雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

呪界で一番危険な邪姫「呪界王族・美紅」

ミュージック

呪界王族美紅(邪姫態)
未来vs美紅
(c)2008 BANDAI NAMCO GAMES.ALL RIGHTS RESERVED

今回も「呪界」のお話、
画像の上は、呪界王族の王の配下の1人で美しさと危険さ、冷酷さで右に出るものはいないと言われている美紅の戦闘モード(邪姫態だが後に衣装を一部変更)、下はそれに立ち向かう抵抗軍の総帥・未来だ。

ちなみに、衣装は暫定的と言ってもいいかもしれない。
絵が描けないからキャリバーのグラフィックに頼っているだけで、実際は衣装は異なるものになるだろう。ちなみに、

以前にも呪界王族たちの設定について話したのだが、美紅は中でも恐ろしく、呪界王すら恐れているといわれている。
その美しさを極めた大胆な体型と言葉の甘さは全ての男たちを悩殺し、惑わし、毒牙にかけ、そして死に至らしめるといわれている。そのため、地獄の責め苦の1つに擬えて「刀葉林姫」とも言われている。

そこで、ソウルキャリバーⅣのプレイ動画を使って簡単な設定資料を作ってみた。


この資料では、核爆発から5年後となっており、ミク・リン・レン・KAITO・MEIKOをモデルとしたキャラは、王族と抵抗軍の双方に存在する。
抵抗側は人間で年を取り、寿命が尽きれば死ぬ。つまり、子孫へと意志を継いでいくという形で最終的に呪界に終止符が打たれるのが何年後かは分からない。

ちなみに、この動画ではちょっと設定が珍しく、リンがミクより年上なのだ。
そして、王族対抵抗軍の戦いの構図の周辺に双方に特殊な戦闘部隊が存在したりする。
王族なら巨漢兵や刀葉林兵、抵抗軍には女傑兵団なんてのがある。
どれも、戦闘スタイルは異なるがミクをモデルにしたキャラは双方とも美しさで右に出るものはいないことになっている。美紅は冷酷で未来は母性的、この辺は両極端とはいえそれぞれのカラーを全面に押し出しているといえる。

そうして、長きに渡って戦いが行われ時がどんどん過ぎていく訳だが、当然抵抗軍の子孫もあの5人がモデルとなることは間違いない。
当然ではあるが、公開当時はルカはいなかったのでここにも登場しない。
スポンサーサイト

tags : ソウルキャリバーⅣ ミク 呪界 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad