雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最初のブログ

ミックスカテゴリーCM(0) TB(0)

遅くなったけど
明けましておめでとうございます。

今年も始まってもう3週間が経過する。
現在、ボーカロイドのオリジナル曲をまた制作しているのだが、30日には巡音ルカ聖誕祭'13が控えていて、既に曲が完成、動画も今回は嫁フォルダ開放路線のため素材の心配も無く、制作して完成すれば投稿をする日を待つだけとなっている。
実は、これとは別にもう1曲(ルカではない)制作途中であり楽曲が完成して歌詞を考える段階にきているのだがここで大苦戦を強いられている。
歌詞が全然浮かんでこないのである。
世界観はある程度定義できているのだが、そこに存在する可能性があまりに多すぎてどれをとったらいいのか分からないという状態だ。
ロマンシング・サガのフリーシナリオシステムでどのイベントをやろうかなかなか決められない状態に似ている。

まず、Youtubeのとある事件を(他人事ではないので)話す。
4日ほど前に驚くニュースがあった。
以前のエントリーで、「1億円当選したのであげます」とか「余命残り僅かなので受け取ってください」だのという貨幣譲渡詐欺、通称「あむき」という詐欺のことをここで書いたのだが、その詐欺を働いていた犯人が逮捕されたというニュースだ。
逮捕された容疑者は2人で2人とも27歳のIT会社員だそうで


しかし、約2000人もだまされた人がいるわ1億9000万円も荒稼ぎしていたとか、これじゃ第2第3のあむきが現れるわけだ。
それが残念でならない。

勿論、以前の記事にもあるように私のボカロ動画にも少なからずあむきのコメントが来ていた。
動画と関係のないことを書かれるだけでも屈辱でしかなく怒りは収まらない。
自分としては矜持を捨てでも極刑にしたいくらいである。
実際、また新手の詐欺がYoutubeに蔓延し始めているとの情報がある。

とにかく、あむきのコメントを削除して綺麗さっぱりにしておこうと思う。




次に、今年に入って過去のリメイクを2作公開した。
いずれも、当時とボーカルは異なるものとなる。
リメイクだけに需要とかはほとんど期待していないが、折角なので紹介しよう。

まずは、Lily曲のリメイクより



このリメイク作は、リメイクボーカルにCULを選んだことと、動画の途中で「魔法少女まどか☆マギカ」を思わせるイラストが登場していることが最大の特徴である。
自分は大分在住でアニメ放映の悲惨さは群を抜いている、秋葉原文化なくして生きていけない人をこの大分に強制永住させれば立派な殺人といえるくらいだ。
そんな地元で去年の大晦日に「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版がまさかの上映、1度きりの前・後編ぶっつづけ4時間、この上映会に参加してきたのだ。
大多数の人にはもはや内容の説明は不要であることはいうまでもないが、悲劇的な内容であるためかこの楽曲のリメイクソースとすることに違和感を感じなかった。
実際、CULの中の人が三樹さやかの役をやっていて、CULを使ってそのイメージソングまで作られたほどだった。
ちなみに、何故か外見は佐倉杏子そっくりだったが。

もう1つ、CUL曲のリメイク



これが初めての私のGUMIの動画、CULの時よりも結構可愛いイメージになった。
ピアプロに投稿されている数万件もあるGUMIのイラストから厳選して5枚を使用して動画化した。
ちなみに、オリジナル作品としての処女作はまだ予定はないが近いうちに作りたい。
ちなみに、楽曲自体はボーカルがGUMIに変わっただけで変更点はない、にも関わらず声の可愛さが目立ってたしイラストとの相乗効果も相俟ってうっとりしそうである。

さらに今年は、久々にクリプトンの新ボカロ音源を導入する予定になっている。
とても待ちわびていたあの音源だ。
訳あってどうしても欲しかっただけに解禁が待ち遠しい。

スポンサーサイト

tags : あむき 詐欺  魔法少女まどか☆マギカ ボカロ 

恒例・大晦日

ミックスカテゴリーCM(0) TB(0)

2012年、もしあの予言が本当だったらこのブログはあの世で描いていたことになる。
12月21日に人類が滅亡するという予言、どうやらノストラダムスの大予言の二の舞になったが、楽観もしては居られないだろう。
人類が永久に続くことはないと考えるべきかもしれないし、失敗から学ばないで同じ悲劇を繰り返す。
だから「歴史は繰り返す」という言葉があるのだろう。
今年、実際それを証明したようなものだったし。
死ににいくこと、負担が増えること、危険な綱渡りを続けること、これ全て今年皆が望んで受け入れたことだ。
だから、自分ひとりが拒んだ意思を示しても、一緒に付き合っていかねばならなくなった。
反対を唱えれば「出る杭は打たれる」のように潰されてしまうだろう。

自分の身の回りも腹立たしいことが多すぎた。
トラブルが多すぎて、この世の汚さの奥底まではまっていったようだった。
来年は、もっと酷いことになると確信している。
そして致命的なことが何か起こる。
そう考えると、毎年が悪夢の連続になるのではないかと思うと。
そして、出口は絶対に無いと断言できる。
唯一の出口は「死」のみだ。

ボーカロイドをやっている自分に目を向けると、既にニコニコ動画も芸能界入りの登竜門と化してしまい、有名P・底辺Pという区別が出来てしまい、気軽に曲を投稿して楽しむといった空気はもうそこには存在していない。
もう商業的な分野がボーカロイドの世界にまでどんどん入り込んできていて、聴かれる人と聴かれない人の住み分けも完全に出来上がってしまっている。
そこでは、自分の投稿などもう見るに値しないのかもしれないし、だけどゼロではないから投稿を続けているといってもいい。
実際、今年はボーカロイド曲を最も多く投稿した年だった。
そして、今年はCULが主役だった年でもあった。
ボカレボの方々から支援してもらったお陰で、ギャラ子の音源を手に入れることも出来た。
ボーカロイド3を初めて導入したことを象徴した年でもあり、CUL・IA・ギャラ子と3つも音源を増やした。
来年もまた、音源が増えるだろうしそのプランはもう出来上がっている。
来年は、音楽を作るという活動の1つの節目もある。
DTMを始めて数年後にmuzieというサイトで「m.y.s.f.」というアーティスト名義を立ち上げて10年という節目を迎えるにあたり、記念作を作りたいと思っているからだ。

また、今年は楽曲コラボも2つもやったので紹介したい。

Imagination



Imagination powered by ピアプロ

m.t.s.f.vosc時代からの付き合いの仲であるみーすけさんの詞に対して楽曲を書き、リメイクしてセガのプロジェクトDIVAの楽曲募集に応募した作品。

DIVAアーケードより
一番下だったとはいえ、一時期アーケード筐体で紹介されたのは大きな経験だったと思う。


そして、もう1つはクリスマスソングのコラボ制作。

聖夜の星に祈りを



聖夜の星に祈りを powered by ピアプロ

このブログでは初紹介だが、twitterで知り合ったK.リンPさんからの誘いで制作した曲。
ボーカロイドでクリスマスソングというとクリスマスのリア充を妬むという風潮がありそれとは一線を隠す路線の作品だ。
まだ、IAのソロ作品は1作しか作ってなかったし久しぶりにやってみたいとも思っていた。
投稿した日がCUL誕の日だけあってあまり目立った存在にはなれなかったし、CULでやるのも手だったと考えていたがあえてIAでやるという方向で決めた。

ちなみに、楽曲制作ではリズムをどんな風にするかで悩んだが制作期間が10日余りと短かったので過去の作品を流用することで速攻解決してメロディを組んでいくことに重点を置いた。

以上、制作秘話番外編はここまで



来年は、どんな年になるのだろうか?
既におみくじで大凶を引いてしまったようなものであるが。

2012年・新年挨拶

ミックスカテゴリーCM(0) TB(0)

今年も始まって5日目になりますが、明けましておめでとうございます。

正月3が日は何していたかというと元日は地元のいきつけのシネコンで「ミッションインポッシブル」を見てましたです。
そして、翌日から福岡に1泊滞在。
当然、現地でProjectDIVAやりました、といってもまだHARDランクで精一杯、EXTREMEとかプレイする勇気もないですよ。
しかし、ハトのHARDでパーフェクト取れるとは思わなかったです。

で、博多に行ってこれが食べたかった。
矢場とんのみそロースかつ
みそかつの専門店があって、一度見たときはいけなかったので再滞在でようやくいただけることに。
ホント、みそかつ最高でした(人≧∀≦).☆.。.:*・゜。
そして、滞在先のホテルで夜食サービスにこんなもの頂きました。
夜鳴きそば(醤油ラーメン)
ちなみに、滞在先のホテルは天然温泉が完備されていて、歩きまくった疲れを取って翌日の朝もマターリと入りました。



実は当日、ヨドバシカメラに用があって出向いたのだが、そのついでに今年はここで大胆なこと始めてみたです。

この動画をちょっと紹介。




新しいボーカロイドを購入、しかもボーカロイド3
まず、手始めに何か1つ作りたいということで一番手っ取り早く過去作のリメイク。
Lilyトライアル3部作の1つとして制作した「Real and Unreal」の2012バージョンを制作してみたわけです。
で、何故CULを選んだかというと中の人かな、私にとってボーカルはやっぱり有名な人、声優や現役プロシンガーがいいかなと、CULの中の人はキタエリってことで、それ以前に「まよチキ!」を見ていたこともあって以前から興味あったわけです。

なかなか納得のいく仕上がりと思えたのでこれを起点に、CULのオリジナル作品もこれから作っていきたい、またミクたちも既にボーカロイド3にインポートを完了したのでまた違ったことをやってみたいと思ってます。

最後に、今年がいい年でありますように(1つ残念なことが起きる事を除いて)


tags : ミク CUL ボーカロイド3 みそかつ 

ネガティブに満ちた年、最後の日

ミックスカテゴリーCM(0) TB(0)

クロと一緒に

何もかもネガティブな年だったことは言うまでもない。
ツイッターのハッシュタグで「野田の殺し方考えようぜ」というのが少しの間広まっていた。
その時、「泉水の殺し方考えようぜ」というハッシュタグ作って愚痴まくりたいくらいだった。
それから、今年の漢字が「絆」だったそうだがはっきりいって何も実感が沸かなかった。
今年の自分を象徴していたものをボカロ作品で現すとすればこれに尽きた。




仲間が信じられなかった、統治する者たちに真の憎むべき存在を見出しすぎた、欲したものを与えてもらえず見捨てられた、終わってみれば人間不信に満ちた一年だった。
見てはいけないものを多く見すぎた、いや不意に見せ付けられたというべきか。
そして、地震という自然災害が多くの人に影を落としたがそれと相乗するように既に自分の心のより所とされるところには決して光の戻ることの無い斜陽の時が訪れていた。
地震の地域とは関係ない場所にいるとはいえ何一つポジティブなことは無かった。

「人は欲望のためなら天の怒りすら利用する」
そんなイメージが離れなかった。

だから、「絆」という漢字には違和感を感じずにはいられなかった。

以前から、鏡音レンでの暗いオリジナル曲を構想していた。
さだまさしの「防人の歌」のパクリで、「死にますか」→「死にました」という感じになる。

そして、NO 無双 NO LIFEな自分にとって今年は悪夢に満ちた年でもあった。
コーエーテクモの無双シリーズで日本のXBOX360だけが供給対象から外されるという悪夢、今年最大の悪夢はこれに尽きたといっても過言ではない。
そして、MSKK(MSJ)に対する不信感や永遠の反面教師とも言える体質を目の当たりにした。
欲したものを何一つ引っ張ってこようとせずただひたすらキネクト連呼に徹し、世界に通用するというフレーズではぐらかした。
結果がどうであれ、今年はPSPとPS3の導入に踏み切ったがやはり納得できているわけではない。
結局、戦国無双3も真・三國無双6もある程度体験することはしたし、それもあって無双OROCHI2で久しぶり日本のXBOX360でプレイしたときPS3版でプレイした時の絡み方が脳裏にパッと蘇った。
しかし、DLCでなぜか追加配信やオンライン仕様でとんでもない機種間差別があるそうで愕然とした。
これが企業のやることかと。
ちなみに、これだけ書くと納得してもらえないだろうが無双シリーズの発祥の地はプレイステーション2(初代格闘を除く)であることは初代からやっているのでよく知っているが、現在360版にこだわっているのは個人的な理由によるもの。

最後に、こんなネガティブすぎた年でも、自分にとって朗報的な出来事が全く無かったわけでもない。
まず、通信カラオケのジョイサウンドで自分のボカロ作品の「呪界」が配信されたこと。

呪界 powered by ピアプロ

ニコカラ版(モニカなかむらさん制作)



もう1つ、m.y.s.f.というプロジェクトを立ち上げてから参加しているmuzieにも何曲かボカロ作品を投稿しているが現在そのmuzieが学園型交流サイト「キャラフレ」にmuzieカフェというコーナーを設けていて、そこで私の曲「Spicule Love」がイベント曲として採用された。

Spicule Love powered by ピアプロ

また来年1月中旬から、最新作の「空に響けこの想い」が紹介されることが決まった。

空に響けこの想い powered by ピアプロ


最後に、今月下旬にニコニコで使われた動画2作品を紹介。
まずはこれ。
後半で「空に響けこの想い」が流れる





折角曲使われてるのに、再生数アップに全然つながっていないとか涙目(´;ω;`)

もう1つは、「もう誰も愛さない」をプロジェクトDIVA版を他側非労志さんが制作、かっこいいです。



めまぐるしく変わる視点や最後のカウントダウンシーンは必見です。かっこいいです。

最後に、今年は私が初めて初音ミク-プロジェクトDIVA-シリーズをプレイした年でもあり、接し方もかなり変化したといってもいい。
来年は、ゲームではソウルキャリバーⅤアンダーディフィートHDが控えているが、ネガティブ過ぎた今年の二の舞にだけはしたくない。
統治者はもう再起不能にまで落ちてしまったが。

ソウルキャリバーV (プロダクトコード同梱)ソウルキャリバーV (プロダクトコード同梱)
(2012/02/02)
PlayStation 3

商品詳細を見る

アンダーディフィートHD(限定版)アンダーディフィートHD(限定版)
(2012/02/23)
Xbox 360

商品詳細を見る









tags : ソウルキャリバーⅤ アンダーディフィートHD 無双 DIVA 

まだまだ無双防具がクルクルー(人´∀`)

ミックスカテゴリーCM(0) TB(0)

ちょっと気まぐれでようつべ見ていたら、「呪界」の英訳版が公開されてた。
(;゜Д゜)スゲー

呪界英訳版・カースドワールド


最初の注意書きやタイトルも、歌詞もしっかり英訳されてた。
こりゃ、ルカの出番か?
ようつべは、ニコニコではとどまらない展開だし。


それはそうと、無双5エンパの防具がまたまたやってきたが、これでショタ系表現も可能になった。
例えば、鏡音レンの場合
ようやくショタっぽいレンきゅんに
ちなみに、こないだ作ったエスプガルーダⅡのツバメもこの恩恵でそれらしくなった。

おまけ
大喬防具配信ミクをちょっと変えてみた。
大喬腰巻で本当のミニスカニーソなミクちゃん

この大喬防具がとても重宝している。
ただ、腰装備でひざ当てがつくっていう仕様はなんとかならないものかねぇ

tags : ミク ルカ 英訳 呪界 無双 防具 配信 

動画作りの今

ミックスカテゴリーCM(2) TB(0)

DTMの環境でかつてのSONAR1.3からSONAR HOME STUDIO 7に乗り換えて、SC-D70という貴重なインターフェースを失いながらもASIO4ALLで何とか最悪の事態は脱しつつある。とはいっても、いつかはちゃんとしたオーディオインターフェースを導入しなきゃならないのは避けて通れない、あくまでこれは暫定的と言った方がいい。
さらに、systh1も動かせることが分かり、少しずつ状況は回復しつつある。
SONAR HOME STUDIO 7についてはガムシャラにやりまくって使い方を体で覚える形をとっている。

次なる問題は動画ソフト、現在使用しているビデオ編集ソフトがまだwindows7に「唯一」対応していないようだ。
アップデートで対応予定とはなっているが早く来ないものか?

そして、ビデオ編集となるとかつて使っていたwindowsムービーメーカーが思い浮かぶが、windows7の場合、windows LIVE ムービーメーカーというものをダウンロードして使うことになるのだが、これがかつてのXPやvistaについていたものとは使い勝手が大きく異なり、どうもボーカロイドPVを作るには向いているとは到底思えない。理解が足りないせいなのかもしれないが、かつてのタイムライン編集とは大きく違うため、編集がイマイチ分かりにくい。

そんなわけでボカロ動画の制作が事実上暗礁に乗り上げているというわけ。
vista版ダウンロードして使おうかなと思っているが、これも以前「君にサヨナラ」のプロモ作ったときいろいろな意味で失敗してしまったのが悔やまれる。(字幕が見えにくすぎたという失敗があったので、今度個人的にリメイクを考えている)、ちなみに、VOCALOIDも回復してミクにあれやらこれやら声を出してもらっている。今はミクは自分にとって女房のようなものだから使えなくなるのが一番悲しい訳で。

ここのところ心の拠り所がエヌ.オー.エヌ的ネガティブなことだらけでアイコンをセップククロウサギにでもしようかと思ってるくらい。
今は己との戦いすら少なくないわけで、ある意味時の流れはとても残酷に思える。
流れ欲しい、でも流れてほしくないって風に。


高さ8cm
骨休みにビッグチョコマウンテンを初めて食べてみた。
チョコトルテみたいで美味しかったので喫茶目当てで食べに行くのも悪くはない。

tags : ミク windows7 ASIO4ALL 

任天堂ユーザー時代

ミックスカテゴリーCM(2) TB(0)

DSの前世代

ゲーム&ウォッチ・マルチスクリーン
左から「グリーンハウス」「ピンボール」「オイルパニック」「ドンキーコング」

任天堂ユーザー時代はかなり古かった。スーファミからプレステに取って代わられるまでだったが。
思えば、これが今で言うニンテンドーDSって訳。
まだ携帯ゲーム機1つもないからこれがその代わりか。

それで、その前世代となるのが同ゲームのワイドスクリーン
亀の橋
これは、ワイドスクリーンのボティがゴールドボディからブラックボディに変わっての第1弾「タートルブリッジ」、ブラックボディ版の特徴はゴールドボディの頃はスコアの上限が999点に対し、ブラックボディの上限は9999点と桁が1つ多い。プレーヤーは荷物運びのポーターとなり、海に浮いている亀の背中を飛び移りながら向こう島の人間に荷物を渡して戻ってくるというもの。
荷物を渡すと3点、荷物を渡して戻ってくるとそれまでにかかった時間に応じて最高12点、最低2点のボーナスが得られる。気をつけないといけないのは水中には魚が浮き上がってきて一定の位置まで魚が浮かぶと亀はそれを食べるためにもぐってしまい、その間はわたる事が出来ず、もぐっている場所に飛んでしまうと溺れてミスに、勿論プレーヤーが乗っている亀が魚を食べに潜れば当然その場でミスとなるというもので、どの順番で亀が潜るかを予測しつつわたっていくのがなかなかスリルあった。ちなみに、このブラックボディの2作目となるのは今度は開拓時代のアメリカ西部を舞台にした騎兵隊vsインディアン軍団による騎兵隊砦攻防戦を描くアクションゲーム「ファイアアタック」、インディアン軍団が火の付いた松明を持って騎兵隊の砦を炎上させるべく執拗に攻撃を仕掛けてきて、プレイヤーは騎兵をコントロールしてハンマーで松明や松明を持ったインディアンを叩き落しながら砦を守るというのが目的だけどこれがまた熱かった。

さて、今日は9月24日、あのCD出ましたよ。
勿論買いましたって
あのミクの中の人ことさっきぃこと藤田咲さまのあのシングル「Crystal Quartz

さっきぃかわいいよぉぉぉ(;´Д`)ハァハァ

ジャケットで見るさっきぃが可愛すぎて(≧▽≦)キャーステキー!!!
この曲はサビの部分がとても強烈なインパクトあるんだわ。
着うた欲しいですよ。

Crystal QuartzCrystal Quartz
(2008/09/24)
藤田咲

商品詳細を見る


私は、まなびストレートの桃葉とミクしか知らないがミクで急接近したようなもので、当時ミクの体験版がついたDTMマガジンにも載ってて一気に惹かれた。
今はこうして現役でミク使ってるけど。

ミクといえば、実は個人的事情でダークサイド版として作詞したことがあるがそのためのキャラも同時に出来た。

ミクダークサイド版?
ミクのダークサイド版?「刃吊根美紅」

ちなみに、キャリバーオンライン対戦で出てきたりして・・・

設定では、彼女は人間で両親を不幸にも亡くし、自身も自殺未遂暦を持つ。
そしてその後反政府組織によって一員に引き入れられ、復讐の歌を歌うことが使命となり、組織を鼓舞するというもの。

こんな設定だから対戦で戦うときも結構尖った性格だったりしますが。

tags : ミク 藤田咲 Crystal Quartz ゲーム&ウォッチ 

適当にブログ

ミックスカテゴリーCM(0) TB(0)

Xbox360版の戦国無双2猛将伝のダウンロード販売が暗礁に乗り上げてもうすぐ2週間。
ライデンファイターズエイシズと一緒に買った3500マイクロソフトポイントを投入してじっと待っているが音沙汰なし。
最悪、何ヶ月も遅れるようなことだけは是が非でも避けなければならないが、せめて2400ポイントと戦国無双2のソフトを戦国無双2with猛将伝と交換するという選択肢も考えた方がいいのではとも思っている。コーエーはちゃんと仕事したのにマイクロソフトさんの手落ちだそうで、まさかとは思うが、「無双シリーズはXbox360にはイラネ」なんて考え持ってたりしてそれが現実となって招いているとすれば本末転倒もいいところだろうな。本当にいたとしたら処断ものだろうに。
Xbox360に無双を渇望している中の1人として作品排除のような真似だけはやめてもらいたいものである。といいつつ、真・三國無双4エンパを何と「サンダードラゴン」(あのNMKのシューティングのやつ)のBGMを流しながらプレー中。というか、NMKのシューティングいい加減移植してくれっつーの。
とにかく、マイクロソフトさんは今回の一件で謝罪的措置もしてもらいたいものだ。ダウンロードに必要なポイントの一部を負担するとか。近日中にでも電話してみるか。

初音ミクのオリジナル曲「Break Days」がなぜかYouTubeで好評頂いてるようで、有難うございます。m(_ _)mペコリ


しかも、前作「星の唄」を再生数が圧倒しているくらい。
こういった軽快なノリがウケタか、同日UPされた初音ミクがニコニコキャラを圧倒する動画のついでなのかは分からないが、ここは素直に厚く御礼申し上げる所存である。
そういや、3作目制作が今ストップしている状態。
曲の方はもう完成しているのだが、ボーカルパートで止まっている。
早く完成させたいのだが、ここに来て気分を落ち着かせないようなことがリアル周囲で絶えないせいで気持ちが集中できない。まるで暴走ルーシーモード(エルフェンリートで首チョンパあるのみモード的なやつ)に駆り立てられてるみたいだ。
今度のは、清楚な気持ちにならないと作れないものだから、せめてそっとしておいてくれないかなあと思っている。

で、笑いながら動画見る楽しみもここのところそうでもない。
あの「フタエノキワミ、アッー!」ネタが徐々に染み付いてきてるが、「ガトチュー チュー トレイン」最高やったのに、ニコニコで消され、YouTubeでも消されていた。
ダウンロードしてなかったらもう完全に見れなくなってたかもしれないな。


tags : 初音ミク 戦国無双2猛将伝 サンダードラゴン NMK 

今更ながら「死んじゃえバインダー」な今日

ミックスカテゴリーCM(0) TB(1)

1.アニメ鑑賞記#3 「SHUFFLE!」第19話~忘れ得ぬ想い~
既に、SHUFFLE!どころかSHUFFLE! MEMORIESも終わり両方ともDVD出てる今時になってこの記事、まあこれは避けられない運命というか仕方ないか。

だってまだこっちじゃSchool DaysすらDVDを見る機会にすら恵まれないし。
(その癖何故か、nice boat.だの中に誰も居ませんよだのそれだけは知ってしまったし、世界のアホ毛とかアホ毛バトルとか)
一時期、芙蓉楓と一対となって検索されているワードが19話だったが遂にというかやっとここまで辿り着いた。
ていうか、この話といい次の20話といい、楓可哀想過ぎるわ(⊃;Д≦)ウワーン


2.鏡音リンのこと

☆ チン     マチクタビレタ~
                        マチクタビレタ~
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 鏡音リンのデモソングまだ~?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん |/


なつもりで、今日もクリプトンさんのサイトに行ったらビックリ
えっ、鏡音リン・レンですって?
しかも、レンは少年ときた・・・
まあ、確かに初音ミクが出たときも男性声やりたいって声は確かにあったし。
ただ、こっちはまだVOCALOID買ってないからミクを取るかリンを取るかで迷っているが答えが出るのはまだ先のようだ |||orz


3.久しぶりにXboxLiveAracadeをダウンロード
Heavy Weaponっていうゲームをダウンロードしたが意外と面白い。
地上で戦車を左右にコントロールしながら地上の敵戦車や空中の敵戦闘機やミサイルを撃破しながら進んでいくというやつだが案外面白い。
しかし、6面くらいから撃ちもらすと確実に死ぬスプレッドボムみたいなやつが壁になるようだ。
製品版にロック解除したいが、斑鳩やトリガーハートエグゼリカ(ちゃんと西園寺世界の中の人のボイス入ってればいいのだが)も配信だし。

tags : リン レン 斑鳩 トリガーハートエグゼリカ 

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。