雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

鏡音Loveの集大成「Please Hold Me Please Kiss Me」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話




今年を振り返ってみるといろいろ制作した年だったと言えた。
周辺では絶望的ニュースが溢れかえり、生きる気力を大幅に無くした。
そんな中でも、ボーカロイドをやってきた自分としては今までで最も豊富なボーカロイドをやった。
2008年は初音ミク、2009年は加えて巡音ルカ、そして今年は鏡音リン・レンとLilyもやった。
コンテストにも挑戦したし、コラボもいろいろやった。
そんなこともあって、今年は最も作品数が多かった。
正式作品は2008年が10作、2009年が9作、今年は13作、さらに楽曲コラボや非正式作品を含めればその数はさらに増える。
元々、鏡音リンをやるなんてことは頭には無かったせいか、初音ミクの次が巡音ルカ、それで終わるはずだった。
それを変えた1枚のイラスト、以前にも紹介したがそれがこのイラストだった。


個人的に使ってみたい気持ちが湧いてきた、でもリン・レンは持っていない、確かにそれまでの作品でもリン・レンはボーカルに登場しなくともイラストで登場した。
今年5月中ごろ、ACT.2のパッケージを購入、そしてもう既にリンの最初の作品に向けて動き出した。
実験作として、DW12作品の「Unusual Sky~記憶の街~」をリン・レンでカヴァーした。
キャラクターボーカル4人全員での作品であるが紹介しようと思う。



そして、7月に最初の作品「凜」が完成した。

初めての有名絵師コラボ、初めての鏡音リンオリジナル、ミクとルカとは全く異なる路線の確立、そしてここに成長鏡音がかねてから憧れていたあのイラストとそれを何も纏わない姿で表現するという2つの要素により生み出された。
そこには、愛したいという思いだけが歌詞の中で延々と綴られていた。

この姿こそが鏡音リンの私としてのディフォルトモデルだった。
憎しみもせず、見下しもせず、愛したいという思いだけを口にし、愛してくれるなら何も拒まず全てを受け入れるがために何も纏わない姿で無防備であることを訴える。
当然、その姿はパッケージのリンの姿とは大きく異なる姿であり、愛するために生まれた存在以外の何物でもなかった。
増して、そんなリンを好きになりすぎて就寝している私にあえぎ声すら出させるほど支配されてしまっているくらいである。

正式作品では今度の作品を含めて5作品、うち4作品が恋愛を題材にしている。

そして、その発端となった憧れの絵師の座敷ウサギ様とコラボするという念願が叶い、今度の最新作を制作、公開することとなった。
リンを愛したエピソードをたっぷり詰め込んだ今年の主役の集大成として、この作品は私にとっても初めてのクリスマスシーズンを題材にした作品でもある。

「リンの胸の大きさは夜色Pさんの趣味です」by 座敷ウサギ(某所にて)

そりゃそうだろう、もっと言ってしまえばSchool Daysの桂言葉くらい、いやそれ以上あってもおかしくなかったんだし、そこに「愛」がいっぱい詰まっているわけだから。

ここからは、曲について
構想があったのは10月くらいからだった。
このあたりから、楽曲制作を確立する手段としてサビの部分の歌詞と音程から考えるという始め方で組み立てた。
ただ、その周辺をどのように組み立てるかで結構悩みに悩んだ。
当然、コーラスパートなんて考えている場合じゃなかった。

AメロBメロの歌詞を考え始めたのはそれから随分先の話だった、つまり1番の歌詞を組み立てるのに非常に苦労した。そして、1番の歌詞が出来上がったころからこれに肉付けするように曲を組み立て始めた。
歌詞に対してベースパートを考えながら組み合わせ、そこからストリングス(ちなみに、ストリングス部分はItopiaという音色を多用している)、そして今回はピアノパートをかなり込んだように組み立てた。
そして、クリスマスを表現する中で欠かせなかったのが鐘の音だった。

そして、2番以降の歌詞を完成させ、曲も完成間近になった頃にコラボを申し入れた。

どの道、この曲は動画があろうとなかろうと公開することには変わりなかったが、コラボを受けてもらえた分こっちとしてもある意味使命感が強くなっていた。
シチュエーションからセッティングまで資料を作り、その間に曲を暫定的ではあったが完成させ、全てを渡したあとも曲のクォリティをもっと上げることを考えていた。
各パートの周波数帯域を解析して無駄な部分をイコライザーでごっそり削ぎ取って出来るだけ曲に悪影響を与える要素を取り除くことに専心したが、ここで本格的にモニターヘッドホンを導入するのが理想的だと確信した。
しかし、ここがあまりにも大きな壁になっていた。
私の住んでいる大分で理想的なものを求めるには無理がありすぎた。
本格的音楽制作をするためのものなんてどこにいってもなかった。
楽器店にすら置いてなかったくらいだ。
結局、福岡への遠征を試みることになったがその前日に熱を出してしまい、熱さましを飲んでそれでも完治していないのにそれを押し切って遠征した。
結局モニターヘッドホン自体は買えたがベストどころかベターな選択すらできなかったという悔いが残った。
しかし、選んだからにはそれをうまく使いこなしていくしかなかった。
ちなみに、欲しかったのはRolandのRH-300だったが在庫切れと言われ仕方なく同社のRH-200にすることに。
ソニーのMDR-CD900STも真剣に考えていたが保証形式が特殊で(ある意味無保証)で一部で接触不良という悪評があったため躊躇せざるを得なかった、いや実際にそれはあったが在庫切れだったら本末転倒だっただろうし。

ちなみに、その遠征日は1日泊って、その日の夜に一つ嬉しかったことがあった。




福岡天神のタイトーステーションで先行テスト稼働していて、プレイすることができた。
3画面筐体ファンとしては嬉しい限りだが、迫力ありすぎて金欠に拍車がかかりそうになった。

翌日、すぐに大分に戻りそれから曲の最終的な仕上げと動画の骨組を完成させた。
この頃にはもう既にイラストは完成済みだったのでクリップ化に向けていろいろ練った。
拡大縮小機能は両刃の剣でもある。どんなに解像度の高いものでもあまりズームしすぎるとビットマップの粗がどうしても出てしまう。これは、鏡音リンの処女作である「凜」の頃からの課題だった。
そこで、視点を移動するルートを見ながらズームで絶対見えない部分だけを切り除いたものを別に作ってズーム比率を下げることでこの問題に対処することとした。

そして、公開の3日前にようやく完成し、あとはニコニコ向けのエンコードをして終わった。
ただ、実際に片付いたのはいろいろ修正箇所が判明したこともあり、結局公開前日だった。

勿論イラストに詰められた思いは並大抵のものではない、設定こそ私がしたとはいえ、絵師の鏡音Loveという愛も限りなく詰め込みたいという思いもあり世界観はまさに2人のそれぞれの思いなのだ。
イラストを実際眺めていると、レン君がすっごいイケメンで赤面になるくらいだった。
そして、リンは「凜」を彷彿させる美しさと大胆さを兼ね備えた姿になっている、そしてその2人が大胆な姿で愛し合い、2人の左手の薬指には永遠の愛を誓い合う指輪が輝いている。
これも、実際指輪と恋愛についていろいろ調べて回ってあまつさえティファニーのサイトまで見たくらいだった。

そして、12月20日午前0時3つの動画サイトへのアップロードを開始した。
絵師の中の大きな鏡音Loveとそれが1枚のイラストを介して伝わり楽師の中で輝きを放ち心を支配した鏡音Love、この2つが存分に詰め込まれたこの曲のクリップがネットの海へと船出する瞬間である。
オープニングクレジットがいつもと異なっているのもその証である。

最後に、イラストに協力してくださった座敷ウサギ様、
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

tags : 初音ミク 巡音ルカ 鏡音リン 

コメント

こんにちは! お久しぶりです! メリークリスマスです~(=∀=)ノシ

夢永さんの文, じっくりに読みました.
鏡音の初歌をイラストを見て作りましたよね.
Unusual Sky~記憶の街~は現在私が好んで聞く歌中の一つになりました.w
この文を読んで思い出したんですが, 私はミクのほうき星3D PVをきっかけでボーカロイドが分かるようになりましたよね.ww

もし今年に何か大変な事があったら, 気を使わずに来年にはもっと進むことができるように応援します! 日本にはこちらよりボーカロイドとかそんな機会がもっと多いから.私ももっと頑張ります!∑\(˚∀˚)

それでは, アケオメです~←あらかじめ あいさつw

2010.12.25  ぴかり  編集

Re: タイトルなし

> こんにちは! お久しぶりです! メリークリスマスです~(=∀=)ノシ
>
遅れましたがメリークリスマスです~(=∀=)ノシ

> 夢永さんの文, じっくりに読みました.
> 鏡音の初歌をイラストを見て作りましたよね.
逆です、イラストは曲のために絵師さんに描き下ろしてもらったものなんで


> Unusual Sky~記憶の街~は現在私が好んで聞く歌中の一つになりました.w
> この文を読んで思い出したんですが, 私はミクのほうき星3D PVをきっかけでボーカロイドが分かるようになりましたよね.ww
是非、元であるミクルカ版も聴いてみてください。

>
> もし今年に何か大変な事があったら, 気を使わずに来年にはもっと進むことができるように応援します! 日本にはこちらよりボーカロイドとかそんな機会がもっと多いから.私ももっと頑張ります!∑\(˚∀˚)
>
> それでは, アケオメです~←あらかじめ あいさつw
来年もよろしくです。(=∀=)ノシ

2010.12.30  夢永美朱  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad