雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

「永遠の翼」という名の場所に行ってみた

アウトドア

新年、明けましておめでとうございますm(_ _)m
本年もよろしくお願いいたします。

昨年のエントリーは不快感なものが多いだけに新年の挨拶から「テメェどのツラ下げて言うてんじゃボケ」なんて言われそうだがw

昨日から鹿児島に滞在中だが、旅行の動機が大抵は「地産地消」故のグルメだったりする。
やっぱり、薩摩黒豚食べずして離れられないというのが本音。

しかし、ここに来るとキーワードに「知覧」というのがある。

ちょっとこれを見た。
トメさんの卵丼が食べたいと思ったことがあった

2008年5月下旬に公開された「俺は、君のためにこそ死ににいく」という映画を見たときのシーンが脳裏によみがえっていった。
確かに、「永遠の翼」って曲はよく聴いたし今でもポータブルの中に入っていたり無双のエンディングテーマを差し替えてみたりとかよくやった。
永遠の翼永遠の翼
(2007/05/09)
B’z

商品詳細を見る


ここの場所のメインといえば知覧の特攻平和会館にも当然行った。
特攻兵の寄宿していた三角宿舎が会館の外にあって、あの映画の1シーンを思い出した。
それだけ、衝撃的だったのだろう。
しかし、この会館を訪れた人はどんな気持ちでそれを受け止めたのか?
「二度と繰り返してはならない」だと思うが、もしかしたら「次は誰がこの立場にいつ(20XX年)立たされるのか」なんて考えたりも。
数十年後に展示された遺品の中にボカロのパッケージがあったり、遺書に「僕は君に歌をもっと作ってあげたかった、でもお別れだ…」なんて遺書があったりしたらなどと考えてしまう。(初音ミクアンソロジー02にマスターの死を描いたエピソードがあったが)
そして、装甲の薄い機体を弾が貫通して鮮血で紅く染まりつくしたコクピットで最期の言葉を発するとすれば…
今風て言うとどうなんだろか
なんて、また新年早々ネガティブなこと書いてしまったが。

知覧の話はこのくらいにして、後は追記で

これがないと旅の話は始まらない。
薩摩黒豚のロースかつ(とんかつの十兵衛にて)

まさに、究極の満足感で満たされる味であった。
薩摩黒豚のロースかつ。

グルメ目当ての旅は「地産地消」の魅力にありですな。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad