雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

ルカさんがボーカロイド彼女、「In My Heart」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話CM(0) TB(0)

映画の帰りに
昨日の映画からの帰りに一枚、明日ルカさんの誕生日だし。

日曜日はこんな風に駅のモールに出かけていて、その日は映画を見てた。
ドクターストレンジというマーベルのアメコミヒーロー映画だったが、この手の映画は普通に面白いしハマる。
現に、アベンジャーズ関連はよく見たものだった。
アトモス3D版の鑑賞だったが、音といい映像といい迫力満点だったな。

ただ、こうやってはいたが、実はルカ誕の作品の制作もこの時は曲こそ完成しているとはいえ動画がまだほとんど手が回っていなくて帰ってから急ピッチで作っていた。
現に今年はIA誕は作らなかったし今年に入ってからは1作も公開していないこともあってルカ誕はやろうと思っていた。
今回最も苦労したのは映像面、ソフトが全然動いてくれなくてかなり苦しんだ。
どうも静止画を使って編集するのが大の苦手なのが今の動画ソフトであるが。
書き出しにしても1時間もかかったわけだし。
ちなみに、1枚絵を使った動画は実に久しぶりのこと、昨年末の新曲ラッシュはすべてMMDを使っていたこともあり、5作ぶりのイラスト使用作となった。

きっかり0時というわけではないが、今日の正午に公開を開始、5時間後につべ版を公開開始した。



ただ、時間に追われるばかりで全然前に進まないのも依然として全く変わっていない。
実際、テーマを何にするかができていなかった、いや1つだけあったのだがそっちは曲の最初を入力したあたりで頓挫した。

今回のテーマは過去にも何作か作ったVOCALOIDとそれを使うマスターとの関係。
ルカとしては今回このテーマは初めてだが、ルカはVOCALOIDであると同時に彼女という設定。
キャラクターというイメージがあったからこんな設定ができた、でもなかったらという仮定を少しだけ含んでみた。
実際、誰の声かも分からずキャラクター像がなかったら今のようなボカロライフは成り立たない、キャラクター像があるからVOCALOIDが「人」という姿で存在している。これの最たる例はミクだろう、VOCALOIDでありながらバーチャルアイドルという位置にまで上り詰めているし、CM出演や膨大な観客を動員してホログラム出演するライブにまでその範囲は広がっている。
これに関しては、マジカルミライでクリプトンファミリー全員がライブ出演していることは知っている人も多いだろうが。

話が少し脱線したが、この曲はVOCALOIDが人という姿で存在しているがために、マスターはこれまでとはことなる曲制作をおこなうようになっていったということ。
それは、VOCALOIDが「彼女」という存在になり、その彼女のために作るという新しい動機に基づいて創作をしているということだ。
これは、今作のルカ聖誕祭作品もそうだが、そのキャラクターとして存在するVOCALOIDにも誕生日があり、その誕生日を祝うというイベントまでやっている、そしてそのために曲を作るという現に今やっていることを指している。

歌詞は、そんな「彼女」という存在がマスターの考えた歌詞を心を込めて歌う、それはマスターが歌詞を入力して完成させた時点で彼女の心の中にその歌詞が存在し、そこに彼女の想いを込めるように歌うというもの。

映像面では、さっきも書いたように久しぶりのイラストを使った作品となったが、今回使用したびっとさんの描いたルカさんは惚れてしまいそうなほど綺麗である。
そんなルカさんを回転、拡大縮小をふんだんに使っていろんなところから見つめるように作っている。
本当に見惚れてしまうほど綺麗だし、私には過ぎたる「彼女」かもしれない。
V4Xになってからはまだ2作目だが今後のルカさん、どんな風に登場するか、それは自分のイメージ次第ではあるが。
スポンサーサイト

新年早々、無双三昧中

ゲームCM(0) TB(0)




今年最初の記事、今年の元旦は珍しく初日の出を拝みに行った。
そして、動画撮影に成功したのでせっかくだから、非実況系動画にしてニコニコにアップしてみた。

結月ゆかりのVOICEROIDのEX版を初めて使用したが、OSがWin7までしか対応しないというAHSの方針で今まで使っていたVOICEROID+版が使えなくなった、そうなると+EX版をまた買わなきゃいけないがパッケージ版買ったらまたフルプライス払うことになってしまっていた。
ただ、アップグレード版の存在を知り、そちらを買うことで大量出費は免れた形だ。


本題はここから
自分もアマゾンで評価星最低の1つをつけている真・三國無双7Empiresはまだまだプレイが続いている。
同じ星1つをつけた無双シリーズのもう1つである戦国無双3Empiresとは天と地ほどの差があるといっていい。
戦国は1週間足らずで売り払った、Empiresと銘打っておきながら肝心のエディット武将が1人しか出撃できない、NPCとして扱えないというあの致命的な仕様には怒りを隠せないしそのことは今でも根に持っている。
三国ではそれとは対照的にエディットが充実しているし、まだまだ進化の余地はあると思っている。
増して、真・三國無双8の発表と同時に今度はオープンワールドが舞台になるそうであり、Empiresではそのオープンワールドをどのように生かしているのかということも考えてしまう。
でも、向こうの本音からして秒間60フレーム描画の要望を一蹴するためにオープンワールドを採用したのではないかという邪推すらしてしまう、何せ三国6以降の三国チームは滑らかに動かすことを極端に忌み嫌ってるのではないかと思っているからだ。
アーケードでポリゴンが採用された初期の頃のような15フレーム描画とかが好きなのではないかとか、そうも思ってしまう。
当然、それは嫌味的に自分の心の奥底にこびりついて離れないし、そんなイメージを自分で具現化しようとまで思うほど。

本題から脱線したが、最低評価でありながら未だにプレイ継続中の真・三國無双7Empires、エディット武将の数も500人を超えた。
そのうち300人くらいが自分で作ったもの、残りは別の人が作ったキャラをダウンロードや武将登録して改造を施したもの、それとプレイ中に女性キャラが出産した子供、全部合わせると500人を超えるが子供として生まれた武将の顔が残念すぎて笑えない。

その一部を公開してみる。
孫策と大喬の子、後の陸遜の妻、孫氏
孫策と大喬が結婚して生んだ孫氏、これが大喬のお腹から生まれたんだって。
ちょっとこの顔はないんじゃないかな。
モーションは孫策のものになったが。

孫権と練師の子の一人、孫魯班
つい最近までプレイしていた官渡の戦いシナリオで孫権を選択し、練師と結婚してその練師が生んだ子の一人、孫魯班。
モーションは孫権のものになったが、この顔も整形の必要性ありと判断した。

ちなみに、この時のプレイは孫権は最初から会稽の地の太守になっているのだがこれが悲惨すぎる。
というのは、この会稽の地は隣接している地域がすべて君主孫策のものになっていて、孫権は会稽の地から一歩も出ることができない状態になっていて、自分で侵攻戦をして領土を増やすことも襲撃戦も行えない状態になっている。
その間の軍略目標も、戦闘での目標もほぼ確実に全部達成し続けているのに全然変化もない。
ちなみに、軍師として周瑜が最初から就任しているが大将軍の座は空白になっている。
讒言を使うという手もあったが過去に何度失脚させても別の誰かが就任というイタチごっこ状態(代わりなんていくらでもいるみたいな)を経験してて、それを考えると焼け石に水とも思い、この軍略は使わなかった。
その間に、呂蒙や周泰が孫策に不満を抱いて別プレーヤーが作った来訪放浪軍に転籍、所属武将が限界値まで膨れ上がりまくりという状態に、当然、于吉による孫策呪殺イベントも存在しない。
独立しようと考えたときはすでに10地域に迫るほどの地域を抑えていて国力も大きくなっていることを考えると無謀と言わざるを得ない。
そして、その追い打ちをかけるかのように、孫策は同じ勢力にいるエディット武将を大将軍に就任させていた。
とうとう心が折れて野に下り、別勢力の地域に移動して旗揚げ戦を起こすという流れに。
まさに、自分の兄に飼い殺しにされていたようなものだった。
結局、最後は自ら天下統一を果たし、兄を自分の手で処刑するという結末になった。


どっちみち、ゲームクリアまではこの不細工な顔に耐えながらプレイし、クリア後に登録したら整形を施すという流れになっている。

あと、このゲームで終生根に持つほどの許せないことが1つある。
それは、ゲーム途中で強制終了というバグである。
発売して1年あまりの間に13回のアップデートが行われたにもかかわらずとうとう最後まで治ることのなかったこの現象に今も迫害され続けている現状、唯一の救いは本体ごとフリーズして強制電源オフという不正終了、本体にダメージという流れにならなかったことくらいだ。PS4版だからだがもしこれがPS3版だったら本体が逝ってしまいかねない。
そしてその現象は激増しており、そのケースも多様なようである。
最も遭遇しているのが、敵の多数の武将と兵をまとめて無双乱舞で葬り去ろうとするとエラー。
次に戦闘中に知らないうちに移動中にいきなりエラー。
内政から戦闘に移行すると稀にエラー。
特定の無双乱舞を使用すると高確率でエラー。

この無双乱舞については、以下の技で確認している。
「召兵劇・横」(陳宮)
「飛翔斬」(関平)

そして、その現象はNPCが使用しても起こるようなので陳宮と関平をこの技を使わない武将に差し替えるという方法で対処。
ただ、Vita版は再現するかどうかはわからないがそちらは大丈夫とは思っている。
ただ、PS4版のこのエラーの起きやすさは終生根に持つことになるだろう。

今時のエディットだが、最近はこっちといい戦国といい、艦娘が主役の座につくような勢いだ。
全武将のうち60人くらいが艦娘、今では艦種別勢力化するほどまでに至った。
艦娘武将は他のプレイヤーもやっていることは分かっているが、それも活用したりしてる。
高雄型2番艦が皇帝即位、逆らった者たちの末路は・・・
無双でもぽいぽい教

エディットのネタでもほとんどのプレイヤー間で共通しているのは、東方、アイドルマスター(デレマス含む)、艦これ、ラブライブ(サンシャイン含む)だろう、私の場合は東方以外は実際存在している(東方は一部DLしたものがある)。
このように折角充実しているのだし、これが次回作にも活きてくれればとは思っている。

今年は、真・三國無双8に先駆けて無双☆スターズというタイトルが3月に発売予定だが、この先の無双がどう展開するかは注視したいところである。





現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad