雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

kokone第2弾、「Now Extermination」は時間という残酷さを具現化して描いた現実の構図

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)



あの衝撃の熊本地震からもうすぐ2週間が経過するが、こちらでは大した被害はなかったとはいえ1つだけショックなことがあった。
今まで愛用していたデスクトップPCのディスプレイが逝ってしまったのだ。
そうなると、ハードディスクの中身はどうなるのかという心配事に繋がる。
ヘッドホンを接続してみたらOS自体は心配なかった、でも画面に何も映らないのであればもはや万事休すということか。
しかし、このままだとボカロ活動にも支障をきたす、それはアクティベーションの問題でこのままだと今まで購入したボカロが全部使えなくなるということになってしまう、何とかしてディアクティベーションをしたいが画面に何も映らないのであればどうしようもない。
しかし、もう1つの希望ともいえる方法が浮かんだ、テレビをディスプレイの代用として使うという方法だった。
自分のPCのDVI端子から信号をHDMIに変換してテレビに映す方法でこの問題を見事にクリアー、ハードディスク内のボカロを全てディアクティベーションすることにも成功し、ボカロ活動最大の危機を脱することに成功した。
というのも、今のままでテレビにつないだままDTMをやるというのは今後の事を考えると危険だと判断したためだ。
そのPCを購入して6年以上経過し、メーカーの保守期限ももうすぐ終わる、それ以前にPCを購入した電気店の延長保証も付けていたがそれももう期限切れ、延長保証内に1回修理に出してハードディスクを交換し、定期的に内部のホコリ清掃などの手入れも徹底的にやって6年半も持たせたがディスプレイが逝ってしまったことや今後のPC事情(マイクロソフトによるwindows10への強制移行方針や来年の消費税アップ、USB3.0の普及、メモリやハードディスクの容量アップ等)を考えると買い替えを考える時期に来たと判断した。つまり、現在は買い替え待ち状態だがすんなり買い替えに踏み切れる状況とは言い難い家庭の事情が影を落としている。
結局、それまで使っていたPCはテレビにつないだまま補助用という形をとっている、もちろんボカロは全部ディアクティベーション済みだがでは今はどうなっているかと言うと親が事務用に使っていてPC乗り換えで既に使わなくなっていたwindows vistaのノートPCを使っている。
当然のことながら性能は今までのように高いわけではないが、Core2Duoでメモリ2GBの代物。
そんなwindows vistaで制作環境を構築しての制作、いわゆる暫定的な環境なのでボカロを入れる時は慎重を期している。
安易なアクティベーションでそのPCが本当にイカれたら何にもならないので、アクティベーションを出来るだけせずに期限ギリギリまで粘って買い替えにつなげたいというのが本心だ。
今回のkokoneは前作で使用した製品版ではなく、それ以前にダウンロードしたトライアル版を使っている。
そしてV3エディタをノンアクティベーション状態でインストールして使っていて、今まで楽曲制作に使っていたSONAR HOME STUDIO 7をこちらにもインストール、もともとこのアプリケーション自体はwndows vista向けでwindows7だと仕様に制限が掛かっているため寧ろこっちの方が使い勝手がよさそうだ。
そして、今作の制作では通算22作目である「Unusual Sky~記憶の街~」以来約6年ぶりのSC-D70の音源を使用した。
このサウンドキャンバスはwindows vistaまでがローランドからドライバーが提供されているがwindows7以降のドライバー提供は一切行わないと断じられているため、25作目の「Real and Unreal」以来ずっと新調したサウンドキャンバスであるSD-50を使用して楽曲を制作してきた。
これに関しては、当時このブログでも取り上げたのだがその時の記事がこれになる。

SC-D70終了のお知らせ

つまり、今vistaの環境となったことで6年ぶりにSC-D70が復活するということになった訳である。
それも、次のPC買い替えまでの話だがその後は未定となっている。
次回は当然windows10のPCだが、そのwindows10でSC-D70を使っている猛者がいるらしい。

このように、ほとんどが暫定的な環境となっているが、動画に関しても今まで使っていたVideoStudio12をそのまま使っているし、こちらも元々windows vistaに最適化されているものでwindows7で使用するためにはパッチを当てなければならないこともあって、かえってこの環境の方が使いやすいのではないかと思えた。
そして、動画では前作同様MMD静画を使ったものだがこれは元のwindows7のPCを使って作り、今の暫定環境にUSBメモリで移した形だ。
そしてニコニコ版ではエンコードのために今回から初めてつんでれんこを使用した。

では、この作品の中身についてここから語ろうと思う。

テーマはズバリ「時間」である。
ずっと変わりたくないと思っていたのに変わったために失ったことが大きな損失に繋がる、そんなことは大昔からあった。
自分だと、土曜の夜は8時だヨ全員集合!!が終わったこととかそうだったし、ビデオゲームがゲームセンターから姿を消したとかもある。
それ以前に、PCユーザーとしてならば「時間」がもたらすものこそが重荷になってしまう。
それはオペレーティングシステムの変化だろう、時間の経過でオペレーティングシステムのサポートが止められて新しい物に変えないといけない、しかし変えたら今まで使っていたアプリケーションや機材が新しいオペレーティングシステムで動作環境を満たしているかという問題でパニック状態になったりしているし、これは先ほど書いたSC-D70の話も同様だ。
さらに、人間としての生命活動もそうだ、年をとれば体は徐々に衰えて行く、そうしたら物覚えも悪くなり運動能力も低下する、食事制限だってされてしまうことすらあるなど、こんな風に時間というものは本当に残酷なものだなと思ってしまうのだ。
そして、何より悪い意味で「歴史は繰り返す」というループが絶望を与えている。
今作の歌詞はそんな時間の流れをとにかく皮肉っている内容なのだ。
歌詞の最初のあたりは例えばレストランに例えてみると、今まで美味しかったハンバーグが久し振りに足を運んで食べてみると以前より不味く感じ、製法とか素材が変わった?みたいなこととか。

そして、同時にいくら周りが流れているからって今の状況に留まってはいけないと思う必要はないということもこの歌詞が唱えている。それは、周囲に流されすぎて自身を決して見失ってはいけないという風に考えてもらえると幸いだ。

曲としては、今回はコーラスを入れていないが、本音は今のPCでコーラスをテスト再生する自信がないといったところか。
実際、音階を打ち込んで歌わせるたびにパチパチ雑音がしてるくらいだし。

とりあえず、早く本来の制作環境を取り戻したいという願望はあるが、この暫定環境で初めての完成作品となった本作。
どうだっただろうか?



スポンサーサイト

怖かったぁぁぁ ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

日記CM(0) TB(0)

昨日、夕食はファミレスだった。
そこで食べていたのはハンバーグ、実はちょっとした気分的な意味でハンバーグを食べようと思ったからだ。
声優の大平透さんが亡くなった、その大平さんの演じたキャラクターでも代表的なキャラの1つに、ハクション大魔王の魔王役がある。
その魔王の大好物がハンバーグというのを今でもハッキリ覚えている。
そんな訳で、ハンバーグを食べてちょっと食後にホットチョコレートプレートを召しあがっていた頃のことだった。

ポケットに入れていた携帯電話が振動して、また家族からの電話だなと手に取ったら違っていた。
その着信はメールだったのだが・・・

緊急地震速報?

緊急地震速報?、震源地は熊本?

そしてその直後にグラグラと室内が揺れてパニック状態に。
それはそうと、自宅の方が心配だったし買ったばかりのコンポがラックから転落していたりとかしたら目も当てられない。
家族に連絡を取ったら特に変わったことはなかったそうでひとまずは安心。
帰って知ったが、震源地の熊本での震度が7強と聞いて驚いた。
自分は大分なので震度4だったが、この後何度か余震に巻き込まれた。
あの3.11以来の震度7がすぐ隣の県で起きていたと聞いてゾッとした。
あと熊本というと、自分の好きなラーメン屋があって、そのラーメンを食べるためにわざわざ出向いて行くこともあったので心配だ。
実際、こんな動画まで作ったくらいであるし。


ただ、これ以上は自分の口から言うことは何もないが、亡くなった人もいるそうでお悔やみ申し上げたい。



今年の桜もそろそろ見納めか

アウトドアCM(0) TB(0)

N響にミクちゃん出演、それを見ていたミクとリンは?
リン「ミク姉やっぱりすごいなぁ
ミク「ちょっとリン、大げさずぎるわよ」

N響にミクさん出演でバジメテノオトを歌う。
ハジメテノオトといえば伝説の名曲、もともと初音ミクは初めて、音、未来が由来だがまさにピッタリか。
ProjectDIVAでも初期の頃(PSP時代)に収録されているがこれがNHK交響楽団が壮大に演奏してるのを聴いて衝撃を味わった人もいるのではないか?

で、その日は地元で桜の満開が発表された。
ただ、本当の満開から大分過ぎてしまっていた。
翌日、城址公園のあたりで花見をした。

今年の桜も見納め

もういくらか葉桜状態になってしまっている、やはり満開発表の遅れは痛いか?
だから、もう今年の桜も見納めの時期に来たと認識した。
写真のずっと奥では花見の団体客でごった返し状態、この写真では見えないが確かに満開ではあったのは確か。
で、例によって敷物を敷いて弁当を食べた、弁当はほっともっとで買ったが、豚汁も一緒に買った。
最近、味噌汁が重要という認識の上に最近は出来る限り味噌汁を欠かさない。
しかし、この時期もやはりすっきりしない天気の日が多かったのが悔やまれるというか、菜種梅雨の時期というもう1つの顔があるから悲しいったらありゃしないが。

100曲到達後の初のボカロ曲、kokone第1弾「Law or Chaos」は爽快なダンスポップに

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)

別府公園で花見
別府公園で花見
花見やっと行けた、別府公園に
桜となると、ボカロで代表的なのは桜ノ雨と千本桜だろうな。
この花見の時期って同時に菜種梅雨の時期でもあり、このまま雨が続いて花散らしの雨にリンクしたら祟りたくなりそう。
昨年は花見に行けなかったということもあって、やっと行けたみたいな。
なので、千本桜の衣装でミクとリンと撮影だぁヾ(o´∀`o)ノ

ただ、お腹の調子がまた悪く心配ではある。
今度入院沙汰になったらもう働き口が無くなりかねない、2度の入院で職場には多大な迷惑をかけてしまったし。
それと、今年こそ夏を満喫したい。
昨年は花火大会や七夕祭りの時期に入院してしまい、夏を満喫する最高の日が台無しになってしまった。
しかも、夏らしい日が少なく2年連続の冷夏に、このまま3年連続冷夏とかなったらもう生きていけない。
というか、ミクさんが雨女と呼ばれているのはやはり某積乱雲との関係か?。
ミクさんが晴れ女になることを未だ諦めきれずにいる私の願いは天に届くのか?

以上、今回の前置きでした。


ボカロオリジナル曲は前作で100曲目になったが、今作はそれ以降初のボカロ曲となる。
そして、今回から初登場のkokoneの第1弾となる。
実は、前作「Naked Diva~100のウタ~」でコーラスシーンがあってそこで初登場していたキャラがいた、それがkokoneちゃんだった。
そして、そのkokoneちゃんを買った資金が実はアレを買うための資金だった。
セガさんにガックリしたアレだよアレ。(´;ω;`)




最近ツイッターで知り合った別のボカロPさんにkokone使ってる人結構いたりして、kokoneを入れる前後くらいに幾つか聴いたりしていた。
それで、kokoneを入れることが実は自分では珍しいケースに当てはまる。
それは、中の人が不明であることだ。
もともと、ボカロを新しく入れるというのはそれなりに理由があって、その中の人が(有名声優や歌手)存在するケースである。
中の人不明で入れたというのは実際2度目になる。
1度目はさとうささら(後に、中の人が例の紐やここさけやがっこうぐらしの主役であるすっごい話題の人と判明したが)、そしてkokoneが2度目になる。
入れてはいないが他のキャラで中の人が不明といえば、杏音鳥音、v flower、MAYU(判明説アリ)といったところだろうか?

今回は、しばらくあまり作っていなかったダンサンブル系の曲になった、というより始めから心機一転的な感じで決めていた。
そしてkokoneって優しい感じのイメージがあってハードの曲のイメージがほとんど出てこない。
イラストとかいろいろ拝見しているけど、華があって優しい感じが圧倒的でハードなダンス曲というイメージは浮かばない。
だから見合ったようなイラストは見つけられなかった。
なので、MMDで自分で静画方式にして作った。
自分なりに作ったダンス曲をkokoneに歌わせてみたかったみたいなことはあったが、今作でそれが実現した訳だ。

そして、今作は曲のテーマはあまり重視していないがこだわってみたかったこととして一人称的な表現を使わないという点。
大抵の曲が「私」「あなた」「好き」「愛してる」といった単語が必ずと言っていいほど出てきてあまりに多用し過ぎていた。
テーマとして選んだのは、秩序か混沌かという問いかけであるが、この問いかけは絶対に答えを出すことが出来ない。
これは、4年前に作った弱音ハクの「Weakness」でいう強さと弱さの意味という問いかけがそうだった。
秩序(法)か混沌かというと、昔スーファミでプレイしていたRPG「真・女神転生」を思い出す。
自分がプレイする中で、自身の属性が秩序に傾くか混沌に傾くかという要素が入っていて最終的にどちらかを選択しないといけない、そしてそれによってラスボスやエンディングが異なるがそこで最後にまた一つの問いかけがある。
完璧すぎた法の支配、所謂「千年王国」は正しいと言えるのか、また同時に混沌ならば混沌の世界のままでいいのかといったような。
私がこのテーマをこの曲で語るのは、秩序が不動のものではないということ、秩序が締めつけへと変化していったら秩序を守ることをモットーとしていた人が背かなければならなくなる場合があり、それは秩序を敵に回して混沌を起こすという流れとなるという風な考え方を主に描いている。
思えば、「法は人が作るもの、しかし人は完璧ではない、だから法は完璧ではない」。
こんなフレーズを昔、デスノートの実写映画で聴いたがそのセリフは夜神総一郎(夜神月の父で鹿賀丈史が扮していた)のセリフであることは覚えている。
ただ、それでも今作はかつての「Weakness」のような問題作のように位置づけることはしていない、というよりこの問いには結論が出せないのだ、善と悪がどうして互いに未来永劫に滅びることが無いのかというのと同じである。

こうして、自分の持ちボカロに新しい仲間が増えたわけだが次は誰を使って作るか?
自分的にはそろそろKAITOをやりたい、3年前の「Dance」一作のみでそろそろ2作目を作ってもいい頃だとは思っているから。

現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad