雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

初のオリジナル2部作、第1部「いつも笑顔な私のままで」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(2) TB(0)

誰もが胸に抱いている、「無条件幸福」という聖書。
確かな定義は無くとも、それぞれが望んだ幸福を得るべく真剣に生きている。
しかし、その道は決して平坦ではない。
誰もが望む「己の幸福」、そして「他人の幸福」。
誰もが共有する「幸福の笑顔」という感情、「悲しみの表情」という感情、
その意味をもう一度改めて問い、その上で「感情の共有」というものを強く持ち続けたい。
それをこうして描くことは、「死ぬまでにしたい10のこと」の1つに数えられるといっても過言ではないほどやりたかったことである。
長い時をかけてその最初の1つがこうして完成した。





正式なボーカロイドオリジナル作品は、前作「Octpussy」以来半年ぶりであるが、その半年はずっと現在進行形だった。
これは、「遠く離れた幸せ」というプロジェクトで自分の中で暴れていた潜在的感情を形にするものでもある。
ボーカロイドの実現、それが叶えてくれた長年の夢である。
最も描きたかったものが本当にこうして形に出来たことを嬉しく思っている。
そして、そのために立ち上げたコラボ(厳密にはコラボ自体としてはこれは最初の目的)では10人以上の絵師さんが参加してくれた。
自分がもっともやりたかったことを実行に移すためにこれだけの協力を得られたことは今まででもっとも人を信じてよかったと実感できることでもあった。
何故なら自分自身絶対にあり得ないと思っていたからだ。

この半年、曲自体は完成にはそれほど対して時間はかかっていないが初めて1プロジェクトに2曲という初めての試みだけあって動画面でそれを最大に引き出すことに専心したため完成にはかなりの時間を要した。当たり前である。協力してくれた絵師さんだってそう多くの時間を割くことは難しいし絵を完成させるのもそんなに簡単なことじゃない。
自分が全然絵の才能がないから、他の方の絵のスキルに依存せざるを得ない。
それなのに、私は安易な妥協を避けるという強硬的な姿勢で臨んだために沢山苦労させてしまった。
苦心して折角作り上げたのに、何度もやり直しを命じたりした。絵すら全く描けない凡人の分際で贅沢なお願いばかりしてしまった。正直断腸の思いでもあった。
それでも、皆自分が思っていた以上に真剣になって取り組んで細部の描き方まで質問してくるほどだった。
だから、こうして終わってからは感謝の気持ちでいっぱいである。
だから、動画化するならそれに応えるために自分も出来るだけのことはするつもりだった。
だから、完成までの時間が長引いても、その間に出来ることがあったら自分もそれを惜しまない気持ちで臨んだ。
その1つが、今回から新しい動画ソフトの導入だったのである。
そのために、約13,000円という高価な買い物をした。
理由は、今まで使っていたWindowsXPにバンドルされていたムービーメーカーに編集の限界を感じてしまったからである。その中でも特に自分でも気にしていたのが、時折ニコニコ動画に投稿した際に「歌詞字幕が見えない」という不満が寄せられたことだった。
それは、自分としてもとても反省しなければならなかったし、自分でも納得できなかった。だからこそ、ここで新しい試みとして別の編集ソフトに乗り換えるという手段に出た。
実質的な前作である「Fighting Days More Singing Days」は、そのソフトの体験版を使用して制作したものだったが、やっているうちに体である程度覚えて使いこなすことが出来た。
だから、今作では今までに出来ない演出をこれでもかと思うほどやった。
そうすることが、この動画を作り上げるために力を惜しまなかった絵師さん方に応えることだと思っているからだ。

まだ話したいことはあるが、それは第2部までとっておこうと思う。
この先は、追記で作品の中身について語ることにする。

スポンサーサイト

tags : 初音ミク 幸福 

真・三國無双5Empiresをプレイ②(ミクオリジナル新曲の話)

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(2) TB(0)

やっと出来た、無双を題材にしたミクオリジナル曲。
ちなみに、今回はzoome限定公開作。
タイトルは「Fighting Days More Singing Days」
いうなれば、「歌う日々より戦う日々」



ここずっとXbox360は無双5エンパが稼動目的の大半を占めていて、ちょっと間を置くように気分晴らしにオメガファイブ(つい最近サントラ買った)をしたり、グランド・セフト・オートⅣでテロリストごっことかL.C.P.D.狩り遊びとかやったり。
前回で触れたようにミク作ってプレイしていたがいつのまにかエディット枠100のうちの66枠を埋めた。
確かに何度もやっていると「もう飽きた寝る」状態になったりするが。
「飽きた寝る」といえば

vocaloid in musou5empires another
(c)2009 KOEI Co.,Ltd./ω-Force All Rights Reserved.

ちなみに他のボカロの方々、
上段左からレン、MEIKO、KAITO、下段左からGUMI、弱音ハク、亞北ネル、この他がくぽもいる。
ボカロは全部で10人だが、こないだレンが孫尚香と結婚しちゃったようでw

さて、曲の話だがそんなごちゃまぜな無双世界で戦うミクそのものがテーマになっていてこの仲間が凄い顔ぶれだったりする。
アニキャラにゲーム(ちなみにデスマとか鋳薔薇とかほとんどがCAVE系列)、100人作れる醍醐味あってできることだが、意外とひぐらし勢は作る気が起きなかった。スクイズ勢、Kanon勢、けいおん!勢とかはやったのだが。
そんな世界も違う数多の人物がこぞって三国志の世界に集まり一緒に戦乱の渦に巻き込まれて戦っているという架空戦記シナリオ、これをオリジナルソング化しちゃおうってのが今回の作品である。
歌詞もゲームをプレイして録画しながら考えた。今作は全編に渡ってプレイ動画で構成しているためだった。
本当のことをいうともう長いことボーカロイドのオリジナル作品をずっと公開していないというか作っていない状態なのでミクは歌いながら生きる場所のことを忘れ、戦場で武を振るう武人となっているその心境を描いてみようと思った。(作っていないのではなくずっと現在進行形で完成が延び延びになってるだけだが)
もちろん、ミクは歌うために生きているから歌うためのシチュエーションがないと意味が無い。
しかし、兵士たちを癒すイベントとして「宴会」というのがある。
当然、宴会のステージでミクは歌うための存在である自身を発揮する、しかし楽器といってもギターとかドラムとかシンセサイザーとかはない、となると民族楽器でアレンジするっていう手もありますし(女子十二楽器坊みたいなやつとか)、ちなみにこの部分の歌詞も(ぼかおんのライブ(放課後ティータイムとのコラボ))とか入れようとしたけど結局現在のものに落ち着いた。
最終的には、反戦を訴えるような内容になったがそこが自分らしいと思った。
以前1回、ヒトラーの嘘字幕もの「総統閣下シリーズ」をやってみたがあっちでも結局ヒトラーは反戦主義者に転向してしまったし。
これが、今作の作詞の背景である。

それから、今回からクリップ制作のソフトを変えてみた。
これは、今まで歌詞字幕が見えにくいといった指摘が絶えなかったせいなのだが、個人的にも歌詞の見難さには納得できなかった。今回は、そのソフトの体験版を使ってなのだが製品版の購入もかなり前向きに考えている。(というよりそうしないと話が進まなくなるのは必定な訳で)

しかし、こうしてPCいじってる時目の前(ディスプレイの手前)にずっとミクのフィギュア置いたままだけど、やっぱりミクは可愛いわ(*´д`*)

tags : ミク 無双 

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad