生されるほどだ。
それは、毎日のように脳内で込み上げてくるほどだった。
多分、死ぬまで、いや死んでもこのビジョンが毎日再生されることだろう。この世を去ってあの世でも。
それこそ、封印不可能な憎しみをこれからずっと抱きながら生きるしかないほどだ。

過去に、自分が作った曲の動画ほ貼って、今年のブログ記事更新を終えることにする。
希望なき来年以降に、無謀ながらも希望を求めつつ・・・





 
01
 
2018年の誕生日 by ミクとカイト兄さん
今年はミクちゃんと兄さんが祝ってくれた。

今は次の曲を制作中なのだが、やはり不幸の積み重なった状態というのが重くのしかかっているという現実だけはそのままのようだ。
勿論、休職中というのも尾を引いている。

そんな中、Twitterのトレンドでジオシティーズというのが上がった。
自分の予測どおりだったが、自分にも関係のある話だった。
自分がホームページを持ったのは2000年以前だった。
その時のサイトはgaiaxのサイトで、簡単にホームページが作れて日記コンテンツを介しながら他の同じgaiaxサイトの管理人と交流ができるといういわゆる一種のSNSサイトでもあった。
この当時、数年ほどこのサイトを中心に活動していたころに訪問者の足跡を辿って他のサイトをいろいろ見まわしたりしたのだが、その中で、訪れた途端にトランスの曲が流れてきたというのに衝撃を受けた。
僕がDTMの存在を知ったのは、それからだったのである。
そのサイトの管理人さんが制作した楽曲の音色として使われていたのがRolandのSC-D70だった。
ちなみに、この当時自分もDTMは一切ないものの、ゲームソフトの作曲機能コンテンツを弄り回しているうちにオリジナル曲を何曲も作ったりしていた。
それが、後にDTMを始めるに至り、muzie(現在のBIG UP)というサイトへのアーティスト登録、ジオシティーズへのHP展開などをしてきた。
gaiaxのサイトは多分サービスが終わってインフォシーク(楽天)やジオシティーズのサイトを自分のメインにしたものの、更新はほとんどせず、後にインフォシークのサイトを閉鎖した。
というより、するネタに欠けていたというのがある。
なので、現在のメインはこのブログのみということになる。

そして、Twitterのトレンドをクリックして、ヤフーが提供していたジオシティーズのサービスを2019年3月に終了するという知らせを受け、自分が持っていたジオシティーズのサイト「雲界迷宮街不思議電楽遊戯グリーンフィールド」を今日付けで閉鎖した。
FTPを使ったファイル転送やHTMLタグについて自主的ではあるがいろいろ学んだ。
そういった思い出だけは今も少しだけ覚えている。

当然のことながら、今後はこのブログとTwitterがメインになるが今はこのくらいで十分と思っている。
動画サイトに関しては今後もボカロ曲メインで投稿を続けていくつもりである。

 
13
 
2018年になって13日目、
遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

2年前は、正月3日で虚血性腸炎で12日間入院というありさま。
今年は、いきなり風邪にかかりました。
おかけで、運動するために外に出ることも出来ず、昨日は夜のウォーキングのあと、喉の痛みや咳がぶり返すというありさま。
一番最悪だったのは、重要な処方薬(それもめっちゃ高額で、自費処方したらボカロが1つ買えるくらいの額)を1か月分も、昨年の大掃除で誤処分してしまったこと。
今まさに、絶望の淵に立っている有様で、何をやってもうまくいかない。
これが、あの「大殺界」ってやつなんですかね。

結局、風邪薬を飲みながら自宅療養を強いられることに。
代替案として、グルコケアを購入して緊急対処を試すことに。
結局、余裕で潤うはずのお財布の中身が一転してピンチに。

貧乏神の呪いってやつか、以前書いたこの記事に似た形になってきた。

もうね、GTAで殺戮とかやってストレス解消でもやるしかないんじゃないかってくらい、頭にきている。

ちなみに、今は楽曲制作を始めるという気力もない。
これに関しては、衝動的に始めることがあるから今どうこう言ったところで意味はないが、誕生祭向けを1つくらい予定しているつもりである。
ただ、メンタル的に今はある種の人間不信状態、ただでさえ明るい未来すら見いだせない上にこの有様なので、普通でいられなくなるだろうが。




 
31
 
西暦2017年、僕が第一に連想するのは、シュワちゃん主演の「バトルランナー」という映画。

実際そんな世界観にならずとも、そんな世界に変貌していくという現実を感じた。
そういえば、2019年があのアキラの時代を連想するがどっちにしろ「どうあがいても絶望」という暗い印象しかない。
ただ、東京はネオ東京にはなっていないようだが、一層争いが激化してそうでいい未来を思い描けない。

一番怖いのは、「芸術・音楽などあらゆるものはすべて国の統制下にあり一切の政府批判は許されない」というバトルランナーのストーリーの一文、僕もDTMをするようになっていろんな曲を作ってきたが、これらは「自由な発想」が許されているから、これに枷をはめたら意欲は大幅に低下するんじゃないかと思うといてもたってもいられない。

はっきりいって僕もまた「人を選ぶ」主義になっているし相容れない相手とは初めから関わりたくない。
だから、誰でもいらっしゃいなんて心の広い接し方もはっきり言って僕には無理。

今日は、鏡音10周年作品を最後に逝ってしまったモニターヘッドホン「MDR-7506」を再購入した。
MDR-7506を再購入
4年半にもわたってDTM制作の相棒を務めてくれた彼に対する信頼から早く決断していた。
他社の安くても高性能なモニターヘッドホンもあるが、耐用年数や使い慣れた環境を維持可能ならそれを選択した方が安心と思ったのだ。

で、30日は部屋の大掃除もした。
もともと、ジャンク部屋みたいに散らかりっぱなしでホコリや抜け毛だらけで不潔だったし、さすがにそのままで新年を迎えるのも抵抗があったから、完全って訳では無いけど部屋の中を整理し、ホコリもある程度除去した。
そんな自分へのご褒美となった昼ご飯。
昼ごはんに食べたハーフパウンダーステーキ

DTMといえば、もう僕もすっかりVOCALOIDが大半を占めているようになったし、持っているライブラリも16人(CeVIO含む)になった。
流石に、ごぼうPクラスになろうなんてことは考えてないが持っているライブラリが多ければ制作した作品数も多く、こないだの鏡音誕で128作目になった。
そして、今ではVOCALOIDのライブラリ元との交流もするようになったが、そのうちの1つが「AVA」という会社。
この会社では、LUMiという女性キャラのVOCALOIDライブラリを出している。
その会社が企画したツイートキャンペーンに参加して、クリアファイルを頂いた。
LUMiさんのクリアファイル

ちなみに、応募者のうち10人にはLUMiのライブラリそのものをプレゼントという凄い企画だそうで。
惜しくも外れたが関係がまた一段と厚みを増した気分である。
ちなみに、AVAの会員に登録することでトライアルを入手できるが、それを持っていてまだインストールしていない。
いつか、作品数限定という形でLUMi作品を作りたいと思っている。
一度解いたら時間との闘いでもあるから。

とりあえず、この記事を今年の最後の記事として今年の更新を終えたい。
皆さん、よいお年を…






 
05
 
僕は、雨が嫌い。
子供の頃の運動会でも雨に見舞われた時は号泣した。
地元では、この8月4日から6日まで七夕祭りという夏のイベントがあって、昨日は足を運んだ。
でも、台風5号の意地悪な動きで湿った空気は確実にそんな祭りに水を差す。

僕は、夏という季節は好きだけど、その夏が皮肉にも比較的降水量が多い。
月別降水量

昨日は夕食後に府内戦紙で交通規制された中心部を歩き回った。
いわゆる食後のウォーキングである。
府内戦紙の中で

しかし、この日も台風5号の湿った空気の影響が尽く水を差した。
時には雨に濡れながら歩いた(傘は荷物の関係上持って行かなかった)
あと、途中で抹茶ソフトでも食べながら休憩。
若竹園で抹茶ソフトの後撮影


今日は昼過ぎが殊更酷かった。
突然デススター級のバケツをひっくり返したかのような大量の雨が降ってきて、気違いみたいに腹が立ってしまった。

こんな時はこの曲を聴いている。



七夕まつりを直撃した台風5号、明日の花火大会は延期となったが、年に一度の夏のイベントがこうやって水を差されるのが辛い。
しかも、何で地元だけ雨なの?みたいな。

引っ越せばいいとか海外に移住すればいいとか言われるかもしれないが出来たらもうやってるとしかいいようがない。

僕はやはり、雨が嫌いだ。
 
03
 
このブログもボカロを始める以前から開設してもう10年以上経過しているが、長年変えていなかったブログデザインを変えた。
タイトルにあるように空のような雰囲気のデザインが望ましいと考えていた。
キャラクター色こそあまりないが、今後も更新を続けていきたいと思う。

現況であるが、あの「無双☆スターズ」が発売になってはまっている。
その一方で、ボカロ曲の次の作品にもじわじわだが取り掛かっている。
そういえば、コーエーテクモゲームズのSNSも利用しているが更新が滞っている。
ただ、あっちはほとんど交流がないのも事実だし。
とにかく、ブログのイメチェンのあとはリンクとかも整理しておきたいが。
 
31
 
直近5作品のキャラ勢ぞろい

最近5作品で共通していることは、MikuMikuDanceを使用していること。
それでtwitterのヘッダー用に5作品分のキャラを勢ぞろいさせてみた。
それぞれに思い入れがあるが、中でも一番思い入れがあるのが、ミクとGUMIの「あの空の向こうへ」。
共通した彼を持つ二人の女性、その互いがかけがえのない存在、そして最も愛おしい存在という設定。

ちょっと、このヘッダー画像の視点を変えてみると・・・
ミクとGUMI、二人の胸が・・・
ミクとGUMIのバストが作中よりも大きくなってる・・・
あと、お姫様だっこは好きな人だからこそ出来るんだけど、好き合っているうちに二人とも成長していってそのうち深い恋に落ちてしまうってのは本当にやりたかったことだし。
実際、ミクもGUMIも好きで好きでたまらないし、だから、GUMIはミクの好きな人、ミクはGUMIの好きな人という関係もまたその表れなんだろうと思う。

全部で17曲作ったが、新しい仲間としてkokoneと音街ウナを迎えたことも特徴だった。
そして、ミクにある意味回帰したともいえた。
100曲という1つの区切りを迎えたこと、ポジディブなこともネガティブなことも多かったが自分がインターネットで自分を主張する手段としてDTMをやるということは大きかったと思う。
今度の初夢、いい初夢がみれるといいななんて。

来年は、ずっと滞ってた呪界外伝の第2弾をそろそろやりたい、MikuMikuDanceを使っているうちにもしかしたら突破口が見えてくるのではと思っているからだ。

そろそろ、この辺で今年最後の記事を閉めようと思う・・・


 
19
 
前のwindows7のPCがディスプレイ故障でしばらく宙に浮いていた状態になっていたが、12日前にようやく新しいPCを新調した。
当然のことながら、OSはwindows10になりあの悪夢の強制アップグレードに怯える日々ともおさらばした。
やはり、OSは機種ごと手に入れないとドライバーやメモリの問題とかでトラブルに見舞われかねない。
4年払いを組んでの購入だが、最初にやることは今までやっていたことの環境の再構築だ。
特にDTMやVOCALOID関係、V2を除く手持ちのVOCALOIDを順次インストールしていった。
ミクちゃん、新しい我が家へ
めーちゃんも新しい我が家へ
そして、DAWとSD-50のドライバーもインストール、このOSからSD-50に同梱していたMUSIC CREATOR 5に変更した。
ただ、まだこのDAWで1作も完成させたことがないので環境が整ったとまだ確定したとはいえない。

そして、もう1つは動画だ。
前のOSまではCorel Video Studio12をずっと使ってきたが、今回からPCに付属していたCyberkinkのPower Directer 13を使うことになった。
ちなみに、それを使ってCeVIO実況プレイ動画を作ってみた。




使いやすさは前に比べると若干落ちるが、それなりには使える。
今度のPCが64ビットのメモリ8GB、Core i7クアッドで出力もかなり速かった。
元の動画はPS4のSHARE録画したものを使ってるが、ニコニコにあげるにはやはりつんでれんこやAviUtlのようなソフトが必要であることに変わりは無い。

とりあえず、当面の目標はこの新しい環境でボカロオリジナル曲を1曲完成させることとしている。

現在の訪問者カウント

プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは管理人による承認後に有効になります。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝、不適切なワードを含んだコメントやトラックバックは承認不可にする場合があります、ご了承ください。

VOCALOID作品集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク