雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

あの新ボカロ「リリィ」に挑んだ新作「Real and Unreal」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話

Lilyというボーカロイドが話題になっている。
実際未発売だが、発売元のインターネット社が体験版配布とニコニコ動画とのコラボ企画「歌わせてみたコンテスト」を開催するというので今回は自分もチャレンジしてみようということで制作してみた。
自分の再生数がファイナルワーストクラスなのはもう分かっているのでやりたいようにやるだけ。
ただ、Lilyは30日間限定のトライアルのため、それまでにやりたいことがあるが出来るか?

というのも、以前初音ミクの作品で「Fighting Days More Singing Days」という無双をイメージした曲を作ったのだがLilyでこの流れをくむ作品をやりたいのだ。
動機となったのは、このフレーズである。
「電話に出れないシチュエーション」
分かる人は分かるだろう。

それに先駆けて無双やってるのだが…

遮断機棒の使い手が大暴れ
(c)2009 Koei Tecmo Games.

棒が武器なのは言うまでも無く、「リリィ・シャダンキー」という設定のせいであるw
震源地は言うまでも無くこれ。


というか、突っ込ませてもらうと電車ちゃんと通ってるのかと?

ということで、本題に戻り
今作「Real and Unreal」の制作にあたり大きく変わった点がある。
今作から、正式作品として初めて新音源モジュール「SD-50」を導入した。
以前何度か「SC-D70」が使えなくなったことを話したが、windows7への乗り換えでDTM環境が半ば崩壊状態だったため、新しく導入した「SONAR HOME STUDIO 7」に搭載されたTTS-1サウンドキャンバスを使っていたがPCのドライバが対応していなくてASIO4ALLの世話になっていた。しかし、オーディオインターフェース環境には及ばず、DAWとVOCALOIDの同時使用が出来ないというのが大きな枷となってしまった。
それが、今回の新音源モジュールの導入によりオーディオインターフェースが復活したことでかつての環境が約1年ぶりに復活したことになる。
本当は、UA-25というオーディオインターフェースで間に合わせるつもりだったが、初音ミクAppend体験版目当てで買ったDTMマガジンでこのSD-50とMUSIC CREATOR 5をセットにした「MOBILE SOUND CANVAS」という製品が巻頭で取り上げられていて読んでいるうちに大きく興味が湧いた。何せ過去のあの快適な制作環境がパワーアップして蘇らせられるというのはこの上無い好条件だった。
同製品に関しては製品紹介を見てもらうこととして
EDIROL Mobile Studio Canvas SD-50EDIROL Mobile Studio Canvas SD-50
(2010/03/27)
エディロール

商品詳細を見る


さて、では作品としてはどうだったのか?



今回は、実はスランプ状態だった。
そのため曲の方が先に完成して、この時点では歌詞もテーマも未定のままだった。
状況はかなり切羽詰まっていたが、最終的に「現実と非現実」をテーマにした。
この手のテーマは過去幾度となくやってきたが現実と非現実の存在形態を描くというのは多分初めてではないかと思う。過去の作品では現実ほの不満を動機に行動をエスカレートさせるというものだったが今回はちょっと違った。非現実が自分を(良い意味で)変えていくという描き方になった。

今回はコンテストはもちろんアップロードして公開できる所には全てアップロードしている。
また、動画も今回はニコニコ版のみだが秒間60フレームで制作してみた。
というのも、ニコニコ動画も16:9比率の画面表示機能を搭載した新しいプレイヤーに進化したというのがあった。
そして、エンコードにAviutlを使ったことだった。

また、トライアルのリミットが来る前にもう1作はやりたいと思っている。
スポンサーサイト

tags : Lily リリィ・シャダンキー 

コメント

お久しぶりなのに、長文失礼します・・・。

夢永さん、お久しぶりです。再び、ご無沙汰してます。
ネットで合ってる人の中では一番頻度が高いんですけどね・・・。

ピアプロコラボ閉鎖・・・・・・、なんか、こちらのプロジェクト(下記のではなく)にも、降りかかってきそうで心配です・・・・・・。

Real and Unreal 聞かせていただきました。
ちなみに、Lilyボイスもこの曲が初めてでした。

なんとな~く思っていたことをつっつかれた気がします・・・・・・。
実際、何を突っつかれたかは、自分でもわかってませんが・・・・・・。

前回コメントさせていただいた曲の核心・・・、じゃなくて・・、主人公と若干同じような目線が思い浮かびました。

ほかにも、共感するところがたくさんあったり・・・・・・。
けど、核心は分かってない・・・、むしろ、それは無理なんでしょうね・・・。

あと、『凛』と『Virgin Naked Heart』も、聴かせていただいてました。
(こういった感想を、書くためのブログが機能してないって、どういうことだ・・・)

『凛』のシュミエーションシーンは・・・、(分かってても)戸惑って、終始無言でした・・・・・・。
14の僕には、まだ早かったみたいです・・・(苦笑)

ただ、両曲とも、リンの恋心が直に伝わってきました。
個人的には、リン曲でベスト5ぐらいに印象が残ってます。


・・・・・・・・、すでに長文ですが、さらに報告、許可申請を・・・・・・。

前回のコメントで、『もう誰も愛さない』の歌詞が抜けていたと書きましたが、さらに見つかりました。

二番のAメロ(かな・・・)の

『かつて好きだったものは全て、跡形もなく・・・(略)』
の『全て』が抜けていました。

修正なさっていたzipのテキストと、ピアプロのほうです。
ピアプロは、さらに前回のコメントの部分(『私を』)が抜けてました。

そして、許可申請のほうなのですが・・・、
まず、夢永さんの楽曲の蛇足歌詞カードを作成しているのですが、そのデータを僕のHPで配布してよろしいでしょうか?

Office Word(2007)で作った、B5用紙で印刷するとちょうどいいくらいになるような物で、

歌詞とサムネイル(スクリーンショット)、
作詞者、作曲/編曲者、
ボーカル(コーラス)、
動画コード(現在ニコ動のみ)、投稿日時(ニコ動)

を記録したシンプルな歌詞カードです。
下記のアドに、すでに作成している歌詞カード(個人用)のデータを置いときます。

://loda.jp/cyanoxs/(例のごとくです。)

Passはmlrwardsです。(DL確認後、即削除します。)

さらに、もうひとつ・・・、

某太鼓ゲームのエミュレーターというべきか・・・、『太鼓さん次郎』というソフトを使って、
ボカロ曲に太鼓譜面をつけて配布するというプロジェクトを行っているのですが、
そのパッケージの中に、『あなたを抱き締める私でいたい』を収録したいのですが、よろしいでしょうか?

実際には、mp3をogg変換(ソフトが対応してないので)し、譜面はこちらが作成し、
ボカロ曲の中から選んだ39曲のひとつとして自HPで配布します。

なお、その際には、背景に動画で使われたイラストを使用する予定です。
(こちらから、イラストを描いた方に連絡します。)

ちなみに、なぜかというと、自サイトのブログで、感想を書いてからも、
自分の中ではルカのイメージとして張り付いるからです。

ほかにも、ヤンデレとか、クーデレとか、ミステリアスとか・・・ありましたが、
「あなたを抱き締める私でいたい」のルカが一番ルカらしい気がします。

本当に、異常なまでの長文でした・・・・。すみませんでした・・・。
かといって、ピアプロも、なんとなく場違いな気がしたので・・・。

ちなみに・・・・・・、僕の中では『語られぬ者』ではないですよ。
有名P(あげるべきではないかと思いますが、cosMoさんや、悪ノPさん)の楽曲と同じくらい、印象に残ってます。

正直、「何・・・、この鬱曲・・・・。」と思った呪界から、いままで聴いてきた夢永さんの楽曲からは、たくさんのことを知りました。

最初にもらしたプロジェクトですが、夢永さんの楽曲(『あなたを抱き締める私でいたい』)の設定をリスペクトしています。
今は、何も言えませんが、世界(ネット)に出せたときに、聴いてみてください。

きっと、分かると思います・・・・・・・・・。

2010.08.31  霧田優希  編集

>霧田優希さん

遅くなりました。

コラボ閉鎖は降りかかる心配はないと思いますけどねw
ちなみに、Lilyはトライアル版なのであと1~2作で終わりになりますが、今回は歌わせてみたコンテストに挑戦してみたいってのがありましたからね。
描きたいスタンスにしても今までと少し違うんですけど。

「凜」は愛が欲しいという一心でそのため全て纏わず裸の姿というのが一番やりたかったことです。
リンちゃんの曲は「愛」をめいっぱいに詰め込みたいという思いがありましたからね。
「Virgin・・・」も同じ意味でちょっと積極的にしてみたという描き方ですけど。

歌詞カードは、ダウンロードパスワード入れてますがエラーになって出来ませんでしたよ。
ピアプロにプライベートでメッセージでパス教えていただければ確認しますので。
「もう誰も・・・」は後で確認します。

「あなたを・・・」の件は大丈夫です。
首を横に振る理由も無いし、宣伝になってくれるなら願ったりですからね。

どうもアリガトでした。

2010.08.31  夢永美朱  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad