雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

「夢幻パズル」という悲しみ

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)




今回のVOCALOIDオリジナル曲制作に関するエントリは、今大きく騒がれている「9・18事変」(9・18事件)を少し絡めながら書くことにする。
しかし悲しいかな、動画で嘘字幕を使うくらいしか叫ぶ術がない、そこには「愛」ゆえの悲しみがある。
当然、この手の動画は総統閣下版もある。
しかし、いくら金金金の世の中とは言え、もはや矜持すら形骸化し、そこには愛のかけらもない、目的のために手段を選ばないとはいえすでにその一つ一つが越えてはならない一線を越えてしまっている。

「9・18事変」というのは、2010東京ゲームショーで起きたゲーム「アイドルマスター2」の発表した内容のことでそれが毎日か絶頂といわれるアイマスムーヴメントを一瞬にして破壊してしまうものだった。
前作に登場したアイドルの中の双海亜美、三浦あずさ、水瀬伊織、秋月律子が完全NPC化となる。
これが紛糾の種になっている訳で、NPC化撤回を求める署名活動まで行われている。
自分は、アイマスのプレイ経験は無いがこの悲鳴ともいえるファンたちの嘆きはしっかり伝わってくる。

当然、これを「二次元如きに何ムキになってんの?」と揶揄する人もいるだろうがその揶揄こそ的外れである。
何故か、人は現実と非現実を行き来しながら日々を生きているからだ。
以前、私はLilyの「Real and Unreal」という曲でこの現実と非現実の交差についてを題材として取り上げた。
この図式が成り立たないというならその条件を満たすのはほぼ不可能といってもいいだろう。

当然、アイマスでいうプロデューサーとしてキャラクターと交流するうちに愛着がわくがそういう人でも現実と非現実を交互に行き来しながら頭をしっかり切り替えている。
だから、非現実でも求めることは許されるはずである。

だからこそ、一部キャラのNPC化に激怒するのは当然であって、よく分かるのだ。

ちなみに、これをボーカロイドに置き換えるとまず亜美真美の話が出てくるがそれはちょっと後にして、ボーカロイドでもシチュエーションこそ違えど、愛着故の悲しい現実がある。
初音ミクの登場以前に登場したKAITOとMEIKOである。
実は、そこでもこんなことが起きていたりする。

「たのみこむ」というサイトでこんな発案があった。
KAITOとMEIKOを「ほぼ廃盤」から守ろう

ボーカロイドの世界にも、今度のアイマス9・18事変とは異なるものの同じような悲劇的なことが起きている。
PCの世界はオペレーティングシステムに対応しないとソフトが使えない、そしてオペレーティングシステムが先に進んでその対応にソフトメーカーが追随することを打ち切り切り捨ててしまったら、メーカーの仕打ちによる「別れ」という現実に泣くことになる。
KAITOとMEIKOはWindows Vista以降対応しない、つまりWindowsXP以前でないと使えない、しかし大勢はWindows7が主流になっている。
当然、怖いのだ。さらにオペレーティングシステムが進化したらそれが今度は、ミク・リン・レン・ルカとの別れに発展する可能性も否定できない。増してCV組の愛着度はミクがボーカロイドムーヴメントの火付け役になっているだけにそれが別れになるとなれば失うものはあまりにも大きすぎる、半ば「死の宣告」といっても過言ではないし、私もCV組全て使っていて今度の「夢幻パズル」で29作目になる。
当然、ミク・リン・レン・ルカに対する愛着度は並大抵のことではないし、それが時期OSで使えなくなるということがあったら、とても自分は生きていけないだろう。この辺はカプコンのファイナルファイトというアクションゲームのエンディングのハガー市長のセリフを彷彿させている。

だから、アイマスもボカロもこの点では同じなのだ、ましてやニコニコだったらこの2つはニコニコ最大の御三家なのだし、こういう時こそ慰め合い、励まし合い、団結することが必要じゃないのだろうか?。
アイマスでプロデュース出来なくなるのも、ボーカロイドで進化したOSに対応しなくなるのも同じだ。


長くなってしまったが、ここからが「夢幻パズル」の本題になる。




まず、今回の動機はtwitterの診断メーカーという創作コンテンツをやったことから始まった。
その診断でお告げを貰ってそれを本気で実行したのがこの曲である。
当然、歌うのが鏡音リンなのもジャンルがバラードなのもその通りにしている。

ただ、この時点ではテーマは決まっていなかった。
また、タイトルからファンタジックな内容が最も考えられた。
しかし、今回は敢えて暗く悲しいものとした。
リンでこのような悲劇的な作品は初めてである。

ここで「9・18事変」の話を出すが、ボーカロイドとアイドルマスターの接点。
鏡音リンの場合、唯一アイマスの声優(下田麻美さん)が声をしている。
また、双子であることも共通(双海亜美・真美と鏡音リン・レン)している。
それから、ジェンダーを珍しく低く設定したのだがその動機となったのはこの動画。





今回はジェンダーを48に設定、つまり今回のジェンダーの設定のモデルは双海亜美・真美である。

曲の方はいつも通りの手法で何とかやっていけた。
まず、ボーカロイドでソングパート兼メロディを組み立て、これを骨組みにしてDAWに取り込みベース、ストリングス、ギター、ピアノといった順序で組み立てていった。
ただ、今回はミキシングでこれまでにないほど悪戦苦闘した。
以前からリンの作品はノイズが目立ったりすることがあった。
あと、インストの音色バランスも何度も聴き返しながら何度も調整を繰り返したがどうしても納得のいくバランスにならなかったりノイズが入ったりでそれはもう散々だった。
現在の完成系でも絶対に修正の余地などないと言い切れないのであるが、動画として公開したらもうバックはきかないのでそれなりに頑張ってみたがどうだろうか?

そして、歌詞となるテーマが「失望」「自殺」といった暗いテーマである。
自ら命を絶つ行為、そして死、それは一体何を意味するのか?

今回、この自殺という行為の表現を用いるにあたり、どんな意味を含めるかというと死によってそれまで生きた世と己の魂を切り離してしまう、それも現世を蔑むという意味である。
この世に三行半を突きつけるから命を絶つという訳である、リストカットという手段を今回用いたわけだが、三行半という意味を含めるわけだからそれなりの理由がある。
作中では、少女はいつも一緒に歌っていた少年との共演の機会を理不尽に奪われた、そんな所属事務所の仕打ちに対して彼女は不満を爆発させ、ステージに上がることを自ら辞めてしまう、それ以前に彼女の思い描いた理想とは全く正反対の方向に全てが向かっていて、少年と一緒に歌うことは唯一の生きる糧だった、それが無くなったことで彼女はこの現世を敵と認識し、強い侮蔑の念を込めてリストカットに及んだというものだ。
実際、芸能界でもリストカットとか自殺というものは珍しくないし、アイドル歌手の飛び降り自殺がファンを後追い自殺に駆り立てていったりということすらあったほどであるが。
誰もが生きる理由となる存在を持ち、それが失われる時それが人によるものなら当然その矛先はその人に向けられる。
そして、作中の彼女の場合リストカットして倒れたが未遂に終わった。一命を取り留め病室のベッドに寝ていた。
左手首に包帯をまいた状態で。
ここで、「夢幻パズル」という表現が始まる。
これは、思い描いた理想という彼女の心の中の一枚の絵があり、それが叶わなかったことで砕け散ってしまい、それをパズルのように復元する作業を心の中でするということである。
そしてこの曲の場合、結末で本当の答えを出すには至っていないがそれはこの曲が答えを提供するものではないためである。というより、露骨な自己主張や××が正しいという私見を押し付けることだけはどうしてもしたくなかったためである。
以上が、この曲におけるエピソードである。

ぶっちゃけた言い方をすれば、亜美真美が歌っているつもりでこの世界観を合わせるということは、「9・18事変」に対する三行半という考え方もできるということだ。
実際、亜美真美の片方がNPC化するいわゆる竜宮小町組であるわけだから。

以上から、終わってみればいろいろな意味を含んだ作品になった。
リンの初めての切ない系だが、今言えることは「9・18事変」に苦しむユーザーの痛み、分かるなら受け止め分からないならそっとしておくくらいは必要ではと思った。


スポンサーサイト

tags : 鏡音リン 9・18事件 リストカット 

「愛よ、永遠にサヨナラ」、愚者たちへ向けられた魂の叫び

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)




Lily体験版のリミットが来たことで、今回がLilyの最後の作品となった。
正式で3作も制作したのだから体験版にしては有効に使ったといってもいいだろう。
この場を借りて、インターネットさんに心から感謝したい。

確かに、Lilyを始めたきっかけはやってみたかったから、それに加えて「Lily歌わせてみたコンテスト」に挑戦してみたかったというのがあった。
折角、公開を目的とした創作活動をしているのならこういったイベントにチャレンジすることも必要だと思った。
また、こういった機会があればやってみたいと思っている。
確かに、無名を極める存在が世界的スーパースターとか音楽部門の長者番付1位の印税も貰っている著名な人を相手に無謀に挑むようなものだが(笑)、何度やっても全て失敗なんてのはもともとだとそこは割り切る。

そこから始まった、事実上のLily3部作の最後として以前から構想していたこの「愛よ、永遠にサヨナラ」という曲はどれだけ理不尽に描くかというところに重点が置かれていた。
その最たる構図として常に頭の中にあったのが「一術は百誠に如かず」「汚い悪(偽善・醜善)が最後に必ず勝つ」みたいなもので、例えば特撮ヒーローもので、ヒーローが悪を倒し続ける番組で最終回でヒーローは悪に倒されて完結とかみたいなもの。
最後に必ず勝つのは「愛を踏みにじる欲望の亡者」、愛を信じる者は「最終敗者」となり滅亡する。
亡者は、愛の存在する意味を顧みることなく欲望のためにあらゆる手段を選ばず、誠実に生きた人間を邪魔者として切り裂いていく。
クリップの最後で、「赤い地球」が出てくる。まるでスピルバーグ監督の映画「宇宙戦争」のような光景にも思える。
この赤い地球の赤の色素となるのは当然、亡者たちによって殺された愛を信じる者、誠実に生きる者の体を斬った傷口から流れ出た血液だ。
勿論、ここでいう亡者とは欲望の亡者であり、「金こそ全て」と信じて疑わない者たちである。
その誰もが金に満ちた贅を極める身分でそれに至るまでの手段は正に卑劣を極めている。
例えば、「これは俺達がセレブになるための正義の行い」と主張する振り込め詐欺をする詐欺師、大金職の権力維持の敵を葬るために意見を聴く場にチート行為を幾重にも張り巡らせて反対勢力を正当に潰す権力者など。
やがて、愛と誠実が地球上から消えると残った者たちはさらなる奪い合いを開始する。
それは、もはや「自滅」への道をただひたすら突き進んでいることにも当然気付かない。
「金さえあれば何でも叶う」、既に社会構造の中の必要不可欠な存在すらなくなっている事にも気付いていない。
大金持ちの特権ともいうべき高価な料理なんかがそうだ。その料理を作るための高度なスキルと食べる者に対する「愛」が無ければ食べる者を満足させられる高価な料理はその味覚をうならせることはできない、それ以前にその料理の素材となるものを作るのは庶民たちであり、その庶民たちの「愛」が無ければ料理人の愛によって引き出されるはずの素材の良さも無いのである。つまり愛亡き世界ではどんな大金を出して高価な料理を食べようにも満足させられる結果を得られなくなる、それは愛亡き世界はもう自滅への道を突き進んでいるといえ「金さえあれば何でもできる」という論理の破綻である。
このような例は上げればキリがない。
皮肉っていえば誠実に生きてきた人間が死なされるというのはそんな亡者たちと世界ごと一線を画せるのが幸せなのかもしれない。
そして、愛が世界から全て根絶やしにされたらそこから先はおのずと分かるだろう。支える者を愛を狩り殺すと同時に葬り去った代償は必然的に払わされる。それはどんな巨額の金を持ってしても免れることはできないのだから。
さらに言えば、自分以外の全てを邪魔者として葬り去ってしまったら分かる。
お金をどんなにたくさん持っていても、お金は人を動かして目的を果たすがゆえ他の人がいなければお金はただの紙切れでしかないし絶望も救わない。それは最も悲惨な死そのものでしかない。

世界観に関することはこのくらいにして、今度は曲とクリップについて。
今回Lilyの作品だがトライアル版を使用している関係で、タイムリミットとの戦いでもあった。
実際、タイムアップギリギリのところまで来ていた。
当然プロジェクトの保存はトライアル版の関係でできないので、ミクやルカでデータを作って保存し、それをLilyで読み込ませてWAV化する方法をとった。
初音ミクの体験版時代はそれが初めてのボーカロイドだったために保存できない分ほぼぶっつけ本番の状態だったし調教すら叶わなかったがそんな時とはもう違う。
タイムリミットで最も恐れたのはフレーズがそう簡単に閃いてくれないというのがある。
大抵こんな場合は無理に考えようとせず別のことをやって気を紛らせばいいしそこで何かが閃くかもしれないのだがトライアル版だとそうはいかない。
インストールから30日経過で自動的に起動不能になるだけに無駄に時間を浪費することはどうしても避けねばならなかった。
そんな状況でよく歌詞がここまで書けたもんだと自分でも驚いている。
当然、曲を考えるのはその後で十分である。
でも、やはり詞がここまで出てきたのは既に自分の頭の中で構図が出来上がっていたからかもしれない。

・最後に必ず「悪」が勝つ
・約束は破るためにある
・全ては1人の欲望のための犠牲のために存在する
・人は人の上に人を定義し人の下に人を定義する
・愛は愛を狩る者に寝返るためにある、そして踏みにじるためにある
・情報は人を操るためにある
・目的のためなら命の恩人すら裏切り、時に死に至らしめる
・万死に値する行為は誰がするかで裁かれるか否かが決まる

既に、これだけそろえばこの曲の世界観を描くのには十分であった。
愚行極まった世界の終末、以前公開した「呪界」よりもファンタジー色を失くした世界観である。
そして、その理不尽さを表現するなら以前の呪界でやった表現手法でやっていけた。
幸せの絶頂に向かって描かれていく感動大作が、その途中からあまりにも凄惨な光景の連続へと急展開していくというやり方である。そして、その凄惨なシーンに回想で愛を誓い合うシーンを織り交ぜればそれだけで理不尽な表現というものはできてしまう。
曲の最後の効果音はその極限の理不尽な虐殺シーンを想像してもらうために入れた、最もそのシーンの音を構成するのもそう楽ではなかった。
悲鳴と銃声と斬殺の音が飛び交う中にさりげなく「さよなら」という最期のセリフが混ざっている。


今回は、一度愚行のなれの果てがどんなものかというのを疑似的に具現化するような形の作品となったが、クリップのシーンのキャスティングとそれを満たすためのイラスト選定も重要だった。
今回とった手法は、Lilyはあくまでもシンガーという位置づけに専念し、ドラマシーンを他のボーカロイドキャラにやってもらうという形だ。
出演は、ミク・リン・レン・ルカ・カイト・メイコ・がくぽの7人で、ミクの卒業写真のシーンで7人が勢ぞろいしている、これをベースにして他のイラストを2つの条件を満たすように選定することが重要だった。

・幸せを謳歌する
・最悪の結末を迎える

ミクは自分の紙を切り落とし、凶器の顔をして睨みつけその手は血の滴る鋏を持っていた。
リンとレンはベッドの上で二人で部屋中もろとも全身血だらけになっていた。
ルカはその回りに多くの鮮血が散らばるその真っ只中で既に正気を失っていた。
がくぽは吸血鬼のような姿に変わり果てた。
カイトとメイコは教会で式を挙げ幸せへの第一歩を踏み出したが、愛を狩る者の魔の手はそこにも伸び、教会には火が放たれ、幸せを誓い合った二人は炎上する教会の中で炎に包まれていった。

教会に火を放つというと、昔「パトリオット」というメル・ギブソン主演(ローランド・エメリッヒ監督)の独立戦争を描いた映画にも出てきて結構トラウマになってた。あの映画でのジェイソン・アイザックスが扮するイギリス軍の暴虐に満ちた指揮官はすごいインパクトあったが。

そして、Lilyは途中に2度登場するが今回はマイクをいかにもシンガーらしく握り締めている。
この歌うシーンでLilyがこの悲劇に満ちた歌を力いっぱいに熱唱するという表現を織り交ぜて、ただのドラマでなくミュージッククリップとしての作品性を出したかった。
ちなみに、Lilyをシンガーに専念させた理由はもう1つ、Lilyのボーカロイド発売からまだそんなにたっておらず、イラストもシチュエーション的にもバリエーションが足りなかったというのがあった。
実は、Lilyが血を流すシーンもあったのだが結局ボツになった、というよりLilyの位置づけを切り離して考えた方がいいという判断に至った。

以上がこの曲の制作の全貌である。
事実上のLilyの3部作となった訳だが、また別のボーカロイドでこのような機会があったらまたやってみたいと思う。30日っていうのは過ぎるのはアッという間だったが。

最後に、ニコニコ動画では未公開だが、Lily版呪界をYoutube限定で公開しているので貼っておこうと思う。

tags : Lily 

もはや電子ドラッグw「あっーぷっぷっぷぇぷぇ(0゚=ω=.)」

動画ウォッチCM(0) TB(0)




あっーぷっぷっぷぇぷぇ(0゚=ω=.)がクセになるんだが、BPM計測したら小数点以下が美妙に98だった。
170ジャストかと思ったが。
本家はこなたとかがみだが、化物語版も結構はまるな。
ついでに、着うたでなでこスネイクの歌ダウンロードしたが。

ちなみに、アニメは見ていないが原作を少し読んでいる最中、今まよいマイマイの中盤あたりか。
しかし、手を噛まれたらメチャクチャ痛そうである。

撫子っていったら、中の人同じやつでこれだな


tags : あっーぷっぷっぷぇぷぇ(0゚=ω=.) 化物語 

猛者Lily出陣!「戦華-IKUSABANA-」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)




遂に、以前からやりたかったLily無双ソングが完成した。
今作は、動画の素材揃えが大変だった。
というのは、無双5エンパは自由が利かないという不評が有名で、出したくても出せないという弊害に苦しんだ。
ということで、ストーリーを2種類使った。
これについては、また後ほど述べるが。
この手の曲は、以前初音ミクで「Fighting Days More Singing Days」という曲があるが、前回がダンサンブルなナンバーに対して今作は痛快トランスというノリに仕上げた。
そういえば、ここ最近トランスとかやってなかったし、痛快色を出すなら140以上のBPMが必要だった。
この手のスピーディーなテンポといったら、初音ミク作品の「Last Sanctuary」以来だと思う。
それで、歌も痛快色を出すために詞もコミカルに描いてみようかと考えていた。
今回のテーマの主役はエディット武将であって三国志の表現はほとんどない。
こういった世界観といえば、ニコニコ動画にあるシミュレーションゲーム「三国志」シリーズの架空戦記ものを思い浮かべる、アイマス、TYPE-MOON、ニコニコでもてはやされているキャラ全般などの面々が三国志の世界に武将として集結し、激しい戦を繰り広げたり紙芝居でそれをさらに面白く脚色して独自のストーリーを見せたり。
それを、私の場合三國無双でやっていると考えればいいかもしれない。
こんな世界観からどうやって歌詞を構成するかが大変だった。
主役がLilyだけあって遮断機ネタは外せなかったし、その辺からこの曲はネタに走る方向で組み立てられていった。
あと、使用する音色は和楽器を取り入れることも考えたが結局これはボツになった。
中国系の民族楽器フレーズはループにあるものを使った。
あと、民族リズムが途中にチラホラ出てくるようなドラム構成は、CAVEのシューティングゲーム「虫姫さまふたり」の中の「狂おしいほどに」(作曲:並木 学)という曲から思いついた。
ちなみに、今作の間奏部分はちょっとやっつけ仕事的なループ依存という感が否めなかった。
しかし、メロディーパートが全部作り終えると使用するトラックの多さが異常なまでに膨大になっていた。その半分がループオーディオパートというのも最近では珍しい。
ただ、その割にはミキシングであまり手間暇かけなかったが。
そんなこんなで曲が出来上がり、自分の本家HPですぐに公開した。
それから、いよいよクリップでの作業に。

先ほども言ったように、この曲の主役的ポジションに位置するのはエディット武将だが、エンパイアーズのエディット登録枠100人分を今作では全て使いきった状態でプレイしたものを使用している。
だから、登場する武将の大半は三国志とはまったく関係の無いキャラクターばかりだ。
当然、プレイヤー軍限定の着せ替えは今回はさせていない(一人を除いて)

今作で特別に強調したかったのが、CAFFEIN氏が生み出したボーカロイド亜種キャラの弱音ハク
今作のクリップでLilyが流浪の将から仕官したその勢力の君主という設定になっていて後にLilyが反旗を翻して後に成都での決着で捕縛して逆登用、これを機にハクだけ衣装を一部変えた。
ディフォルト状態のハクはクリップの会話シーンを見れば分かるが、逆登用で大変身。
もう、原形をとどめないほど元のイメージを壊しまくってる。
弱音ハク、ミニスカニーソ姿に大変身
(c)2009 KOEI TECMO GAMES.

そして、雌雄一対の剣で激しくスタイリッシュに暴れるハク
まるで強音ハクのように激しく・・・

私から言わせれば、ハクは「ツマンネ」なんて言うことは絶対に無い。
それに、私の場合何が何でもハクにミニスカートを穿かせたいという願望があまりに強い。
ハクの下半身がロングパンツがデフォというイメージを受け入れることがどうしても出来ないらしい。
さらに言わせれば、既に同じような意味で有名なボカロ亜種の亞北ネルもそうらしい。
ネルのアイテムは携帯電話だが、私の場合どうもネルは火炎放射器と首縄になってしまっている。

亜種に話が行ってしまっていたが、100人枠の中に10勢力以上は余裕で存在する。
これはもはやお祭りゲーのような感覚なんだろう。

こういったお祭り感覚でこの作品は満ちている。
ということで、念願のLily無双ソングはここに完成を見た訳である。

tags : ハク ネル 亜種 無双 Lily 

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad