FC2ブログ

雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

 
29
 
俺は今日、この上ない屈辱と人格否定を毒母から受けた。
俺が一体何をしたっていうんだ、俺がいなかったら遠方への水汲みなんてできなかっただろうに。
運転している俺に感謝もせず、俺を人格否定したり過去のことを持ち出して俺を攻撃したりと俺はまさにサンドバッグ状態。
常套句として持ち出している「助け合い」「お父さんが死んだら」「独立して出ていきなさいよ」
反吐が出る、全くもって反吐が出る。

自分の親が毒親だと分かっていたら、絶縁状を叩きつけて独立していたけど、俺は頭が悪い。
毒親と分かっていれば、自分で高額収入を得ながら自分らしく生きていけた。
でも、それができなかった。
大学生活していた時に感じてしまったのだろう。
結局自分は「いい子」を演じていただけ、そしてそれに耐えられなくなって大学を休みがちになり中退した。
思えば、幼いころからいろいろ制約だらけの人生だったし可能性は摘み取られていたのだろう。
何もかも中途半端に身について、社会の役に立てる人間になることが出来なかったのだろう。

毒母は、俺が出来もしないことを分かっていて俺を攻撃して心の底でヘラヘラ笑っているのだろうな。
俺は何せ「奴隷運転手」なんだから。
俺の人格は否定され、俺はカプセルの中に閉じ込められて毒ガスを吸わされているほどの狂気に包み込まれた。

最近、毒親デスノートへの投稿が活発化してきた。
心の底で、毒母への憎しみが止まらない。
4日前にファミレスでスマホから苦労して作成し投稿したデス書き込みが、2日ぶりに更新されたデス書き込みの掲載から外されていたのが追い打ちをかけた。
俺の居場所は、どこにあるというのだ!?




スポンサーサイト



 
18
 
プレイステーション5
時が経つのは早くて、もうプレイステーション4から6年が経つ。
だけど、一向に興味を示すに至れない今度の次世代機。
といっても、「いつかは必ず」という意味であって、まだ購入できる決断には至っていない。
というのも、「他のゲームが欲しい」という好奇心が無くなってしまっていたからだ。
SIEが、プレイヤーが最もプレイしたゲームというのを計測して上位3つを割り出してくれるツールを提供していて、僕の場合それがこうなったのだ。
無双三冠
ちなみに、上位2つはプラットフォームが異なっている同一タイトル(PS4とPSVita)、3番目も無双エンパイアーズとまさにこの域から全然出られない、たまにアーケードアーカイブスでレトロゲームを遊ぶ以外はほとんどこれ、「真・三國無双8」も全然プレイしていないのだ。

今、うちで最も起動しているゲーム機はプレイステーション4とPSVita、両方とも無双シリーズがメイン。
だから、PS5以前に他のゲームをしたいという関心が湧いてこないのである。
それが、ゲーム購入の支出を最小限に抑えている要因にもなっている。

しかし、PS5で驚いたのが価格、大抵の人は7万円台以上を予想していたし、PSXみたいな価格になってるんじゃないかという予想は僕もしていたが、PS4とほとんど変わらない、いや少し安い。
そして、年末商戦として12月かと予想していたが何と11月12日に決定、そして日本での展開が今回は早いのだ。
PS4は、日本では世界で最後発だったので驚きを隠せなかった。
そしてPS5は2通りあって、ダウンロード購入オンリーのディスクドライブ不搭載モデル(デジタルエディション)と、ディスクドライブを搭載したモデル(スタンダードエディション)の2種類があり、前者が39,980円、後者が49,980円(いずれも税別)。
どちらを選ぶかはこれがいろいろ考えることになるだろうが、パッケージ版の場合だと店頭などで安く買えたりクレジットカード決済だと分割払いができたりというメリットがある。ダウンロード版は全て一括決済になるんじゃないかなと思っている。
当然、こういったゲーム機の購入は大抵がクレジットカード決済なのはPS4を店頭で購入した時に見てきている。
ちなみに、僕は現金決済で直接購入した。

今回は様子見だが、今後いつかはと思っている。
 
13
 



別名「へごちん誕生祭」でもある抹茶ちゃんの今年の誕生祭作。
完成したのは、入院する日の1日前のこと。
入院が長引くことを見越して急ぐように作ったが、何とか間に合わせられた。
抹茶ちゃんの前作の「Embrace Me Hard」に続き、カスタムキャストで表現したナイスバディな抹茶ちゃん、そして歌詞を3Dグラフィックフォントを使用したが、これはGUMIちゃんの作品である「Guilty Girl」以来になる。
所謂直球型の激しい恋モノ曲で特に突き出ているようなものもないが、激しく抱かれる、深いキスをする、大きな声を上げてしまうって感じなのは確かである。

カスタムキャストでいろいろな抹茶ちゃんの姿をお披露目できるのもちょっとした訳がある。
1年前から、抹茶ちゃんモデルをカスタムキャストに登録していたのだが、毎日ログインして報酬ボーナスを獲得するために排日ログインしている。そして、その機会を利用して一日最低一回はモデルを使って呟いている。
そんなこともあって、いろんな写真を披露できたという訳である。

曲の方は、入院の予定もあったためか急ピッチで仕上げた。
職業訓練が終わった後でもあったし、時間もそれなりにあったので有効活用した形だ。

短くなったけど、最後にあらためて、抹茶ちゃんお誕生日おめでとう。
 
11
 
洗浄液というトラウマジュース
自分の体で目の上のたん瘤と化した自分の腸。
職業訓練を終えて次の段階に進む前に、この問題は片づけておかねばならないが、もちろん時間はそれほど残されている訳じゃない。
9月7日に入院し、翌日に内視鏡検査を受けた。
だが、既に自分の腸が難攻不落の砦のように、検査医による内視鏡検査を悉く撥ね退けるまでに至っていた。
そして、腸内に溜まった便を洗浄液で洗い流すことすら困難を極めていたのだ。
あの不味さ最大トラウマ級の洗浄液を3リットル近くも飲み、最新のレントゲンとの併用による内視鏡検査技術を駆使したシステムによって、何年ぶりだろうか、自分の腸内の全てを検査することに成功した。
検査に当たったスタッフの方々には心から感謝している。
自分のS字結腸が慢性的な炎症を起こし、加えて狭窄箇所が存在、そして今回も完全に腸内の便を完全に除去するには至らなかったという、それこそグロテスクで汚い洞窟を見ているようで気持ち悪かった。
5日間の入院の間は、抗生剤を使う治療を行い、今日の退院後も同様に抗生剤治療を一定期間試みることになった。
場合によっては、問題の部分を手術で切除するということもあるが、そろそろこの辺は思い切った覚悟が必要と思っている。
それは今無職だから、この間に全て片付けて仕事を探そうかと思っているがこっちにもタイムリミットはあるから先延ばしは出来ない。
だから、しばらくはフリーの状況だが、薬物治療を通院を挟みながら継続していくことになった。
ただ、自分は手術する羽目になったら寧ろ思い切って受け入れるつもりだ。
それは、今の状態のせいで腹痛が日常を支配するにまで至っていること、そして「カツカレーが食べられない」という悩みを永遠に抱える羽目になるから、なんなら思い切ってその痛みの元凶をぶった切ってしまおうと思っているからだ。

入院生活は楽なようで楽じゃない。
スマートフォンを持っているからTwitterは出来るだろうが、Wi-Fiが繋がらないので動画サイトとかで動画を見たりするとデータを大量に消費してしまうためほとんど見ることができない。
増して今は新型コロナウィルスで行動範囲も大幅に狭められてしまっている。
特に痛すぎたのが、1階に下りることも許されず、売店が利用できないことだった。
欲しいものがあったら看護師に頼んで買ってきてもらわなければならない。
そして、Twitterで愚痴っている人も多いが、入院患者の大半は体の機能を大きく損なった高齢者だ。
そういった人たちと共同部屋で過ごすことになるから、とにかくいろんな意味で落ち着かないし、自分もいつかはああなってしまうのかという戦慄すら感じた。
勿論、再入院になるだろうから、またそんな生活が待っているだろうがそれはもう避けられそうにないが、今後のためにも乗り切るしかない。

現在の訪問者カウント

プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは管理人による承認後に有効になります。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝、不適切なワードを含んだコメントやトラックバックは承認不可にする場合があります、ご了承ください。

VOCALOID作品集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク