雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の初音ミク生誕曲は2曲、「愛しさは海をこえて」「STORMY SEAS」秘話

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)




2007年8月31日から丸8年、今年も初音ミク生誕記念作を制作し投稿した。
そして今年は2作品を投稿、前者の1曲が自分のオリジナル、後者のもう1曲はコラボという豪華なものとなった。

まず、自分のオリジナル作品である「愛しさは海をこえて」から。
ミク生誕では珍しく恋愛ものとなった、2年前にさとうささらと共演した同性愛ものの「失意のコンフリクト」と違って今作は彼氏がいるという純粋な恋愛設定。
そして、なにより強調したかったのがアペンドミクの出現と共に貧乳キャラから卒業しつつあるミクをイメージし、体が成長していく、そして胸が膨らんでいくという表現だ。
実際、イラストの順番はそれを考えたもの、途中学生を卒業するという回想シーンが挿入されているが、基本的には物語が進んでいくうちに徐々にミクの胸が膨らんでいくというものになっている。
同時に、好きな人への思いもまた膨らんでいき遠距離恋愛に時を費やすことをやめて自分で彼に会いに行く、そしてずっと一緒にいる、それが例え死と隣り合わせの場所であろうとい続けるという内容だ。
実際、この作品で思い浮かべたミクの姿は本当に好きで好きでたまらない女の子そのものだった。
本当に海の向こうで再会したら激しく抱き締め合って何度もキスをして毎日夜が明けるまで抱き締めたまま眠り、そしてまたキスをする、そんな毎日を繰り返した後は大体想像できるだろう。
実際、最後は花嫁で締めくくっていることから彼女は再会を果たしてやがて愛した彼の妻となっているという結末は容易に想像できると思うし、それから彼女は少女から大人の女性、そして母なる女性へと変わっていくのだから。

歌声はミクDarkを選んだが、この歌声が清楚で優しくて大人っぽいという魅力を感じることから最近は多用傾向にある。
昨年の「Chase the Eternity Love」も複数の歌声を使っているとはいえDarkが主流になっている。
VOCALOID2の初期時代とは比べ物にならないミクちゃんの魅力、そうしてこの曲に塗り込めた物語は出来上がっていった。
実際、歌詞を考える時にそれだけ「好きで好きでたまらない」という気持ちをミクちゃんに当てはめていたから歌詞で苦慮することはあまりなかったが。

曲では「海」というキーワードが出てくる、昨年に同じようなシチュエーションの作品で「蒼空ジャンパー」という作品があるが、あちらは空を飛んで越えていく内容なのに対し、今作の「愛しさは海をこえて」は海を渡るという陸地側から海を越えるという内容、そして願いが海を越えられない=海の藻屑と消えた願いという表現になった、また途中でミクが海中にいるという表現が間奏で出てくる。
この間奏はループウェアから構成したものにMIDIを足して作ったものだが間奏が歌っている時とは全く異なるものにするという手法もアリということでこちらは動画面でもリンクするように考えた。
今作の動画はWindowsエッセンシャル2012パッケージのムービーメーカーを素材用に使用しており、回転やうねうねといった機能はを使って少し凝ったものにしてみた。
間奏部分の海底を思わせるシーンもこれを使っている。

ちなみに動画はこちらの方が後から完成した、というのももう1作はコラボで動画も依頼しているため時間に余裕を持たせることが重要となるためだ。


そして、そのコラボであるもう1作のミク誕作品



「STORMY SEAS」、多分自分では作らない部類、「強くなれ」ってところがそうだけど。
だけど、無双コラボ作だと戦場で戦えっていうメッセージの曲になったりしてるからその辺はちょっと矛盾している。
今回は久しぶりのコラボ曲ということで誰が歌ってもよかったけどミク誕にしてみたいということでミクをチョイスしたのは私である。
作詞の真輝さんと知り合ったのは、えっぴ氏の「Cherry Kiss Baby Kiss」という作品を通じてのことで、これを機に私としてもコラボをしてみたかったという思いはあったけど、本当に実現するとは思わなかった。
今作もいつものアップテンポなダンスポップに仕上げたが、同時公開の「愛しさは海をこえて」と同様にミクDarkで制作した。
実際聴いてみると、あんな可愛くておとなしそうな歌声が何故か激しいダンサンブルと見事に融合しているではないかと自分でも驚いている。
そして、この作品では作詞・作曲・動画・イラストの4つのパートを全て別々の人が担当するというかなり豪華なコラボとなった。
この動画を担当していただいた柊木さん、イラストを提供していただいたdarmanさんにもこの場でお礼申しあげておきたい。

このように、今回はミク誕曲を2曲公開するというかなりの太っ腹ぶりだが逆を言うと今年の夏は入院が響いて何一つ思い出を残せなかったという後悔の念が離れない。
七夕まつりに行きたかった、花火大会に行きたかった、進撃の巨人展にも行けなかった上にチケット代2700円を無駄にした、本当に悲惨な夏だったし、外出できるようになってみると夏が終わってもいないのに秋雨前線が現れて九州で停滞しつづけるという、あまりに悲惨な今年の夏だった。
だから、みんアレにもボカロ曲BPM170祭りにも参加することでゼロな気分だけは避けたかったというのもあるが、みんアレについては次回語ろうと思う。
スポンサーサイト

「Cry Moon」結月ゆかり処女作は失った後という癒せない悲しみを歌う

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)



そういえば、終戦から丁度70年目の終戦記念日、かつてはカゲロウデイズの日とも呼ばれたが、そんな今日に戦争ともいえるテーマのボカロ曲を書き、アップロードした。
実は、この時自分は療養の身でもあり食事制限付きの生活を送っている。
というのも、9日前から1週間入院していた、大腸内憩室炎という病気で相当酷かったようだ。
入院中は点滴の針が腕に刺さったままでずっと絶食生活を送っていた。
夜色さん、しっかりして下さいよ byルカ
ベッド生活はどう byミク、困っちゃったわね byリン

その間は持ち込んだPSVitaで、ついこないだ発売されたIAちゃんのリズムゲームをしたり、テレビを見ていたが放送内容はまさに飯テロの目白押しといわんばかりだ。
そしてこの時期が最悪だった、地元の七夕祭り3日間と花火大会をまるまる呑み込んで、しかも9.日には大分県立美術館で開催中の進撃の巨人展に行く予定でもありその前売り券も買ってあった。
夏のイベントオールキャンセルと前売り券代2,700円がパーという悲惨な結果を招くことに。
この夏、失ったものは計り知れないが、それが背景にあったために今日までに新曲を仕上げて投稿へと結びつけた。
というのは、ボカロ曲170BPM祭りというイベントが告知されていて、開催が今月17日からだった。
だから、せめてこのイベントだけでも参加したかったという思いがあった、でないと本当に何も出来ないまま終わるというのが自分の中で苦痛を超えたやり場のない悔しさで憤死しかねないことになりかねなかったから。
実際、この楽曲はそのイベントに参加するための曲ということで、退院後の3日間で完成させた。入院前にある程度曲は出来ていたがそれを仕上げるのに安静の合間の余裕を活用しての作業だった。
幸い、寝床とPCが1つの繋がった配置になっているために楽に行えたのは事実だったが。
今も、食事制限付きの療養生活中ということで。

曲についての話に移るが、入院中にテレビで戦後70年をテーマにしたドキュメンタリー番組をいろいろ見たのか、考えさせられることがあった、それが理不尽に大切なものを失うということ。
原爆投下やB29による空襲という過去は子供の頃絵本や図鑑でもいろいろ目にしてきたが、今となってはそれによって奪われた、失った日常、友人や家族や自分の家など、それを考えるとやはり胸中はあまりにも痛々しい。
そういえば、自分の代表作の呪界もよく最初の爆発シーンが原爆投下とか言われることがあった(実際は違うのだが)
ちなみに、今回の「Cry Moon」での廃墟となった街というのは過去の原爆投下の話ではなく戦時中の話でもない、しかし戦争が背景にあるという設定は存在する。
結月ゆかりはここではそんな街の消滅でただ一人生き残った存在に位置しているが、同時に希望を失った少女である。
恋人がいた、仲のいい共に生を営む人々がいた、自分の住む街も家もあり笑顔で満ちていた、なのにそんな街が一瞬にして爆炎に呑まれ、みんな跡形もなく消えた、建物も崩壊した、一人だけ生き残ったがどうしていいかも分からない、何より恋人を失った、彼女にはもう希望なんてない(ここには夢がちゃんとある♪(希望はありません)なんてレベルじゃない)。
そして、もう1つの要素が「月」、悲しみを照らす月、かつてMEIKOオリジナル曲の「Tear's in the Moonlight」という曲にも出てきた設定だ。
その月の光は少女を照らす、それは同時に月は少女の涙を拭いているのか、それとも月もまた悲しみ泣いているのかという表現をした、今作の曲のタイトルの元になったシチュエーションである。
こうして、今回は失った悲しみを前面に押し出した形であるが、今後リアルでこの光景が現実化しないことを望もう、そして祈ろう。

初めての結月ゆかりオリジナル曲であり、VOCALOID4としての初めての作品となったが、今後は先行して導入していた巡音ルカのVOCALOID4曲もそろそろ完成させておきたい。
もちろん、病気を治してどんなものでも食べられる体に戻ることが最優先ではあるが。


現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。