雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音ミク生誕5周年記念作「ミクはいつでもキミのそばにいる」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)

Miku5thani.jpg


私が初音ミクを迎え入れたのは鏡音リン・レンがやってくる1日前、それまでに体験版をやってみたりミクを使った動画を見たりといろいろなことがあった。
その起点となった5年前の今日、初音ミクがDTMユーザーの下へとやった来た日。
当時は、カバー曲が圧倒的に多かったが初めてミクのオリジナル曲が投稿されたのが9月9日。
アゼルさんの「宝物」、そして自分は「White Letter」というGonGossさんの曲が初めて聴いた曲だった。
当時から少したって最大の話題となったika氏の「みくみくにしてあげる♪」は5年経った現在とうとう1000万再生を突破した。
ちなみに、「Tell Your Would」の超ヒットも記憶に新しいkz氏もこの当時から曲を投稿していた。

自分の初めてのミクオリジナル曲はあの当初から5ヶ月くらい経ってからだった、同時に初めてのニコニコ動画への投稿だった。
勿論、それまでにもいろいろあったが現在では商業的要素が入るようになりミクを愛する人たちもかなり考え方が多様化してきている。
当然、商業的要素がボーカロイド文化を衰退させてしまうのではないかという懸念は今でも重くのしかかっていたりする。
既に、ボーカロイドで行ってきた結果が両端的に表現すれば、全宇宙を手中にした者と初めから終わりまで失うものなど何もないオールゼロのまま今日に至った者まで広くなったといってもいい。
だから、ミクが大勢の観客から脚光を浴びる舞台すら現実化した大分経過した今、ミクという存在はどんなものなのか考えたい、そして問いかけたいという思いがあった。

ミクに限らず、ボーカロイドというボーカル入り音楽制作手段が確立されてそれがCD販売すら初期通過点となったがあのツイッターの呟きを見て考えさせられた。
ボーカロイド文化はボーカロイドを使った創作をする非常に多くの人がいて支えられているということだ、しかし脚光を浴びて語られるのはほんの一握りに過ぎない、しかしそのほんの一握りに脚光が集中しすぎてその一握りの存在だけがボーカロイド文化を支えていると勘違いしている人がいる、とくに商業要素が介入するとそれらはそんなほんの一握りにしか目をつけることはない。
セガの一連のProjectDIVAシリーズとかがいい例だ、商品を売って利益を上げる以上は大多数の人気を誇るコンテンツしか使うことが出来ない、再生数1000以下の楽曲を収録するのは自殺行為でしかないのだから、そしてそれを通してさらにそれが曲の宣伝効果につながりそれまで興味なかったリスナーがその曲を支持していくことにもつながり新規ファンを獲得することにつながっている。
自分も、DIVAを通して好きになった曲は少なからず存在しているからこれは言えることだと思う。
そうすることで、結局勝ち組と負け組みという二極化に繋がって言ってるのではないかというのも懸念している。
当然クリエイターとして自分を評価するなら「負け組み」クラスタであることは間違いない。

ここで、ようやく今回の楽曲の話である。
ここまで語ったようにもはやステージで大多数の観客を前に歌うミクの姿を想像しない日はないくらいに至ったことでいつしかこんな不安が漂うようになった。
「初音ミクを使うことが許されているのは限られて、そうでない人たちは資格無き不法ユーザーとなってしまうのか?、そしてミクはもはや選ばれた人間だけのものとなり、選ばれなかった人のもとからミクは去っていくのか?」
そんな不安がいつも頭の中によぎっている。
そして、輝きは常に「上京」や「東京」のどちらかと縁が無ければ不可能というシステムがゆえに自分は永遠に無縁である。つい最近、初音ミクProkectDIVA-fの試遊会参加で福岡に電車で渡った時はそれだけでマネーが大幅に消えるような自分には「上京」は来世以降の話でしかない。
だから、今回の初音ミク誕生祭2012向けに制作した今回の楽曲は、そんな「上京」や「都心」とは全く無縁のユーザーという視点から描くことでこんなド田舎にも初音ミクを愛する人は存在するということを知ってほしいという意図がある。
今回も、PS3のドリーミーシアターで制作した動画、今回この動画に登場するレンは自分の役だ。
そして、そんな首都圏とは無縁のユーザーとそれと同じ目線で交流するミクというのが今回のイメージである。
ミクは作り手が歌って欲しい歌を選ぶ事無く歌ってくれる、だからそれを使う人によって見方は当然大きく異なる。首都圏で輝くミクもいればオタク文化とは無縁のド田舎で普通に暮らすミクもいる。
この曲は言うまでも無く後者だし、そうしてミクはバーチャルアイドルとは別に常にそばに居てくれる存在として愛されているという表現と主張をさせてもらった。

今度は、今回の動画のポイントを一部紹介しようと思う。
まずオープニング、「ゆる○り」のパロディっぽく見えるがべつにこれは意識していたわけではない。
今回、この曲のためにミクちゃん親衛隊という組織を組んでみたのだが、構成員は現在持っているボーカロイド音源からミクを除いたもの、鏡音リン・レンはAct2を使用、前作が処女作となったIAもいる。
最初にルカが掛け声をかけて6人で「ミクちゃーーーーん」と叫ぶとミクが笑顔で「はーい」と現れる。

次に中盤、今回は現地撮影した写真とレンのモジュールを合成するという手法を取り入れた。
撮影場所は、大分市高城にあるゲームセンターAnAnで1階は人気の格闘ゲームの対戦台やクレーン、音ゲーや三國志大戦(後の戦国大戦)などが稼働していたが、ここでも一時期ProjectDIVAアーケードが稼働していた。
そこの2階が主に通っていた所で、1プレイ30円で昔のいろいろなビデオゲームがプレイできてそここそが自分の数少ない心の拠り所だった。
そこに7月になって訪れてみると何だか様子がおかしかった、筐体が沢山外に運び出されていて入り口を見ると真っ暗、まさかと思いもう一度言ってみたら、6月いっぱいで閉店していたという。
あまりのショックで人生の半分を殺されたようなものだった、この日は首都圏ではボーマスで賑わっていた日でもある。
2番のAメロの歌詞「ミクのイベント、その話題で埋め尽くされると、キミは逆に落ち込んでいるよね」
ツイッターをやっているとこの手のイベントが物凄く熱い、しかしそれに参加できないという現実と孤立の末の悲鳴がこの歌詞の正体である。

ちなみに、初めの頃はレンが登場するのはこのシーンのみの予定だった、しかしミクがそんなミクユーザーの目線に立って歌うというところにある閃きがあり、それでレンのそばでそれを歌うことでミクがいかにも相手の立場にたって交流するというシチュエーションを作ることが出来た。
そうすることで、レンは全編に渡って登場し、ド田舎に住むミクユーザーを演じてミクと親交を深めていくという内容に仕上がった。

そして、中盤のもう1つは雨の話、これは本州以北に住んでいる人には実感の沸かない話だが、今年の夏は九州と本州以北でハッキリと天気が分かれてしまった。
それは熱い夏をもたらす太平洋高気圧の張り出し方にある。
数日前の報道ステーションで見た太平洋高気圧の張り出し方を見て唖然としてしまった。
太平洋高気圧は日本列島を広く覆っている、しかし九州以南だけがキッパリとその対象から外された形なのだ。
そしてその太平洋高気圧は完全に型にはまったように動かない、不動明王か六神合体ゴッドマーズのアクションシーンかといわんばかりにずっしりと動かない、そしてそのために九州(特に私のすむ大分などの太平洋側)はその太平洋高気圧の周辺部となり、湿った空気の巣窟と化し雨雲がつねに覆い続けるため、梅雨明け以降も雨が大半を占める有様、まして今年はバックビルディング現象でこれまでに経験したことのない豪雨というものまで至る有様でもはや、天気予報は絶望予報といわざるを得なかった。
レン君が雨の中を走るシーンに出てくる文字はそんなお決まりの雨予報のフレーズの数々である。
実は、今回のこの雨についてはまた別に曲を作っている。

そして間奏から先はほとんどがミクとレンの共演に重点が置かれている。
そこではミクの笑顔がレンに笑顔をもたらしている、そして心を通わせあっているという内容だ。

また、曲ではミクちゃん親衛隊の面々がミクちゃんのスペルを一生懸命に叫んでいる。

こうして、バーチャルアイドルとはいえ、大勢のファンから脚光を浴びるミクとは違う、しがない田舎の平凡なミク使いとその立場をもっともよく理解しているミクの二人の物語が完成したというわけである。
今回が初めてのミク自身を歌う歌、是非聴いてみてはいかがだろうか?
スポンサーサイト

tags : ミク 

IAの始まりは激しい恋から始まる、IA第1弾「Virgin is Over」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)



CULをやっていた時、その1ヶ月半余りでIAが発売、その話題性が凄すぎてイラストを探すとIAはいっぱい引っかかるのにCULは全然引っかかってくれないというこの差に愕然としていた。
そして、その当時非正式ソングとしてこんなの作った。




その「後輩のIAちゃん」がとうとうここにもやってきたという訳。
当然、CULちゃんほったらかしにはしませんよ、あれだって1万7千も出してスターターパックで購入した訳だし。
最近、音源が増え気味な今日この頃であるが、IAをやってみたいと思ったのは動機があった。
かつて、座敷ウザギさんの絵で鏡音リン・レンを始めたのとちょっと似ているのだ。

今回の使用したイラストは非コラボでありながら1枚だけ、その1枚こそ全てであって、その1枚だけで徹底的に激しい愛を表現した歌を成り立たせた。
ふきなさんによるIAのイラスト、実に魅力的だった。

ふともも powered by ピアプロ

IAといえば、中の人が話題性十分の人、国歌とも呼ばれたアニメ「Air」の鳥の詩や「Angel Beats!」のMySoul,YourBeats!を歌っているあのLiaさん、去年の暮れに発表があったときはびっくりした、まさかあの歌声をDTMユーザーにおすそ分けですかってくらいに。
これは、CULにも言えることだった、当時アニメ「まよチキ!」にはまっていて、キタエリが初めて歌手としてデビューした数ヵ月後にその歌声をおすそ分けって言うんだから。
今となっては、両方を手中にした訳だが、ボカロで歌わせてもLiaさんらしさがしっかり感じ取れる印象だった。
実は、muzieに「Real and Unreal」のIAカヴァー版をUPしているが、知っている人は案外少ないだろう。
もちろん、今回の「Virgin is Over」もmuzieでも公開する。

ここからは、今回の「Virgin is Over」の話をしてみる。
見かけは可愛くて素敵、なのに感情に乏しい。
だけど、人を引き寄せるだけの姿はちゃんとしている。
そんな少女は、人を好きになることを知らない。
しかし、その少女が突然抱き締められたというお話。

少女は美しい容姿をしていながらも恋というものを知らない。
人を好きになる感情もなく、あまり笑顔を表に出さない。
そんな少女の元に現れた一人の青年。
少しずつ近づきながら、青年は少女の手をそっと握り締める。
その時、少女の気持ちは複雑になっていた。
そして、青年の両腕が少女を挟み込むように少女の背中に行く。

少女の表情が大きく変化した、その瞬間こそ少女が抱き締められた瞬間だった。
少女はあまりの唐突さに抵抗しようとする意思が出なかった、それどころかこの状況の中でぶつかり合う体熱に温められていき、意識を失っていく。
それは、その温かさに包まれてそれを受け入れたことを意味した。

少女は初めて抱かれた、そして少女の心にこれまでにない気持ちが芽生えた。

そして次の日、ベッドのある部屋に少女はいた。
少女はあの時の気持ちの虜となっていた。
青年は再び少女の元に現れる。
そして、昨日とは異なるシチュエーションへと変わっていく。
青年は服を脱ぎ、少女を再び抱き締める。
少女の意識が朦朧としている時、青年は少女の着ている服を1枚ずつ脱がしていく。

少女と青年はともに生まれたままの姿になって抱き締めあった。
少女と青年の顔はかなり接近していた。
そして、少女の唇に青年の唇が近づいていく。
「ブチュッ」
少女と青年はキスをした。
互いの唇が深く喰い込み、そのままベッドに倒れていく。

そして、二人は抱き合ったまま少し意識を失う。
そして、意識を取り戻した時二人は近づきすぎた互いの口から話を始める。
少女は、その時初めて笑顔を見せた。
青年は裸のまま抱き合ったままで少女に「好きだ」と告白する。
そして少女もまた、青年に「好きよ」と言う。
少女が相手に対して初めて「好き」と言った瞬間だった。

少女の余りにも突然の激しい恋、恋に疎かった少女が恋する乙女へと変わったことを意味したのだった。



実際、IAの表情はやさしくてちょっと切なそうな印象がある、それがこの話に割り当てるには絶好の条件だったといえる。
実際、今回は非常に短期間で完成させられたが歌詞を考えるのもそう難しくなかった。
IAに対する固定概念と恋の絶頂の中に存在させたいという思いのせいで歌詞がスラスラと出来ていったのが理由だと思う。
話せることはこれくらいだが、相変わらずビートが自分の好きな調子で出来ているのは変わっていない。
それだけ、好きだったからだろう。

ところで、IAのパッケージの説明書にLiaさんからのメッセージが書かれているんだが、歌声を提供したことの思いを見て、僕らはそれに報いるためにも素敵な曲を作り素敵な詞を作り歌わせようという決意すらさせてくれたと思う。
ということで、私の初めてのIA作品、是非聴いてみて欲しい。

tags : IA Lia 

「ロケットが飛んで来るぞ、逃げろ!」解説

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)




ルカが13歳の頃、長きに渡る二国間戦争は熾烈を極めていた。
大陸から離れた海では二国間による戦闘が激化していた。
大型の戦艦、祖国の命運を託されたとされる巨大な戦艦、その艦長はルカの兄、カイトだった。

カイト「敵の勢いが増しているぞ、早く殲滅しろ」
部下「しかし、敵の動きが早すぎて、対空砲火ではとても抑え切れません」

敵は高性能の武装ヘリを多数投入、そのヘリには一撃で目標物を中心に広範囲を破壊するという絶大な威力を誇るロケットが搭載されている。

そのヘリの群れは、周辺の巡洋艦を次々と撃沈していき、カイト艦長の戦艦にも攻撃が及び始めた。
「うわーっ」
艦長「どうした?」
部下「第一第二砲塔大破」

さらに、別のヘリから強力な魚雷が撃ち込まれる。
部下「左舷被弾、浸水しました」
部下「艦長、もうこの艦は持ちません」
艦長「分かった、お前たちはこの艦を捨てて逃げろ」
部下「艦長はどうなさるおつもりですか?」
艦長「私はこの艦と運命を共にする」
部下「何をおっしゃるんですか、ここで死んだら残された4人のご子息はどうなるんですか?」
艦長「あいつらは強いさ、頑張って生きていける」
部下「いけません艦長」
艦長「お前たちは逃げろ、艦長命令だ」

そして、追い討ちをかけるように敵のヘリから放たれたロケットが命中し、艦は大破し沈み始めた。
ブリッジにカイト艦長を残したまま。

艦長「ミクリンレン、強く生きろよ・・・・ルカ・・・ミクたちのこと後は頼んだぞ・・・」

戦艦とともにカイト艦長は海の底へと消えていった。
そして、数年後両国は疲弊の極みに達し停戦協定を結び、事実上戦争は終わった。

そして、ルカが18歳になったころ、学業と仕事を両立させながら兄の残したお金を合わせながら新しいマイホームを住宅ローンを組んで購入した。
ルカが新しい世帯主となり新しい家に4人で住んだ。
4人とも歌うことが得意で、学業を両立させながら生計を立てていた。
自家用車も購入し、また家には畑もあり、ネギなどの野菜も栽培できた。
時には、その野菜を売ったりもして生活もようやく軌道に乗り始めた。
ミクは暇さえあれば野菜の栽培に没頭、リンは仕事でプロデューサーと付き合ったりもして時にはスィーツをご馳走してもらったり服を買ってもらったりしていた。
リンは、その中でもお気に入りの服を大事に着ていた。
ゲームが好きなレンも学業の一方で歌の仕事をこなして稼いだお金でゲーム機やゲームソフトを買って遊んでいる。

そして、ルカが20歳になった頃のこと。
ルカの住む居住区全体にサイレンが鳴り響く。
「大型のロケットの飛来を確認、本区が標的と断定」
ルカの住む居住区には軍の施設があった、その施設がどんな役割を果たしていたかは誰も知る者はいなかった。

そして、それはかつて数年前に結ばれた停戦協定を相手国が破った瞬間でもあった。
突然の飛来で迎撃体制を整えるには時間は残されておらず、住民を避難させることを優先する。

地区の住人たちが荷物をまとめて次々と脱出する中、ルカたちも脱出するべく車に荷物を積んでいく。
そして、4人が車に乗るとエンジン音がうなりながら車は家を後にした。




ここまでがこの作品の全容となっている。
もともとはコミカル路線だったが最終的にはシリアスっぽくなった。
実は、一番この作品で強調したのは「強力な破壊力を持つロケット」だったりする。
簡単に言えば、グレフのシューティングゲーム「アンダーディフィート」のロケットと思えばいいかもしれない。
あのロケットが直撃すると知った敵兵の心境はどんなものだっただろうか、それを具現化してみたいとも思っていた。

そして、楽曲は珍しくオーケストラ調になった。
そして、スネアとティンパニが暴れるような演奏でパニック感を演出した。

また、歌詞ももともとがコミカル路線だったのでネタがいろいろ入っている。
ミクのネギ、レンのゲーマー、被害を及ぼす範囲をルカが歌う(ダブルラリアットみたいな)など。
それでもリンにロードローラーを持ちせることは出来なかったが。

そして、今回は動画制作を自分は担当しなかったというのが今回の作風から見て分かる。
今回は、動画をMONO-Devoidさんが、イラストを4つさんが、両名ともこれがデビュー作となる。
そして、動画の完成もとても労力を費やしていたそうである。
お二人には本当にご苦労さまと申しておきたい。


そして、今回はオリジナルユニット名義になっている。
「CV四重奏」(読みはキャラクターボーカルカルテット)、クリプトンが発売した初音ミクに始まるキャラクターボーカルシリーズのキャラ4人に歌わせるわけで、実はニコニコ動画で4人分タグで面倒を見ると10個が上限では足りなくなるのが原因で、そこで1つにまとめることにした。
ちなみに、アナウンス役にCULを使っているがCULは含まれていない。
また、楽曲自体かなり前に出来上がっていたのでギャラ子も含まれていない。

tags : ミク リン レン ルカ 

ミク×ファミマキャンペーンが始まった

グルメCM(0) TB(0)




今日から39日間限定でファミリーマーでの初音ミク5周年キャンペーンなのだが、その筆頭ともいえるはちゅねミクまんを買って食べてみた。

初音ミクまん

ちなみに、包装紙に初音ミクのロゴまで入ってます。(*≧艸≦)

お味は文句なし、80万食限定なので早く品切れになりそう。
当然、ネギが入っていないとミクブランドは話にならない、ネギ塩豚まんなわけで。

ボカロに関係したものはこのほかにもあるが、地元で扱っていたのはごく一部だけ、パイパンPのペヤングだばぁの焼そばは売ってなかったです。
あとはパンを2個、ネギみたいなパンと悪ノ娘のブリオッシュをストック。

これから先、もっと地元に入ってくれるかが心配であるが。

tags : ミクまん  

加速しようぜ、ギャラ子第1弾「Accel Spirit」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)




ボカロ正式作品50作目という節目になる今回は、ギャラ子の初オリジナル作品。
VOCALOID3の音源を使用してニコニコ動画に投稿し再生数が1000を超えた制作者へ贈られる非売品音源、最近の私の作品はどれも500再生すらほとんど及んでいなかったが、CULの処女作「Melt Future」の時、CULのコミュニティの方々の支援で1ヶ月も経たないうちに1000再生を超えるという快挙を成せた。
この場で改めて御礼を言いたい、そして今回CULをコーラスに当てたのもその意味を込めてのことである。

実は、これ以前にギャラ子向けに制作していた曲があったのだが目指したい世界観がハッキリしすぎたせいでイラストを依頼するハメになりその滑り止めで急遽新規にプロジェクトを立ち上げて制作した。
終わってみれば、今回も「機動歌姫ヴォーカリオン」をイメージする出来になった。

ギャラ子というのは、柴咲コウ・DECO*27・TeddyLoidからなる音楽ユニット「galaxias!」のイメージキャラクターだそうだが中の人は非公開、いや多分柴咲コウで間違いないと思う。
当然のことながら、あの映画「黄泉がえり」の名曲「月のしずく」のカヴァー誰かがやってくれると思ってました。




実は自分はこうも思っていた。
故・深作欣二監督の映画「バトル・ロワイアル」の相馬光子をイメージした歌とかあったらいいなとか。


では、今回の本題である「Accel Spirit」の話に。
この時期だと、「アクセル・ワールド」の影響受けてんじゃないかなとも感じたりする。
動画で、ミクとリンとレンとルカがすざましいスピードで走っているシーン、ミクのあのモジュールはブラ○ク・○ータスを意識してたりしてw。
動画のほぼ全編をプレイステーション3のビジュアライザーを使って制作し、ドリーミーシアターのブルーバックを使ってボカロモジュールを取り込み合成するという手の込んだことやってみたけど結構しんどかった。

曲としてはだが、人生の応援歌というテーマであり行動をより加速して多くの実績を残し人生の記録を充実させようという意味である。
そして、同時にその加速した動きに己が負けてしまってはいけないという意味でもある。
こうは言ったものの自分の人生はこんなのとは大きくかけ離れているのが現状だったりする。

そんな訳だが、結局最初に言ったようにこの曲は急遽立ち上げて短期間で制作、そのためそれまでに作っていたギャラ子向けの曲が第2弾になる(予定?)。





tags : ギャラ子  

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。