雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

CULオリジナル第1弾「Melt Future」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話




今日は、同日もう1曲UPしたリメイク作品「Break Days-Trch-C Mix-」も含めて書く。

今年ボーカロイド3に挑戦したい一心でCULを私の制作選択肢に新しく加え「Real and Unreal」のカバー版を投稿した。
それからCULオリジナルの制作に取り掛かり、初めてのCULオリジナル作品を昨日投稿させていただいた。
テーマは「絶望的未来への疾走」、簡単に言えばリアルな今の現実そのものである。
そこには、この世に生きとし生けるものが人間だけでも70億存在し、人智では理解しきれない自然という世界に身を置き、そんな中で様々な要素が複雑に絡み合っていることによるもの。
そんな中でのネガティブな視点に重点を置いている、いやこの視点からものを見れないのは1パーセントに過ぎないのだろう。
誰もが直面する理想と現実、この残酷な現実に翻弄される(ほんのごく一部を除く)我等。

理想と現実をテーマにした作品は過去にも何作も作ってきたし、この作品もそんな中の1作であることは間違いない。

そんな中、丁度アイドルマスターのアニメの24話を見てて、現実に翻弄されてるなぁと感じていた。
実際、売れっ子になると自分らしさを代償に払っているという気がしてならないし、抱いた理想が叶いにくくなってきているという風に見えた。はるるんカワイソス(´;ω;`)

話が逸れたが、遠くから見れば憧れで実際にそこに行くと黒い世界
(黒い黒い黒い世界に赤い赤い赤い血を見て生きている・・・って歌詞があったな)

いろんな意味で「未来のビジョンといざその時になると当時とはかけ離れた」、そんな歌である。
また、この時間の経過に「熱くなる」という表現を用いている。
これは、地球温暖化から取ったといってもいい。
光が蝕むというのも紫外線のことを指している、別の解釈だと信じていたものが悪魔に変わっていくとも取れる。
息苦しくなる→緑が激減して酸素供給量が減るというのもそう。

実際そう、自分の心のより所としていたものが未来に進む中でどんなに守りたくても守ること叶わないままみんな姿を消してしまった。
本当につまんない、そんな絶望感に打ちのめされていた。
それが、息苦しく感じる。
そして熱くなる(温暖化)ことで「溶ける」、そういう表現で「Melt Future」(溶ける未来)とした訳である。

まあ、ニコニコ的界隈には溶けるという表現だと「エージェント夜を往く」「メルト」「炉心融解」という御三家があるが別に狙っているわけではない。

この「Melt Future」について書くことは大体このくらいである。


「Break Days-Trch-C Mix-」に関しては、続きを読むをポチッと






この曲についての当時の原曲の詳しい記事はここ
ちなみに、このブログの過去の記事もちょっとどこか可笑しくなっているが、これは昨年まで利用していた動画SNSサイトZOOMEが閉鎖になってしまったため、このブログ記事もZOOMEの動画を多用しているため記事内容で一部コンテンツ欠けによる辻褄が合わない状態になっているためだ。

この曲は簡単に言えば「Break Days」のリミックス的な位置づけになる派生作だが、当時からタイトーのシューティングゲーム「レイフォース」と関連付けた書き方をしてきたし、この動画でもレイフォースのシーンが半分くらい占めている。
そこにあるのは、他人任せや他力本願の行きすぎが招いた悲劇なのだが今日こうして同日共にUPした「Melt Future」とは未来への暗示という意味としてはかなり似ているように思える。
今回はCULがボーカルでコーラス的な位置にミクルカがある。
また、歌詞が一部変更されている。
というのは、当時曲を完成させて公開したとき1つだけ気になっていたことがあった。
(変更前)「進化した世界は何処かで僕たちを蝕んだ」
(変更後)「進化した世界は何処かで僕らを蝕んでた」

Break Daysでは「僕ら」という集団的一人称を使用しているのに1箇所だけ違っているのがどうしても気になっていた。
そこで、今回は思い切ってその部分を修正した形となった。
実はこれは同日UPした「Melt Future」でも同じことがあり、muzieに先行してUPした後に歌詞を修正しているため2日間は修正前のバジョンが上がってしまった。
勿論、あの後修正版をUPしたのでそのうち修正版に変わってると思うが。

それで、私の場合焼き直しを上げることが多いので今回は思い切ってスタイルをテクノ系に変えてみたのだがどうだろうか。
スポンサーサイト

tags : ミク ルカ CUL 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad