雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒涛の如き不況の波!「鋼鉄要塞シュトラール」を語る

アニメCM(0) TB(0)

本題の前にちょっと告知



初音ミクで作ったシューティングゲームを題材にしたオリジナルソング「Quick Shot!」、
題名がライデンファイターズシリーズの中型機を攻撃前に倒してスコアを10倍獲得するボーナス名から取ったこの曲だが、今回その続編「Quick Shot! 2」を制作した。


Quick Shot! 2 powered by ピアプロ
そこで、ピアプロにコラボを立ち上げたので、シューティングの世界観に精通した絵師さんを募集しているのでぜひとも力をお借りしたいと思っている。
ピアプロコラボ「Project Quick Shot!」




それでは、本題に入って
今回は、へっぽこB級ゲーマーシリーズのuchさんの動画をお借りして語りたいと思う。



怒涛の如き不況の波!というフレーズがすごいインパクト、実際今の世界経済もヤバい方向に行っちゃってるらしいし、リアルでアイゼルン・ガイストが結成されて米軍とかとドンパチになっちゃうんじゃないのかとか想像してしまった。
マッドサイエンティストのゲゲーベン・フンケルンによる扇動で不況にあえぐ労働者たちを取り込んで世界征服というスゴイストーリーだが、画面見て1990年12月頃に稼動した同じUPLの横スクロールシューティングゲーム「宇宙戦艦ゴモラ」に似た印象があった。あっちは、当時、ナムコのドラゴンセイバーの稼動が待ち遠しくてたまらないころにその待ち遠しさ凌ぎでプレイしたが、音楽がメッチャカッコいい、しかし複雑な操作性でやる気なくすという残念さがあった、因みに、当時ゴモラをクリアしたプレーヤーは全国で1人しか出ていないと聞いた事があった。
ゴモラの話はここまでにして、
シュトラールは当時商店街にあったゲームセンターでプレイしていた。
もう当の昔にそのゲームセンターも姿を消してしまったが当時、シュトラールは正統派の横スクロールシューティングということですごく燃えていた。
結果は一番よくてステージ4で終わったが、特にステージ2の雲上の高速スクロールが気持ちよかった。
ヘッドホン端子が筐体についていなかったので曲とかよく聞けなかったのでプレイ動画がそんな意味で今では重宝している。
版権元が分からず移植は絶望だが、自分としては諦めずに版権元を見つけて移植実現して欲しいと思っている。
実際、この流れに光が挿したある出来事があった。

あの東亜プランのゲームが版権が見つかり復刻移植への道が開かれたというのだ。
記事はここ
M2がやってるとなると期待大、同社はXbox360版の虫姫さまふたりやエスプガルーダ2、SNKのネオジオのASO2のPS3版を手がけている。

実際、自分が移植を熱望するのはNMK系列のシューティング、UPLのもNMK系列が多い。このほかにタスクフォースハリアー、サンダードラゴンなど。
いつかは、移植を実現して欲しいものである。


スポンサーサイト

tags : シュトラール UPL 東亜プラン 

初めての派生的外伝作品「王族のディナー」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)



過去に公開した私の代表的作品「呪界」を新たな視点から描く外伝で番号がついているようにナンバリングによるシリーズで進める訳だが何作やるかは未定、現時点では2作目が構想段階だがやるとすれば来年の春以降になると思う。
第1弾は、本家「呪界」で最も恐怖的な位置とされる食料として囚われた人間の視点から描いている。
本家「呪界」の歌詞で「また誰かが畜殺される」というフレーズがあるが、殺されるという表現ではなく畜殺という表現を用いたのは食料のために殺されるから、人間が牛や豚や鶏を殺して食べているのと同じことである。
ただ、本家では殺されて食べられるというのが具体的にどんな形なのかまでは言及していなかった。
この作品は初めてそこまで明かした形だ。
殺された人間の肉はどのようにして食べられるのか、これもちゃんと料理されているのだ。
時には肉をミンチにする機械を通して挽肉にしてハンバーグにしたり、また時にはカレーやハヤシライスに使われたりステーキにされたりと、王族の食事もまた人間とはほとんど変わらない、ただ素材の肉だけが違うと思えばいいだけのことである。
作品としては、囚われた人間の視点であるため殺されるという悲惨な光景はこの作品にはつき物である。
ちなみに、リンが殺されるという風になっているがあくまでも捕らえられた普通の人間であって、抵抗軍の凛とは違う、この作品は呪界暦0020年の話で、数年前に抵抗軍として戦い敗れた後は子孫を残すために逃亡し憐と共に人前から姿を消している。
因みに、捕らえられた人間はそれぞれだが食料として殺されるための人間はすべて若い女性で肉付きのいいスタイルをしている者に限定されている。監禁されている間も一応食事は出されるが当然体に肉をつけることを目的とした献立に限られる。これを満たさない人間は、改造人間兵器として用いられるがこれは冥子(王族側のMEIKO)の班が担当となっている。

また、この監禁の間ではこんなエピソードもある。
殺されると知った女性は畜殺される番が来ると悟ったとき自ら毒を含んだ。
毒のついた肉を王族に盛ることで王族を毒殺し、人類を解放するという筋書きである。
しかし、本家「呪界」にあったように王族はどんな有害な要素も自然中和する特殊な体を持っていて、毒を盛ることに成功しても体内で毒は簡単に解毒してしまう。その時の作用時も体には何の苦痛も伴わない。
このように、王族には毒なんてものはなんの意味もない。
もちろん、放射能汚染物質なんてのも無力であり、安心して食してしまうのだ。

最後に、この作品を巡音ルカで制作したことはそれなりに意味がある。
本家のニコニコ動画でのコメントではよくルカの話が出てくるが、分かってて言ってんだろうなと・・・
ルカは2009年1月31日発売、呪界の公開日は2008年11月6日、ルカが出てこないのは当然で当時は発表すらされていない訳だからピアプロにもルカのイラストを描く人なんて全然いなくて当たり前である。
で、ルカを登場させるとなるとあのプロポーションなら畜殺されて食べられる価値のある肉づきあるボディ故にこの役に当てはめるには絶好の条件だったとも取れる。

ちなみに、構想段階である第2弾は初音ミクを予定、今度は王族の視点から描く予定であるがR-18要素が入る可能性が高いものになるだろう。

tags : ルカ 呪界 

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。