雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクルカ一体化ユニット始動作「Edge of Thing」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)



ずっとこの時を待っていた……

必ず死ピー

ルカが登場する以前から考えていた。
ルカの中の人の英語カッコイイよね。
トラスティベルのアレ見てたらホレボレだし。(ほら、ロンドヒアリングって言われてるアレ)

そんなときから、ミクルカユニット構想はあった。
かなり大昔のエントリにもあった。
当時、ユニット名何にしようかとか、
当時は、「ミクセス」(MXS)なんて考えていたって、これじゃバレバレですなw
ルカ発売の僅か前に、ようやく名前が決まった。
そして、そのユニットとしての作品も温めていた。
デジウィング・トゥエルブ、意味は「世界を飛び回る電子の翼」。
トゥエルブ、つまり12、これが世界を表している。
何故かというと、世界を司る「時」は主に12の倍数という成分が含まれているから。
1分、1時間は60という数字で出来ている。この60は12の倍数。
干支は全部で12存在し、1日は午前と午後がそれぞれ12時間。
テレビでいう1クール完結制のアニメは全12話など。

そして、二人をユニット化するにあたって最も考えたのはミクルカの一体化だった。
そのため、体型設定補正というものが存在する。
クリップのオープニングにコードネームを入力するシーンが登場するが、あれが実はその設定だったりする。
それ何て言葉様?(≧m≦)ププッ
体型の瓜二つ化は絶対に譲れなかった。
実は、この発端となったのが、初めてのルカオリジナル曲の「Starting Faraway」だった。
あの時、ルカを招いたミクの胸がヤケに大きかった。
それはこうもいえる。
ルカがミクに憧れながら生きている間に、ミクが成長した。
それは、ルカがミクと会うことがあったとしても無かったとしても同じだった。
しかし、ルカは会えた。
その時から運命の歯車は回り始めていた。
ルカは自らの努力によってミクのそばにいる資格を勝ち取った。
私のプロジェクト内ではもうミクとルカは一心同体化へとそのベクトルが向けられていた。
これらの要素が1つになり、ユニット構想も変化した。

そして、もう1つはボカロの方向性が完全に一本道になってきている感があり、それと完全に異なる方向性を出したかったというのがある。
当然のことながら、このDW12というユニットは私のプライベートユニットプロジェクトである。
自分のやりたいようにやる、その印といってもいい。

そういえば、この日は初音ミクAppendの日でもあるがまだそちらまでは手が出ない。
しかし、Appendをやるなら多分私の場合はDW12向けになるかもしれない。

DW12に関する秘話はこのへんまで、ここからは、クリップ制作に関する話。
クリップ化するに当たっては、ブックマークフォルダを半年以上も前から作り、見まわりながら集めていた。
今回はピアプロ以外からも絵を使用したが、残念ながら絵師名不明のままの使用となり、クレッジットは不明のままとなった。
ニコニコのタグのVOCALOID戦場入りで思いだしたが、戦いをテーマにした作品は過去にもあった。
当時の作品と今回の作品に共通して壁にぶち当たったことがある。
もはや、プライベートライアンクラスの人探しミッションといってもいいくらい困難を極めた。
「戦」をテーマに検索すると

大半が「恋戦」じゃねぇか!!!!!

拡声器の無い戦闘画を見つけることがプライベートライアンクラスの難題ミッションと化してやる気が何度も失せた。
こんなの使ったらDW12を立ち上げた意味が一発で無くなる。
何のために1年以上も構想していたのかと。

次に曲の出来た背景について。
もともと、このEdge of Thingは2004年ごろのインスト作品だった。
現在、muzieでハウス風のバージョンと、今作のようなDW12版の前身となったインスト版が公開中である。
muzieの公開ページへはここのリンク集から行ける。
この曲はアップテンポ系で、実はゲームのオマージュ的な意味も含めている。
ちなみに、そのゲームは「戦国無双」だった。
当時から、無双をプレイするときはコンポからオリジナル曲を流しながらプレイしていた。
その時、この曲は「大坂夏の陣」の豊臣軍側の時に流していた。
こんなプレイスタイルも、今ではXbox360のカスタムサントラ機能のおかげでコンポを使う必要が無くなり、戦国無双2のプレイでガンガンこの機能を使いまくっている。
その時使っていたのが前身となるインスト版でそれをボカロソングへと昇華させたのが今回の作品であり、戦国無双2へのオマージュ的意味を含んでいる。
追記で、それを意識したもう1つのバージョンを載せておく。
スポンサーサイト

tags : ミク ルカ ユニット DW12 戦国無双 

4ヶ月ぶりの正式ボカロ新作「山吹色の空」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)

ここのところいろいろあって、前作「Starbow Heart」から4カ月、久々の新作で通算20作目(非正式作品を除く)。
しかし、ある意味このタイトルはシューターホイホイといってもいいかもしれない。
というか、なかなか家庭用に移植されないのが気になるが、もっと気になるのはこれだろう。
もしも、Xbox Live Arcade化されるとこうなる。
日本を除く全世界に配信」なんてなるのは間違いないかもしれない。
何でも、アーケードビデオゲームの版権を売っちゃったとか何とかで。
下のこのニュースとかもう
Xbox LIVE アーケードタイトルFinal Fight: Double Impactが海外で配信
そのうち、「太陽系第3惑星・地球の日本を除く全宇宙に配信」なんてマゾビジョンが浮かんできて∴・(つД`)ウエーン

そして、頭がイカレたようにこんな曲を作ってみたり

というか、メーカー違うけどアウトランやりてぇ((o(>ω<*o)(o*>ω<)o))ジタバタ
カスタムサントラ使ってプレイしたいし。
ちなみに、旧Xboxで出ていたアウトラン2はカスタムサントラに対応しなかったために買わなかった。



本題の前に、その1日前にはコラボ作品の「もう訪れない春」も公開したが、これについて少し話す。


コラボ作品としては、えり苺さんとのコラボ作品「君にサヨナラ」に続いて2作目。
「遠く離れた幸せ2部作」でイラストの協力をしてくれた甘咲かじつさんが曲募集として書いていた歌詞に対して楽曲を制作したものがこの作品である。
ちなみに、実際はもっと公開が早かったのだが曲の方が改良の余地ありと判断し、1週間ほど前から手直しをしていた。
というのもミキシングま段階でいろいろな面で支離滅裂になってしまったからだった。
最近はバラ録とイコライザ調整が大抵の作業になったが、なかなか思い通りになってくれなかった。
今では、曲とボーカルは別々に調整をし、最後にミックスする方法をとっているが出来上がったものをUPしてみるとボーカルの高音が浮きすぎたんじゃないかという気がする。
ちなみに、新しく追加したのはギターを1つ、シンセサイザーを1つだった。
鬱曲というのがテーマだが今思うとその割にはかなり賑やかな印象を受ける。
それに、ボーカルもあまり力みを持たせずに行こうかと思っていたが少しメリハリがついたかもしれない。
ただコンプレッサーの使い方もまだまだアマちゃんだし。

一応、この作品は自分のピアプロコラボで力を貸してたくれた一種のお礼的な意味でもある。
実際、ピアプロコラボでどんなに協力を得ても何一つお礼をする術がない。
そんな現実の下でしてやれるのはこの程度くらいである。
個人情報をあまりさらすことなく交流するのがネット社会である以上、この現実にはどうやっても抗えない。
実際、コラボ作品の制作は頓挫の危険性を孕みつつも現在も進行中である。

ここから、本題である「山吹色の空」について。
楽曲の制作においては上記と似た状況なので割愛し、ここでは設定について話してみる。
ただし、その過程で暴力やグロテスクな表現が出てくるがご容赦いただきたい。




このタイトルでシューターホイホイなんてこと書いたが、設定の土台となっているのが「火葬される自分」となっている。
火葬といえば「火葬曲」という超名曲がある。(実際聴いて文句なしの神曲だったし)
火葬される時、もうその体には魂は宿っていないのでこの表現は少々無理があるのではないかと思うが、敢えて焼かれる自分を体の中の視点から例えるとこんな風になるというのがこのタイトルの由来。
火葬といっても必ず棺は火葬場で焼かれると別に決まっているわけではない。
外で薪を積み上げてその上に棺を乗せて焼くということもある。

そして、その火葬に至るまでのエピソードが歌で描かれているエピソードなのだ。
主人公の少女はそんな家族の長女(ちなみに年下はいない)
親と子で最早埋めようのない確執が出来てしまった。
それは、絶対的な情報源にも表れていた。
親は情報をテレビだけから入手し、娘はインターネットだけから情報を入手していた。
親はテレビから得た情報を必死に押し付けようとする。
しかし、少女はその情報が捏造であるという情報をインターネットから入手していてそれが対立へと発展した。
そして、親による叱咤も少女にとってはもはや「厚顔無恥」と蔑むにしか値しなかった。
それを一人で堂々と論破できるほどに少女は成長していたのだ。
そして、親の叱咤に含まれている事が「捏造」「無知」に満ちていたこともはっきりしていた。
それでも、ソリッドシチュエーション的状況(逃げたい、でも逃げられない)下で押し付けられることでストレスをため込んでしまった。
もはや百害あって一利なしとまでになっていた親の主義主張と教義。

そして、少女は家出をしてしまう。
二度と生きて帰ることのない家出を。
度々ため込むストレスで少女は余命を宣告されるまでの不治の病を患ってしまった。
そして、樹海の奥深くへと姿を消した。
それが、少女の死だった。
捜索願が出されていたのは間違いなく、数日後に遺体となって発見された少女。

そして、少女の遺体は棺に入れられ火葬された。
しかし、少女にとって自らの体が焼かれたことはこれから始まる復讐のネクストステージへと進むプロローグに過ぎなかった。

家族が混沌化したのには訳があった。
父親は、遺産を相続しなかった、いや放棄させられたのだ。
父には、当時その家に二人の年上の姉妹がいた。
(動画中のメッセージにでている「老姉妹(故人)」のこと)
その姉妹は、父親に相続の放棄を恫喝するように迫った。
父親はすぐキレる性格で、ブチ切れたように遺産相続を放棄した。
何も継がずに見栄を張って「ドカタでもやって家族を守る」と言い張った。
母にはそれがトラウマのように焼きついてそれは永遠に頭から離れることはなかった。
それは、長年にわたって続き未だに起こり得る突発的夫婦喧嘩の種となっていた。

その相続放棄を迫って恫喝した老夫婦こそが、死後の復讐の相手だったのだ。
少女が樹海で死んだのは病ではなく、自殺だった。
遺体を火葬したとなると考えやすいのは睡眠薬か自傷か首つりだろう。
動画から見れば、自傷行為であることは明らかどあるが。

少女は炎に包まれる棺の中でこう思っていた。(暴力&グロ注意につき伏字)

復讐その① 相続放棄を迫った地獄に落ちた老姉妹へ
相続放棄を執拗に迫った老姉妹を探し出し、どこまでも追いかけて、そしてどこまでも追い詰めて、八つ裂きにしてやると。
その痛みは永遠に解放されぬが故に、全ての関節をじわじわと切り裂き、究極の痛みを未来永劫に与える。

復讐その② 祟り
老姉妹の子孫に対して祟る。
どんないかなる幸福も全てぶち壊す。
永遠の絶望だけを執拗にもたらし続ける。
幸せになろうものならそれに至るあとほんのわずかのタイミングでその幸せをもたらす存在を無残に切り裂かせて不幸のどん底にたたき落とす。
もし、そいつらの間に赤ん坊が生まれていて部屋で寝ているなら、その部屋に日本刀を持って入り込み、その赤ん坊の心の臓の上に突き立てる。
(某所でその時の断末魔を「スクラッチ赤ん坊」と呼んでいたがw)

復讐の祟りは一族が完全に滅亡するまで延々と続く。
子孫として生まれた者は全てその対象となる。
その一族と縁を結んだ一族もその対象となる。
幸せに到達する道のほんの僅か一歩手前に「鮮血の結末」という強制イベントを挿入する。


まさに、凶気なのだ。
少女はそこまで凶気に駆り立てられたのだ。
人間が犯し得る限りの残酷さを超えているといっても過言ではない。

あの少女の「黒ミク」を思わせる笑い声はまさに存在する限り残虐非道な仕打ちをし続けるある種の宣言だともとれる。

以上が、この「山吹色の空」という作品に塗り込められたエピソードである。




tags : シューターホイホイ 火葬 ミク 日本を除く全世界 

グラディウスⅤ・普通そこまでやるか(_ _)ノ彡☆ばんばん

動画ウォッチCM(0) TB(0)




グルメレースシリーズのMADはいろいろ見てきたが、
これ腹痛い(ノT▽T)ノ彡☆

グラディウスⅤは買ってないが、ネタは一杯あるな。
1面でゼロスフォースがいっぱい出てきて、断末魔の「ヴァー」が瞬く間にネタと化した。
これで納得できないのは、らき☆すたの日下部みさおと共演するMADが1つもないといったところか。

しかし、システムボイスを人力ボカロ化するとは只者ではないなw
あれで「わずかな時間を見つけて」を正確に表現しているわけだし。

このゲームって5面のジャガイモの群れとか6面の緑の液体のシーンとか話題すぎ。
しかもバスクリンだって、市場にマジで入ってるから吹くw
6面がツムラなのになぜ5面でカルビーが出ないのか?
ポテトといったら「カルビーポテトチップス」でしょうがw

ところで、これのラスボスが「ベノム」と名乗っていた。
もしかしたら、MSX版グラディウス2の敵の首謀者であるドクターヴェノムのことだろうか?

tags : グラディウスⅤ ヴァー グルメレース バスクリン 

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。