FC2ブログ

雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

 
30
 
突然ではあるが
任天堂SWITCH降臨
あのニンテンドースイッチがうちにも遂にお目見えとなった。
世間ではPS5の入手合戦が熾烈を極めているが、こっちは事を急いでいないし、むしろこっちのプラットフォームでしか遊べないけど遊びたいタイトルが存在する。
今度、カプコンからカプコンアーケードスタジアムというレトロゲーム集が出るそうで、なんとラインナップにカプコンCPシステムⅠの1941やU.S.NAVY、カプコンCPシステムⅡの19XXが収録されているのを見て一気に心が傾いた。
この情報を知ったのは、昨年病院に入院していた時にスマートフォンでtwitterをしていた時のことだった。
また、ハムスターが展開しているアーケードアーカイブスでは、SWITCH独占タイトルが存在する。
それが、任天堂がアーケードに参入していた時に発売したタイトルで、ドンキーコングやマリオブラザーズ、パンチアウトシリーズなどであり、アーケード版のマリオブラザーズを購入した。
そういえば、ポパイはまだ出ていないが出るのだろうか?

星のカービィースーパーデラックスより
ちなみに、すぐにニンテンドーオンラインの加入手続きを済ませたことで、ファミコンとスーファミの一部のソフトが無料で遊べるコンテンツがあって、星のカービィースーパーデラックスを遊んでみた。
このタイトルといえば、ニコニコMADの宝庫ともいえる作品、ノヴァ破壊シリーズやグルメレースが特に有名だ。
この画面は、グルメレースで負けたときのやつ。

そして、もう一つ。
ローリングサンダー2を自宅で初プレイ
SWITCH版ナムコミュージアムを早速購入、初移植作品にスプラッターハウス、タンクフォース、ローリングサンダー2がある。
この画面は、そのローリングサンダー2なんだが、あまり評判はよろしくないとはいえ、僕は結構はまっていた。
前作のローリングサンダーをよくプレイしていたことや、このゲームに使われているのがあのシステムⅡで、音楽がめっちゃ気に入っている。
あのAYA女史が手掛けた名曲の宝庫、我慢できなくなって無双用BGMに何曲か採用したほどだった。
ちなみに、ナムコでは1991年最初の作品でドラゴンセイバーの次のシステムⅡ作品となる。

そんなこんなもあってなんだが、今後全部こっちで間に合わせようとは思っていない。
前回の記事のハレーズコメットはPS4版であり、これも理由がある。
SWITCHの場合はPS4のような30分にも及ぶプレイ動画が仕様上録画できないからで、録画するにはそれなりの機材が必要になるからである。
だから、今後はタイトルでうまく使い分けていきたいと思っている。

次に、今日は巡音ルカの聖誕祭の日なのでこっちに話を移す。
ルカちゃんおめでとう
ジョイフルに連れてきた

今年も巡音ルカの誕生日やってきました。
そして、今はもう自宅にいる状態なので、曲作りもペースがやや戻りつつある。
それでは、本題に入りたい。



10年以上以前から目をつけていた巡音ルカのイラストがあった。
即死級の悩殺ものだがここに何らかのエピソードをつけてみたい。
そして、今回も旧式環境で作った作品。
MEIKOの15周年記念向けに一旦作りかけたままのものがあったので、昨年の入院中にこれを時間をかけて仕上げて、退院と同時に自宅の環境に持ち帰って仕上げていた。
そして、今日巡音ルカの作品として完成することとなった。
今回も官能的な恋愛が絡む作品だが、やはり今回のイラストがすべてのような感じに仕上がった。
やはり、ルカちゃんは女神のように美しい、そんな気分に心がイッてしまいそうなほどだった。
今回は強い女性の内部に官能的で快楽を覚えてしまう脆さや柔らかさが潜んでいるという内容、これはMEIKOの作品で以前用いられた表現だ。

背景となる物語は、罠に満ちた街が舞台でイメージ的にはスラム色が強い。
そこで自分を守りながら生活するにはある程度の強さを持ち合わせておかなければならない。
そんな強さを持ち合わせた美人女性シンガーが今回のルカとなる。
でも、そんな彼女にも弱点が存在して、それをアクシデントで突然出会った男性に見抜かれていき、彼女の強さという表皮は徐々に剥がされていくことになる。
しかし、それが恋の始まりとなったというのが今作のエピソードである。

ということで今年のルカ誕は、巡音ルカの初期の頃の作品である旧環境であるSC-D70音源とルカの組み合わせ(V4X巡音ルカでは初の組み合わせ)となったが、いかがだっただろうか。
スポンサーサイト



現在の訪問者カウント

プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは管理人による承認後に有効になります。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝、不適切なワードを含んだコメントやトラックバックは承認不可にする場合があります、ご了承ください。

VOCALOID作品集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク