雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトーメモリーズ・第3話「マジェスティック12」

ゲームCM(0) TB(0)

1990年にタイトーF2システムの第8作目として登場したこのゲームは、あのスペースインベーダーシリーズのパート4。
多重スクロールなどの背景や演出などグラフィックがよく出来ている。
ゲーム内容は、あのスペースインベーダーと同じなのは当然だが、ダライアスのようなステージ分岐選択制やビーム砲のシールド制、牛をUFOから守るボーナスステージの導入など様々な面でパワーアップしている。
また、このゲームでは初めて2つ目のボタンが使われることになる。
この2つ目のボタンは特殊兵器の使用に使うものだが、入手方法は上空を通過していくUFOを撃ち落すこと、これでアルカノイドのようなアイテムが落ちてきてこれを回収することで使用可能となるが、エネルギーゲージで使用が制限されている。
ここで、注目したいのがハイパービームという兵器。
敵の最下段1列をまとめて倒すもので一見使い勝手は悪いようだが、場合によっては最強の兵器になることもある。
それは、このアイテムを出現させて回収するタイミングなのだが、このアイテムの効力が残っていて尚且つ敵を全滅させている場合、次に出現する敵部隊の登場するタイミングを見計らってハイパービームを発射すると、うまくいけばオーロラのビームの下に敵部隊が全て集まり一発で全滅させることが出来てしまうということだ。

さて、このゲームは敵のフォーメーションもいろいろあって丸いフォーメーションで回るように動いたりといったクセモノもいるわけで。
あと、敵が最下段に達すると本来ゲームオーバーだがこのゲームでは1機失うのみとなった。
しかし、パワーアップを失うというのがとても痛いのではあるが。

通常ラウンドは、1ラウンドに3部隊、その他ボスラウンドなど含めて全11ラウンドクリアでエンディングである。

今まで、スペースイベーダーの初期の頃の移植版ばかりが出すぎてまったく日の目を見なかったこのゲームもつい最近PSPに初めて移植され、そして、PS2ではこのメモリーズ上巻で家庭用ゲームハード初めての移植となったわけで、発売が待ち遠しいのだ。
スポンサーサイト

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。