雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「Starbow Heart」はこんな風に出来た

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話



こんなことをよく口にしていた。
「私はあのお方を愛してしまった」
芸能と傍観者という2つの立場、後者は前者に対し憧れをもつ。
決して近づくことすらかなわない、無理に近づけばその人にとって「ストーカー」という烙印を押され「排除されるべき存在」へとされてしまう。
傍観者は所詮最後まで傍観者であり、その苛酷な運命はまるで「大江戸捜査網」の隠密同心並み(死して屍拾う者無し)かもしれない。
しかも、傍観者はこんな現実を突きつけられてさらに近付きたくても「遠い別世界の人」という現実に落胆する。
幼いころから実績を重ねていた、学生時代には海外留学までしており外国語も数か国語マスターしていた、様々な賞を授与された、誰もが認める実力者となっていった。こんなことを聞いたらさらに遠い世界に行ってしまいそうだった。
それを聞いた傍観者は何一つ実績を上げていなかった、それどころか周囲にすら異常なまでに遅れをとっている存在でしかなかった。でも、あきらめきれなかった、だから苦しくなって泣きわめいて、何度も精神がトランス状態になっていた。
今作の詞の骨格部分はまさにそれである。
そして、主役が初音ミクだから主役は女の子となる。
今作は、そんな設定を主役が女の子という強みを利用してキュートなポップへと仕上げたものだ。
昨年の「Loving Heart」以来の「乙女ロイド」的なポップスだ。
タイトルもまさにそんな骨格となる設定から出来ている。傍観者と憧れの人という距離は全宇宙の両端というこれ以上絶対に無いくらいの離れた距離で、それを光の矢のようなスピードで縮めていく。
そんな思いから、少女は追いつくために自ら実績を上げるために弛まない努力をしていくという形で締めた。
キュートなポップにちょっと大人の表現を加えたといったところか。

で、今回は珍しくテンポがかなり速い。
大抵はBPM80~90のスローバラードかBPM130~145くらいのトランスや普通のアップテンポ調だが正式作品では今回初めて172というスピードとなっている。
実は、この172という数値もとある名曲(影響を受けた女性シンガーソングライターの最近発売したばかりの超神曲なんだが)のテンポと同じテンポである。

とにかく、明るく展開するということを念頭に置いているのだし、あと宇宙や星を音で奏でるようなドリーム的な音色を使いたいというのもあった。
以上が、この曲におけるエピソードである。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。