FC2ブログ

雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
25
 
新作公開から6日経過、今日はフードコートでまた食事したが、席を確保するのが戦場並みにしんどかった。
考えてみれば、春休みに突入していたことを忘れていた。
家族連れが多く、1つの席を確保するのにかなり苦労したが、やっとのことで確保したところで昼食。
豚屋とん一で初めて唐揚げ定食を注文したが、あまりのボリュームで自分の体がまた心配になりそうなくらいだった。
まぁ、1度くらいは試しに食べたいと思っていたし。
大抵なら、トンテキとかとんかつをよく注文したりしている。
流石にあれだけ食べたら歩かないと体が納得しないので、3000歩ほど歩いた。
ちなみに、自宅からすべての移動を徒歩で行ったが。

では、本題へ




今年は、巡音ルカの聖誕祭での作品公開をしなかった。
ただ、3月19日はV4Xとしての巡音ルカのもう1つの聖誕祭でもある。
今回のテーマは「言葉の影響」、時に言葉は親しい関係を一瞬のうちに破壊してしまう可能性を秘めている。
そして、それに相当する言葉を放つことが取り返しのつかない結果を招き、親しい友人から絶縁されてしまうという結末を招き、それ以降から重い十字架を背負ったまま苦しく生き続けるという設定が今作である。
例によって始めからこのテーマにするとは決めていなかったが、一度は語りたいことということから閃いた。

ある意味、かつて公開されていたアニメ映画「心が叫びたがってるんだ」を思い出す。
そうすると、さとうささらで作ったら一番合いそうな気がするが、もっと大人っぽく描いてみようということで、元からルカでやるつもりでそのまま貫いた形だ。
これは、自分自身にも言えるが自分の吐く言葉で自分の存在価値を貶めていることに気づかない、これが気付いたところで後の祭りになる、そうして人間関係を壊して最後に孤独へと至り、全ての救済からも見放される。
実際、自分はそうなんだが自分の家族にしても人付き合いを壊し過ぎている気がしてならない。
吐いた言葉の意味するもの、それが後になってボディブローのように効いてくる。

作中の彼女の場合、その罪の重さが自身を蝕み口を閉ざしてしまう。
言いたい、でも言えばまた傷つける、そうしているうちに言葉で出せず、自分だけが管理するノートに書くことでそれを吐き出す。
それが歌に昇華していくというのはやはりファンタジーの域に達していると思うし、実際そんな展開なんてなるほど現実は甘くない。
口を閉ざした彼女が、歌うということで再び口を開く、そして詰まった想いを一気に声に出して開放する、でもそこに書かれている言葉には汚いものなんてほとんどないから歌になった、まさにファンタジー級の奇跡だろう。

今作は、またミディアムテンポになったが、過去にこの手のミディアムテンポのルカ作品では「Negativist Year」という曲があるが、それと比較しても汚さというものがない、あっちは赤い世界なのに対し、こっちは青い世界という風に描いているし。

それで、最後に僕自身ちょっとわがままを言う。
「だれか、胸で僕を受け止めて欲しい」



スポンサーサイト
 
05
 



ちなみに、上のYouTubeのプレーヤーで開始5秒で動画が停止する現象(再生時間の分母部分が変動している)を見た場合、プレーヤーの画質設定を1080p又は360pに変更するとスムーズに再生される。
ちなみに、ニコニコにUPしたものと同じものなので、YouTube側エンコードで何らかの問題があったと思っている。
アップロードの時間が悪いのか、突然の仕様変更によるものなのかは分からない。
ちなみに、今作はフランスの動画サイト「dailymotion」でも公開している。
全部で3つのサイトでの公開だが、アップロード時間は異なっている。

このブログを始めて既に10年以上が経過したが、ボカロ作品のレポートは第1作からずっとやっていた。
そして、それから丁度10年が経過、初音ミク、鏡音リン・レンに続いて自分の10周年作品を公開。
それが、今作「星の海」である。
今作は、第1作である「星の唄」の字幕やタイトルの表示法を踏襲する形を取ることで懐かしさを出したが、イラストは自分でMMDで静画として制作、そして当時の原点である初音ミク(ライブラリはV3になったが)に歌ってもらった。
思えば、ボカロのライブラリ数はかなりの数になったものの、初音ミクに始まり、初音ミクで節目を飾る。
第1作と違う点は、コーラスとしてGUMIを加えたことにある。

ミクの10周年の時に制作した「バーチャル彼女」でミクの体が成長している姿をとにかく前面にアピールしているように、僕の場合はこの10年で姿が成長したという認識である。
今作のtda式は以前の「あの空の向こうへ」や「GIRLS」でも使ったremiiさんによる改変モデルで、衣装と大きく成長したバストがチャームポイント、それこそが今の僕のミクだと思っている。
そして、それ以前に100作目になるミクオリジナル曲では、「愛しい人」という表現まで使うようになっている。
衣装は、青紫のタートルネックセーターとグレーチェックのミニスカート、茶色のオーバーニーソックスと黒のショートブーツという組み合わせだがこのミクがとにかく好き、今後も愛しさの成分の多い作品で登場してもらう可能性は十分ある。

そんな理想的なミクのミクによるミクのための作品、そして少し恋愛的で切ないような要素も入れてみた。
ただ、本来は静画でなく動かしてみたかったが、以前に鏡音リンの「恋はFuture Style」でぶつかった壁に同じようにぶつかり、断念した。
それは、MMDの物理計算による止め方の分からない向かい風のエフェクトだ。
リンの時、曲の後半で教会内から外に出るドアに向かって歩くリンに対して激しい向かい風が当たって歩行スピードが一定を保てていなかったりスカートなどが荒ぶったりして、一部意図しない形で完成としてしまった。
それが、今作だと向かい風でミクのスカートはもちろんのこと、バストまでが異常なまでに荒ぶったために、歩行モーションの使用を断念した。
ビジュアルはこんなところだが、曲の方は最初から「星の唄」を踏襲した路線と決めていた。
曲のスピードから、夜空の星を思わせるような音色の使用までも100パーセントではないが当時を踏襲した。
そして、唯一の登場人物にしてヒロインのミクに、夢も切なさも込めた歌を吹き込んでもらったが、V3になって最も使用しているDarkボイスを使用した。
いきなりボカロ生命を絶たれる可能性と隣合わせの中でボカロ制作11年目に入る訳だが、もうしばらくはそんな不幸ごとにはなってもらいたくないと思う。


現在の訪問者カウント

プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは管理人による承認後に有効になります。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝、不適切なワードを含んだコメントやトラックバックは承認不可にする場合があります、ご了承ください。

Xbox360ゲーマーカード

VOCALOID作品集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

管理人が購入したアイテム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。