雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗無双は楽しいぜ

ゲームCM(0) TB(0)



これはPS3版ベースだが面白かったので載せてみる。
聖帝様の高笑いがいい味出し過ぎ。ニャハハハ(_ _)ノ彡☆ばんばん
やっぱり銀河さんに限りますな、さらに言えばラオウは内海さんしか考えられん。
この2人は外せないっしょ、さらに言えば内海さんは臓物アニマルにまでなってたくらいだしw
やっぱ、北斗無双最大のネックは声優だったといっても過言ではない。

だって、無双版の聖帝様ってどう考えても曹丕じゃんw

ところで、幻闘編がまた面白い。
マミヤと南斗五車星(ヒューイとシュレンとリハクはどうした?)とか、北斗と南斗の大群の戦いとか。
ケンシロウが集団戦闘に参加してるとかw

だから、幻闘編をこう呼んだりしている。
「北斗偽物語」w

ところで、これのジャギがすげえ面白い。
銃で敵をいっぺんにふっ飛ばしたり、スカーフェイスで一網打尽にしたり、アミバとの漫才のような掛け合いが笑える。

何かもっと似合いそうなBGMあったら考えてみたい気もする。
スポンサーサイト

tags : 北斗無双 聖帝 ラオウ 

久しぶりにワイルドファングをプレイ

ゲームCM(0) TB(0)

テクモのベルト格闘アクション「ワイルドファング」をまさかまたプレイできる日が来るとは思わなかった。
ちなみに、同ゲームに関しては以前にもこのブログでも語った。
当時の記事はこちら

何といっても、ワイルドファングといえばこれ

 ∧_∧      獣鬼軍?ぼこぼこにしてやんよ
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
( / ̄∪

そしたら勝手に「みくみくにしてあげる」の替え歌を思い浮かべてしまった。
もともと、「ぼこぼこにしてやんよ」の派生としてこの「みくみくにしてあげる」ってのが出来たことは大体分かる。

ということで、本当にうちのミクに歌ってもらった。


そういえば、これ1プレイ30円の筐体に多タイトル入ってるゲームの1つとして入っていた。
何故か、僕チェンジのストックが残ってるのにボタン押してもチェンジしないってのはショックだったが。
久々の割には4面まで一応行けた。
あと、店内で北斗無双のテーマソング流れてて吹いた。
あれはもうすぐ発売だが。

tags : ミク ワイルドファング みくみくにしてあげる 北斗無双 

「呪界」エントリーへ

ミュージックCM(0) TB(0)

自分のボーカロイド曲である「呪界」のJOYSOUNDへのエントリーを正式に承認した。
3月19日から投票開始だそうである。
もともと、今回は前向きに考えていたがやはり表現上簡単にホイホイ進めるのは気が進まなかったし、寧ろかなり悩んだ。ただその一方でこの曲を正式作品として各種動画サイトで公開するだけの自信もあった。
自分の公開作品に正式と非公式という線引きがされているのはその証でもある。
学生の頃に聖飢魔Ⅱの「蝋人形の館」のレコードを聴いてこういう歌詞も出来るんだなと思ったがそれがある種の判断材料になったのかもしれない、ちなみにこのレコードのB面が「JACK THE RIPPER」だったし。

ただ、呪界はあくまでもリアル世界を土台にしたとはいえある意味ファンタジーである。
憎しみと憎悪にまかせて作ったりするものとは全く異なる。

そういえば、どうも自分の作品は話題になるものというと怖いものばかりになりがちである。
例えば、これはボーカロイド以前に制作した「地獄」という曲だが(500kb以内のためビットレートを大幅に下げてある)

「地獄」を視聴してみる

これはあるインディーズRPGに提供した曲だが、もともと自分でデザエモンのアングラ作品向けに作ったもの。
あるいみ鮮血要素に満ちた血生臭い殺戮系シューティングだし。

どうも、こういう表現が多い。
ちなみに、初音ミクの次回作も歌詞表現がこんな感じの路線になる。

音楽の方はここまでとして、
最近、グランドセフトオートⅣで多治見要蔵プレイばっかりやってしまう。
ある種のストレス発散みたいなものだが。
しかし、八つ墓村の村人32人殺しシーンはすざましいがやはり山崎努には叶わないだろうな。

そうしたら、こんな動画見つけた


確かに、ある意味「おくりびと」ですなw
(ノT▽T)ノ彡☆ハライテー

tags : 初音ミク 呪界 JOYSOUND 

手話手話~♪、手話手話~♪

フェイタリティーCM(0) TB(0)



地に落ちたテレビか、ま、どうせアニメ以外とはほぼ絶縁状態だし。
新聞もほとんど読むことは無くなった。
昔はテレビだろうとカーラジオだろうとニュースを視聴するのはほぼ当たり前だったのに。
どこで何かが狂ったのかと落胆。

見てはいけないものを見て知ってしまったし、そんな自分はやっぱり地球最後の少数派ってところか。
神人になって覚醒して、鎌で斬られる運命みたいなってw

BS-TBSだけど、ひだまり☆☆☆面白いし。
ちなみに、2話まで未完成版とは知らなかった。
まさか、ドキュメンタリーのやらせを暴いてしまうとは。
もしかして、このしゅんすけって人は「内部告発」という制裁を加えるためにこのアニメを選んだのだろうか?

世の中、何が正しくて何が間違っているなんて定義は無いように思える。

何がともあれ、中を知らずに食わず嫌いで特定のものを中傷したり、権力で淘汰しようとしたりすることは許されない、と改めて思うこの頃だった。
(TBSのアッコにおまかせのミク事件は今も忘れてないし)

止まった自分

フェイタリティーCM(0) TB(0)

はっきり言って、自分の方向性が分からなくなってきた。
自分を変えたいと思っているものの現実は自身がずっと立ち止まったまま。
深い穴に落ちて出られなくなっているシチュエーションと同じかもしれない。

今年はまだボカロ新作を一作もまだ公開していない。
強いて言うなら、去年G-ac.コラボで制作した「君にサヨナラ」の焼き直しくらいのものだ。



今、ボカロは完全に裏のことばかりやってて自分がピアプロで立ち上げたコラボすらほとんど止まったまま。
今年は、去年から構想していたボカロに関するプロジェクトを何とか表舞台に出したいとは思っているが、なかなかそこまで踏み込めない。
あと、今年からはイラストくらい描けるようになりたいと本まで買ってるのに全然手をつけてない。

方向が定まらぬまま立ち止まって動かない。
いつのまにか「ワーストイズマイン」などというワードを連呼している有様である。
何の実績も上げられず、周囲が世界的スーパースターに見えていつの間にか空気になってしまっている。
時間だけが無駄に過ぎていき、北斗七星を見に行く時間が近づいているだけのようだ。

ワーストイズマイン・・・もしかしたらボカロのシークレットアングラソング化の予感。
全てにおいて劣り、全ての存在は自分のはるか上の雲の彼方に存在し、時間という横軸で検索してもそれですら全ては雲の彼方、いや宇宙の彼方にあるのかもしれない。

一体、何をやりたいのだろうか、私は。
才能も取り柄もないだけのゴミなのか、私は。
最低だ、最低すぎる。

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。