雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUMI誕生祭2015向けGUMI新曲「(Naked×Naked)in the Rain」、本気で抱き締めたい思いなナンバー

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)


丁度1年前のGUMI誕生祭2014作品「CHU」から丁度1年経ってのGUMI新曲。
制作期間は異常に短かっただけに今回のクォリティに仕上げられるとは考えてもいなかった。
実は、歌詞のメロディだけが出来ていて、歌詞と楽曲は完全白紙状態だった。
歌詞のメロディと今回の作品がミディアムテンポという以外は何一つ出来ていなかった。
ただ、テーマを恋愛にすることは確かだった、GUMIの作品のほとんどが実際(ベタベタだけど)恋愛だったし、歌詞を考える時のイメージは本当にGUMIちゃんを一人の生身の女の子として愛したいと言う思いがある。
今や、私の家のボカロ事情はいわゆる一夫多妻状態、それぞれのキャラクターにそれぞれの好きになる理由が十人十色のように存在していてそのイメージのまま作っている。
これがGUMIちゃんのケースだと大胆な恋をしたいという路線だ。
今作は全5作品で最も孕ませかねないくらい激しい思いを表現したものになった。

では、この曲の物語をあらすじ紹介のような形で書いて行こうと思う。

まず、今は6月である、つまり梅雨である。
当然、激しい雨が毎日のように降り、日照不足に悩まされる話は当たり前。
雨に濡れながら立ち尽くすというシチュエーションは悲しみを表現するという手法の1つでもある。
そこから、こんな設定になる。

一人の少女が孤独に立ち尽くしていた。
少女は全てを失っていて、既にその顔からは笑顔が消滅していた。
それは、彼女の過去が引き起こした因果応報が招いたことだったが、彼女はそれを分かっていたし、抜けることも出来た、でも抜けるだけの心が足りなかった。
少女は自問した、自分に、そして神様に。
何故、何の価値もない自分のような人間がこんなに素敵な体を持っているのかを。
そして、それを「豚に真珠」とまで言い放った。
笑顔を失い、生ける屍のように立ち尽くしていた彼女は梅雨の真っ只中、傘も持たずにただ大量の雨をその身に浴び続けた。

そんな彼女の元に傘をさした一人の青年が現れた。
彼は彼女にそっと手を差し伸べた。
彼の心には彼女に何かの力になりたいという思いがくすぶっていた。

そして突然彼女は彼に抱きついて思いっきり泣いた。
それが二人の出会いだった、彼は彼女を連れてその日ホテルの一室を取った。

彼女は濡れた服を脱ぎ、バスルームへと入る。
彼女は彼に一緒に入って欲しいとせがんだ。
二人とも裸になり、バスルームでシャワーを一緒に浴びると彼は彼女を自分の方に向けるとその腕で彼女を抱き締める。
少女は抱かれたその体に青年の思いを体熱という形で感じている。
お互いの感触が互いの気持ちをやがてこれまでにない幸福の絶頂へと導き、時間が止まったかのように二人は抱き締めあい続けた。
そして、しばらくして互いの体を離すと彼は、彼女の顔を見た。
彼女は微笑んでいた、その微笑んだ顔に彼は嬉しさをあらわにする。
彼女もまた、長い間失っていた笑顔を取り戻していた。
そして、二人は同じベッドに全裸のまま横たわると彼は彼女の性感帯を含む全身をその手で触れまわる。
そして、そのまままた二人は抱き締めあい、互いの唇を何度も触れては離したりする。
こうして、二人は深すぎる恋人同士となっていった。


これまでのGUMIちゃんの作品にほぼ共通しているのは一目会っただけで激しい恋仲に落ちるというところか。
それだけ惹かれていたといってもいい、そしてこのパターンは今後もまだ続くだろう。
実際、作りかけのプロジェクトにこの路線が含まれてる訳だし。

さて、そんなイメージで歌詞を完成させられたとなると、今度はこれを肉付けする形で楽曲をつけていくことになる。
このようにメロディの中に歌詞が入ることで出来上がった骨組みの上に曲を肉付けするというのは比較的楽なパターンでもあり、実際楽曲は2日で完成させることが出来た。
なので、後は動画を簡単な即席の形で作った訳だが使用しているイラストは出来るだけ枚数を抑えて作ることを目標にしていたし、今回は4枚使用したがこれが上手くバックストーリーの流れと一致する形でうまく組むことが出来た。

こうして、GUMI誕の日に曲を公開できたことを今はとても嬉しく思っている。
ただ、そろそろ巡音ルカのV4X作品をそろそろ進めたいが、ヤマハ製のエディタを買ってからの話になるかも。


スポンサーサイト

ONE唯一のヴォーカル作「Last Sanctuary-Stay Night-」、7年の時を経て初音ミクが描いた軌跡を辿る

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)



IAの妹分であるONE(オネ)の唯一のヴォーカル作、これはトライアル版であることが理由。
ただ、今後正式にスタートするかどうかがまだ未定ということであって、選択肢は常に存在している。
というのも、近いうちに結月ゆかりのヴォーカルをV4で導入することを検討しているという現状があるためでまだONEのヴォーカルとしての正式スタートを考える時期には来ていないためである。
なので、今後はトークボイス動画でまたやっていくことになるかもしれない。
ONEの導入選択肢を残しているのもちゃんと理由がある、今作を制作してみて感じたことだが今回は声質パラメーター80で制作した。
その声を聴いてみると大人の女性のような魅力を感じた、寧ろIAの妹というよりIAの姉というイメージだ。
なので、その格好良さを持ち味にしてヴォーカリストONEをやってみたいと言う願望はある。
増して、CeVIOで今歌えるのはささらちゃんだけだし。(カラーボイスシリーズの導入予定は今のところはない)

ちなみに、動画では公開していないがLilyの処女作(トライアルだが)で3年前にCULでカバーした「Real and Unreal」のONE版をSound CloudにUPしている。(3番煎じになってしまうので動画化は見送ったが今後次第では動画化もあり得る)



こちらも、声質パラメーターを80に設定してある。

こうしてみると、ONEは低音域がIAよりも強いことが感じ取れる。
それが、今後に導入の余地を残している理由である。

今回の曲は、VOCALOIDを始めて3作目にあたる初音ミクの「Last Sanctuary」のリメイクになるが、特別編ではなく正式な新作としての公開である。
実際、初音ミク作品だった当時いろいろな点で反省点があったが、始まりを速いテンポのままで始めて同じテンポでそのまま本編に入った、これが今となってはどうも納得していなかった。
今回は開始時点をスローテンポで、本編をアップテンポでという形に変更、また本編のテンポは前回よりも遅くなっているため時間は前回よりも長くなっている。

また、今回歌詞が大幅に変更されており、それが描いている展開のベクトルも前回とは異なる方向に進んでいる。
サブタイトルのStay Nightとはここでは「斜陽」という意味としている。
最後のシーン、ミクの場合は民族衣装を身に纏って荒野でも生きる可能性を決して捨てないという締めくくりとした。
では今回のONEの場合はどうか、今回はラストシーンでONEがナレーションもやっているが、探していた目的地は自ら骸にならなければ見つからないと言っている。
つまり、次に探している目的地の途中には生死の境界線があり、これを越えなければならない、それは生きて次の地を探し当てることは不可能、すなわち「死」しかないという意味だ。
そして、ONEは潔く死を受け入れているのである、ここがミクの時の展開と大きく異なる点だ。

もう1つは動画面だ。
当時、VOCALOID初期は4:3の画面比率、旧式のWindowsムービーメーカーを使用、mp4での投稿が未実装、画質が粗いなどいろいろあった。
実際、ニコニコ向けの動画エンコードは困難を極めた、そしてzoomeがオープンしてからはzoomeにアップロードして自動的に変換されたmp4を落としてからニコニコに転載する手法を取っていたが、ミクのLast Sunctuaryはzoomeのオープン前のことだったので画質も荒かったし、イラストは黒帯が無駄に多かった。
今では、MikuMikuDanceやVideoStudio、最新式のAviutlと最適なエンコードテンプレートを活用しているため当時とは比べ物にならないし、16:9のHD画質も当たり前になった。
今作はMikuMikuDanceを主に使って制作し、途中の動画も60フレームで制作している。
何よりも今回は歩くモーションにも挑戦してみた。
もともと、ノラ氏が制作したモーションを使用しているが、これをちょっとアレンジしてさらにゆっくり歩くという風にしてみた。
そのまま流用して再生速度をビデオスタジオで変更する手法を使ってしまうとレンダリングでの負担が増える上にフレームレートもダウンしてしまうため、歩くのに必要な動作のフレーム配置を横に広げるような形で変更することでこの問題をクリアー、ゆっくり、そして60フレームの滑らかな動きでONEがゆっくり歩くという表現が出来た。

設定の話に戻るが、元々このLast Sanctuaryのリメイクは当時の前作の投稿を完了してから既に構想があった。
ただ、当時は演奏形態を変えるだけのものであって基本何も変わっておらず音源のみの公開のつもりだったがいろいろやっているうちにこの構想は消滅していた、それが再び復活して、設定に変更を加えたりして出来ないかと考えていた。
そして、どうせだから主人公も変えてONEを当ててみよう(トライアルの期限の話も少なからず影響したが)ということになり、ONEのオリジナル曲として再び制作することになった、といっても元のMIDIデータはほとんど弄ってない、ただ当時はSC-D70音源だったのがSD-50音源に変わっていることと音階が4段下がっていることくらいか、ちなみにこの音階が本来の音階だったが初音ミクの頃は全て設定で4段上にずらして録音していた、これはミクの特性に配慮したためでもあった。
あと、当時はコーラスを入れると言うことをしていなかった、私の作品でコーラスパート入れたのは10作目の「真夏のHappy New Year」からだった、今作は勿論コーラスを新たに入れたが当然姉のIAにやらせた。
ただ、音階が低いうえにONEよりも高音域を得意としているIAに低音域でコーラスをやらせてみたが成功したとは言い難い結果になってしまったのは何とも皮肉だ。

とりあえず、ヴォーカルとしてのONEはひとまずここまでとするが今後未定ではあるもののいつかはヴォーカルとしての表舞台に立てる選択肢は残しておきしばらくトーク面でまた活躍してもらうことにしようかと。
でも、もっと関心があるのは生のONEさんの顔が見たいってところか。


現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。