FC2ブログ

雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

 
03
 



こんなテーマは自分に降りかからないと多分作らない。
この作品を作るときに思い出したのが、グチPさんが作った「私、仕事なんか行きたくない」という、公開僅か4日で殿堂入りを果たした大ヒット作だった。
ノリはそうだったんだろうが、自分が職場の中をテーマにした曲は初めてである。

詞の内容から、政治カテゴリーを匂わせる内容と思う人もいるかもしれないが、ここでいうリーダーは総理大臣のことじゃない。
職場のトップのことで、いわゆる「社長」である。
そして、内容的には社長室でバンと座っているようなものとは違うし、それほど大きな規模のものでもない。

いわゆる「社長」への不満が生み出したといっても過言ではない。
この曲を公開しているとき、休職中の身とはいえ、訳アリで職場に行ったがそこで激しい対立があった。
とにかく話がかみ合わない、そして「無敵くん」状態なのだ。
増して、向こうの主張は一貫性がなく支離滅裂でこっちが発言しようなら途中で無理矢理遮って「この業界ガー」「この業界ガー」のごり押し。
こっちで納得したフリをすることでしか収められる状況ではなかったが、あるサイト(ブログとかまとめサイトではない)で、「感情の起伏が激しい人はトップには向かない」、「部下たちの声に耳を傾けない人はトップには向かない」、「2代目である」といった内容だった。
それで納得した、全部満たしていたといっても過言ではない。
結局、話の溝が埋まることもなく、自分の中で見方が変わった。
これからは復帰後は従順を装って仕事することになるだろう。
納得する説明をするにも本当に下手すぎるし、感情がすぐ高ぶってとにかくすぐ激昂する。
本当、この人は社長には向かない、今すぐやめて欲しいといった怒りだけは収まらない。
増して、自分を「労災を悪用した保険金詐欺師」なんてレッテルまで貼る有様でこれだけは死んでも絶対忘れることはないだろう。

それ以前に、上司デスノートというサイトに登録して怒りをぶつける投稿をしたのだが、それがこれである。

とにかく、対話が本当にヘタすぎるし何でこんな人間の下で働いてんのみたいな状態だった。

曲についてだが、これだけ怒りのネタの宝庫と化していたせいで作詞があっという間に出来上がった。
詞を完成させてから曲を書くルートで、曲で少してこずった感があったが、結局前作である紲星あかりの新曲公開後から3~4日で動画まで完成させた。
CULを選んだ理由は、中の人ネタを少々混ぜようと思ったから。
歌の中では2か所にネタが入っている。
でも、こういった怒り系ソングはまだ作りたいほど抑えきれない部分があってまた作るかもしれない。

それは長く続く不幸のトンネルの出口がまだ依然として見えてこないことも意味しているのだと思う。
家族ですら、今はそんな存在と化しているせいで。
スポンサーサイト



 
01
 
2018年の誕生日 by ミクとカイト兄さん
今年はミクちゃんと兄さんが祝ってくれた。

今は次の曲を制作中なのだが、やはり不幸の積み重なった状態というのが重くのしかかっているという現実だけはそのままのようだ。
勿論、休職中というのも尾を引いている。

そんな中、Twitterのトレンドでジオシティーズというのが上がった。
自分の予測どおりだったが、自分にも関係のある話だった。
自分がホームページを持ったのは2000年以前だった。
その時のサイトはgaiaxのサイトで、簡単にホームページが作れて日記コンテンツを介しながら他の同じgaiaxサイトの管理人と交流ができるといういわゆる一種のSNSサイトでもあった。
この当時、数年ほどこのサイトを中心に活動していたころに訪問者の足跡を辿って他のサイトをいろいろ見まわしたりしたのだが、その中で、訪れた途端にトランスの曲が流れてきたというのに衝撃を受けた。
僕がDTMの存在を知ったのは、それからだったのである。
そのサイトの管理人さんが制作した楽曲の音色として使われていたのがRolandのSC-D70だった。
ちなみに、この当時自分もDTMは一切ないものの、ゲームソフトの作曲機能コンテンツを弄り回しているうちにオリジナル曲を何曲も作ったりしていた。
それが、後にDTMを始めるに至り、muzie(現在のBIG UP)というサイトへのアーティスト登録、ジオシティーズへのHP展開などをしてきた。
gaiaxのサイトは多分サービスが終わってインフォシーク(楽天)やジオシティーズのサイトを自分のメインにしたものの、更新はほとんどせず、後にインフォシークのサイトを閉鎖した。
というより、するネタに欠けていたというのがある。
なので、現在のメインはこのブログのみということになる。

そして、Twitterのトレンドをクリックして、ヤフーが提供していたジオシティーズのサービスを2019年3月に終了するという知らせを受け、自分が持っていたジオシティーズのサイト「雲界迷宮街不思議電楽遊戯グリーンフィールド」を今日付けで閉鎖した。
FTPを使ったファイル転送やHTMLタグについて自主的ではあるがいろいろ学んだ。
そういった思い出だけは今も少しだけ覚えている。

当然のことながら、今後はこのブログとTwitterがメインになるが今はこのくらいで十分と思っている。
動画サイトに関しては今後もボカロ曲メインで投稿を続けていくつもりである。

現在の訪問者カウント

プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは管理人による承認後に有効になります。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝、不適切なワードを含んだコメントやトラックバックは承認不可にする場合があります、ご了承ください。

VOCALOID作品集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク