雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

鏡音リン・レンAppend再始動第1弾、「凜-Desire to Glow-」、あれから2年、最も愛したリンの姿再び

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話



2年前の同月7日、私が鏡音リンの曲として初めて公開した作品である「凜」。
全裸という表現のため実現は不可能と思われたこの作品を、イラストレーターの眠夢氏(当時はみつはち8名義で活動していた)の協力を得て実現したコラボ作品となった。
思えば、私が鏡音リンを好きになり、あまつさえ鏡音リン・レンの導入にまで至らせたときから私の中ではリンは女神のように美しい存在だった。
全然興味を示さなかった上、発売当初は音源自体が扱いにくくAct2まで発売される、そんな鏡音リン・レン、私が座敷ウサギさんの描いたあのリン・レンに出会うまでは…。
わんぱくでやんちゃでロードローラーを乗り回すことで知られるキャラクターだったが、私の描いたリンにそんな面影など無かった。
処女作でいきなり実現するにはハードルの高い表現、ここが出発点でそれ以来リンの作品は大半が恋愛をテーマにしてきたし、途中違ったイメージのものを作ることはあってもこのスタンスは今後も代わることは無い。
ここまでは、過去に何度か話したことなので、ここからは今作に至るエピソードを軽く話す。

以前から、リン・レンアペンド自体は興味こそあったし、導入したら「凜」のリメイクも当然考えていた。
そして実際そのパッケージが発売されてしばらく後にDTMマガジンでリンレンアペンドの体験版が付録で付くことを知りamazonで買った。しかし、実際に体験版のインストールに至ったのは1年以上先のことだった。
当時は作ってみたい構想があまりなく、安易にインストールしてしまうとタイムリミットが過ぎて使えなくなるためタイミングを見計らうのが大変だった。
体験版使用の作品では、過去にLilyの体験版で3部作(Lily第1弾として制作したヒット作「Real and Unreal」を含む)を制作した、あとYoutube限定で公開しているLily版の呪界がある。
このように体験版を使うなら最低でも3部作はやりたいと思っていた。
そして、リンレンアペンド体験版による3部作を昨年の夏の終わり頃に制作した。

鏡音リン・レンAppend 3部作
第1弾 LOVE IS WILD BLACK




第2弾 HEARTFUL MIND
こちらは、Youtubeで2万アクセス超えのヒットとなって連日海外からコメントが寄せられている


第3弾 ETERNAL HEARTBEAT~恋は風の中で~



そして、少し前に「初音ミク‐Project DIVA‐f」のことを書いたが、これについてもう1つ画像を載せてみる。
リンレンアペンド土産
Project DIVA‐f体験会のもう1つの土産が、リンレンAppend購入だった。
この頃から、「凜」のリメイクを真剣に考えていた。
実はもう1つ動機があって、動画の内容が折角描き下ろしてもらった専用のビジュアルがあるのに「凜」では他の人の絵と混ぜて使った。
だから、今度はこのメインビジュアルだけで作りたいと思っていた。
なので、全編に渡ってリンの素肌が映し出される内容になった。
それこそが「私の全てを見て欲しい」というコンセプトそのものなのだ。

今作は昨年の3部作(体験版のため声のタイプはpowerに限定)を経てのリンレンアペンド再始動作ということで、もう一度あの頃のリンに立ち返っての制作、ボイスタイプは「warm」をチョイスした。
また、音色も当時はSONAR Home Studio 7のソフト音源のみだったが、その後に導入したSD-50音源に一新して一部Synth1のアルペジオを織り交ぜてのものとなった。
また、「凜」の時の反省点も少なくなかったが今回はそれをほぼ修正した形となった。

タイトルに今回「Desire to Glow」というサブタイトルがついている、これは「成長する想い」という意味、あれから2年たっている(外見はそのままだが)、そこで前回で取り入れた「意思疎通シミュレーション」の部分を今回は撤廃し、その部分はリンがある要求をするという表現に変更した。
その要求内容は聴いてみれば分かると思う。

それだけに、自分の思い描いているリンはかなり特別、これもリンを愛した絵師の方々の想いが伝わってきたが故なんだろうと思う。
という訳で、「凜」の進化形となった今作「凜-Desire to Glow-」、心を空にして是非利いてみて欲しいと思う。
勿論、ピアプロでインストを含むmp3も配布している。

さて、この作品にはもう1ついいたいことがある。
実は、この曲の動画が完成したのは投稿日の前日でこの日は鏡音リン・レンAct2生誕祭の日だったのだ。
この曲はAct2ではなくてAppendなので直接的なつながりは無かったが出来ればこの日に投稿したかったのだが思わぬトラブルに見舞われた。
この動画をニコニコ動画で公開するためにmp4にエンコードしなければならなかったのだが、そのエンコードに使用していたAviutlというソフトが2パスエンコードの1パス目から2パス目に移動する段階でフリーズを起こしてしまったのだ。
このソフトは一度不具合を起こすと再インストールしか道が残されておらず、現行のAviutlを諦め最新のバージョンをダウンロードして組み直した。
もともと、知らないうちに高画質化を目指しているうちに不要なプラグインをどんどん落としてぶち込むことで動作が不安定になっていったし、わけが分からなくなった。
そこで、新しいバージョンのAviutlのインストールではニコニコで公開されているAviutlのチュートリアル動画を見ながらそれにしたがってシステムの再構成を行った。
当然、リン・レンAct2生誕祭の日に投稿することはもはや叶わぬこととなった(Youtubeとピアプロには投稿できたが)が新しく入れたAviutlで高画質でのmp4化に成功した。
ちなみに、私のニコニコでの動画は可能な限り60フレームで作っている。
実際、投稿したmp4が1280×720の解像度なので綺麗に仕上がったと思う。
ということで、5度にわたって1週間に1曲のペースで怒涛の投稿を続けたが、そろそろ一区切りになると思う。
今度は、ギャラ子さんのことも気になってきていることだし。

スポンサーサイト

tags : リン アペンド Append Aviutl  

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。