FC2ブログ

雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

 
13
 
このゲーム、どうやら私にとっては「真・三國無双5Empires」のようなゲームになりそうだ。
というのは不満点が多いけど楽しめているというところか。
実際、キャラの大量リストラで流派が減少したためにキャラクリにもその影響が少なからず出ている。
レビューを見ても不支持の声が圧倒的に多い。
やはり、「合併=矜持の消滅」なんだろう。そう考えるとセガがどこかと合併しないことを望むばかりだ。
それでも、このゲームはそれなりに楽しませてもらっているがやはり素材不足やパーツ獲得までの道のりが極端に長く、レベル35にもなると段々心が折れていくってくらいに気が遠くなっていく。
DLCに関してはもう仕方ないだろうが、せめてクリエーションパーツをもっと充実させる方向で進めて欲しいと思っている。
しかし、タリムとザサラメールのリストラは痛かった。タリムはクリエーションパーツの三つ編みロングツインテールという髪型の原型のためタリムのリストラは痛すぎたし、ザサラメールは鎌の使い手、鎌の流派が無くなったことを意味している。

あんなこんなで、失われたものも多いがクリエーションやネット対戦はそれなりに楽しめているしチャットしながらの観戦もできるから私の場合ネタ部屋が楽しい。
だから、USBキーボードの購入を考えるのもアリである。
もちろん、私からルームを開くこともあるのでその時はネタキャラをたくさん引っさげて参加してもらいたいと思っている。(死体蹴りする外国人は即退場してもらうつもりだが)

では、ネタからオリキャラまで紹介してみたいと思う。

コマンドーよりジョン・メイトリックス
メイトリックス(コマンドーより)

「何が始まるんです?」
「第3次大戦だ」

コマンドーはニコニコ界隈でも名言集が囁かれまくるほどの知名度を誇っていて、コマンドーランキングという動画まで作られる有様だ。
ちなみに、自分が一番気に入っているのはサリーを崖から落とすシーンですな。
「お前は最後に殺すと約束したな?」
「そうだ大佐、助けて」
「あれは嘘だ」

今ではDVDのディレクターズカット版(日本語吹き替え入り)が1000円でポンッと買えてしまう。
コマンドー (ディレクターズ・カット) [DVD]コマンドー (ディレクターズ・カット) [DVD]
(2010/06/25)
アーノルド・シュワルツェネッガー、レイ・ドーン・チョン 他

商品詳細を見る


流派はキリク、よくレビューで木人枠3つという批判を見るのだがこれはちょっと違うと思う。
エッジマスター、キリク、エリュシオンは全流派対応に見えるが実はこのように異なる。

エッジマスター→全流派
キリク→男性流派全て
エリュシオン→女性流派全て(クリティカルエッジは固有)
(いずれもエツィオ、デビル仁流派を除く)

で、映画でメイトリックスが上陸してから武装を固めるシーンがあってそこからいろいろな武器を使えるという意味でキリクにした。

次はこれ
アンダーディフィートよりアデーレ・フリードリッヒ
アデーレ・フリードリッヒ(アンダーディフィートより)
今月もうすぐアンダーディフィートHDが発売となるが、シューティングゲームのキャラ。
通称「アン子」と呼ばれている。
アンダーディフィートHD(通常版)アンダーディフィートHD(通常版)
(2012/02/23)
Xbox 360

商品詳細を見る


DC版プレイ動画をVGHさんからお借りしてみる



クリア時のデモにビジュアルが出るんだが2週目は露出度UPのものになって水着姿も見れる。
そこで、ダメージで服が破れたらその水着姿が見れるようにしてみた。
勿論、デザインも忠実に再現している。


次はまず私かニコニコにUPした4つ目となる動画をここで出す。



全身火傷のアヴェンジャー

この全身火傷のアヴェンジャーというのはこんなオリジナルエピソードである。
性別は女、彼女は公園で横たわっていたとき少年グループによって灯油を浴びせられ火をつけられた。
全身火傷を負った彼女の顔は醜く変貌し全身を黒い包帯で覆い隠した。
復讐に燃える彼女は、ソウルエッジを手に人間たちに次々と斬りかかっていく。
それは、少年グループを討ち果たすまで終わらない。

反逆の元ペーパーボーイ

反逆の元ペーパーボーイはこんなオリジナルエピソード。
ペーパーボーイ、そう彼は元新聞配達員だった。
いつも笑顔を絶やさず、人と会えば挨拶を絶やさない。
しかし、そんな日常にも変化が起き始めた。
新聞の報じる内容に違和感と不信を抱くようになる、まるで新聞そのものが大本営発表そのものにと化し、反対分子を世論を扇動して弾圧するような違和感を覚えた。
後に、15年以上勤めていた新聞配達を辞めた彼は自らの手で人を殺める行為に手を染めていく。
その対象は大本営発表の巣窟と化した報道・メディアの関係者。
彼の服にはそんな者たちを次々と斬殺したときの返り血が生々しさを見せ付けるかのごとく大量に付着している。
そして、その刀もまた斬られた者の血で紅く染まっている。
それをさらに目立たせるために白い服とズボンを身に纏って。

理想的な美少女

理想的な美少女
街を歩けば必ずといっていいほど太ももを魅せるファッションの女の子を見かける。
彼女はそんな中の一人。
ある日彼女は歌唱コンクールで踊りながら歌を歌っていた。
綺麗な青い衣装、青いミニスカートと白いオーバーニーソックス、その美しい色彩から覗く色白の太もも。
そして、その発する声はとても可愛くて優しさに満ちていた。
体もまた発育は人並み外れていて胸も大きい。
そんな彼女は女神から選ばれし存在となり、地上に舞い降りた天使とまで言われるようになった。
いや、彼女の存在は女神以外の何ものでもなかったのである。

鏡音リン(成長鏡音)

成長した鏡音リン
すべてはここから始まった。

成長鏡音! powered by ピアプロ
座敷ウサギさんが描いたこのイラストから全ては始まった。
私が鏡音リンを始めたこの時から「女神」という認識だけで固定されていた。
悪戯好きの少女ではなく、愛されるために生まれた選ばれた存在として。
動画では、そのイメージ的BGMを鳴らしている。
曲は、私の鏡音リンの処女作「凜」のインストバージョン。

前の項で挙げた理想的な美少女がボーカロイドと融合したイメージに他ならない。
だから、彼女は完璧すぎる体へと成長を遂げ、そして女神となった。
そんな2人が女神の領域で対峙している。
もちろん、2人ともエリュシオンの流派だ。

まだまだ紹介したいが、続きはまた次回としておく。


スポンサーサイト
 
07
 
待ちに待ったソウルキャリバーⅤが発売、当然のことながらメインはキャラクタークリエーションだろう。

ニコニコに動画を3つほど上げさせていただいた。

その1「CUL vs 初音ミク



その2「初音ミク vs 鏡音リン」と「巡音ルカ vs KAITO」



その3 レギュラーカスタム2カードとアニキャラ1カード



特筆すべき点としては、前作になかったCPU同士の対戦が可能になり、極限の激しい戦いを簡単に収められるようになったことが上げられる。
これは、動画にして公開するにはこの上なく有難い仕様だ。
では、ちょっと紹介

初音ミク
初音ミク(ナチュラル)
今回はちょっと志向を変えて、セガからリリースされている「初音ミク-ProjectDIVA-」シリーズのモジュールをモデルにした。
ミクは、ナチュラルというモジュールをモデルにした。
新しく実装されたパーツテクスチャー機能で縞模様のニーハイソックスが表現可能になったことが大きい。
ちなみに、ツインテールはティラのものを使っているがおかげでクェスって呼ばれる有様。
というのも、最初から選べるパーツや髪形は非常に少なくプレイヤーレベルを上げていかないとバリエーションが増えないという仕様のため、上げていけばもっとミクらしい長めのツインテールが入手できるのではないかと。
実際、他の人が上げている動画で確認済みである。
また、今回も受けるダメージによっては服が破れる仕様は顕在している(但し部位別制は撤廃されているようだが)が、ミクの場合は肩が見える姿になり、ちゃんと右肩に01の印が入ってます。ここがポイントなんだな。
動画でちゃんと確認できますよん^^;。

鏡音リン
鏡音リン(リアクター)
リンは、リアクターがモデル。
炉心融解のイメージだが苦労した点は白と黒の二面性を表現した衣装、完璧とはいかないものの2色スカートを初めて表現することが出来た。
ただ、これもプレイヤーレベルを上げて新しくパーツを入手できればさらに元のモデルに近づけられる可能性はあるようだ。
当然、ミクと同様で肩に02の印入ってますよ。

ちなみに、この2人には全モーション対応の流派(エツィオ、デビル仁を除く)を当てている。
あの初回特典ダウンロードのダンピエールもこれに含まれているのだ。
だから、こんなことまであったほどwwww
リン「ミク姉にカンチョー」・ミク「キャー、リン、覚えてなさいよ」
ダンピエールのクリティカルエッジ技「誘おう、逸楽の国コケーニュへ!」という技なんだがガードインパクト成功でないと発動しない運任せ要素がある。
しかし、決まってしまうといきなり相手の股の下へ潜り込み、カンチョーをかますという技。
昔ドリフで志村けんがやってて学校でもよくみんなやっていた。
自分もその被害者なので分かるが肛門にスポッと入ってしまうとメチャクチャ痛い。
それを証明するかのように体力を半分近く減らしちゃいますよ。
あとはお尻ペンペン技かな、たいていは3回叩くが場合によっては12回叩くなんてこともある。

それからこれ
巡音ルカ
巡音ルカ(魔女ッ娘スタイル)
つい最近、巡音ルカ聖誕祭'12とProjectDIVA ARCADEで新しく加わった「魔女っ娘スタイル」。
PSPやドリーミーシアターではもうかなり前からお目にかかれるが。
モーションはエリュシオンで。

おまけに3人の別の衣装+α紹介(勿論全部DIVAモジュールがモデル)
初音ミク(おさんぽスタイル)
鏡音リン(ブラックスター)
巡音ルカ(ハードロック)

極めつけはこれ
初音ミクAppend
アペンドに合わせて胸も巨乳にしてみました(*´Д`)ハァハァ

ボカロキャラといえば、今年CULを始めたので試しに作ってみた。
CUL
CUL(VOCALOID化前)
ちなみに、下のはCULがボーカロイド化される前のイメージである。
流派はどちらもパトロクロスだが、動きがなかなかカッコイイです。

以上、今回はボカロキャラクリを中心に語ってみました。


現在の訪問者カウント

プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは管理人による承認後に有効になります。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝、不適切なワードを含んだコメントやトラックバックは承認不可にする場合があります、ご了承ください。

Xbox360ゲーマーカード

VOCALOID作品集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

管理人が購入したアイテム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク