雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「ロケットが飛んで来るぞ、逃げろ!」解説

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話




ルカが13歳の頃、長きに渡る二国間戦争は熾烈を極めていた。
大陸から離れた海では二国間による戦闘が激化していた。
大型の戦艦、祖国の命運を託されたとされる巨大な戦艦、その艦長はルカの兄、カイトだった。

カイト「敵の勢いが増しているぞ、早く殲滅しろ」
部下「しかし、敵の動きが早すぎて、対空砲火ではとても抑え切れません」

敵は高性能の武装ヘリを多数投入、そのヘリには一撃で目標物を中心に広範囲を破壊するという絶大な威力を誇るロケットが搭載されている。

そのヘリの群れは、周辺の巡洋艦を次々と撃沈していき、カイト艦長の戦艦にも攻撃が及び始めた。
「うわーっ」
艦長「どうした?」
部下「第一第二砲塔大破」

さらに、別のヘリから強力な魚雷が撃ち込まれる。
部下「左舷被弾、浸水しました」
部下「艦長、もうこの艦は持ちません」
艦長「分かった、お前たちはこの艦を捨てて逃げろ」
部下「艦長はどうなさるおつもりですか?」
艦長「私はこの艦と運命を共にする」
部下「何をおっしゃるんですか、ここで死んだら残された4人のご子息はどうなるんですか?」
艦長「あいつらは強いさ、頑張って生きていける」
部下「いけません艦長」
艦長「お前たちは逃げろ、艦長命令だ」

そして、追い討ちをかけるように敵のヘリから放たれたロケットが命中し、艦は大破し沈み始めた。
ブリッジにカイト艦長を残したまま。

艦長「ミクリンレン、強く生きろよ・・・・ルカ・・・ミクたちのこと後は頼んだぞ・・・」

戦艦とともにカイト艦長は海の底へと消えていった。
そして、数年後両国は疲弊の極みに達し停戦協定を結び、事実上戦争は終わった。

そして、ルカが18歳になったころ、学業と仕事を両立させながら兄の残したお金を合わせながら新しいマイホームを住宅ローンを組んで購入した。
ルカが新しい世帯主となり新しい家に4人で住んだ。
4人とも歌うことが得意で、学業を両立させながら生計を立てていた。
自家用車も購入し、また家には畑もあり、ネギなどの野菜も栽培できた。
時には、その野菜を売ったりもして生活もようやく軌道に乗り始めた。
ミクは暇さえあれば野菜の栽培に没頭、リンは仕事でプロデューサーと付き合ったりもして時にはスィーツをご馳走してもらったり服を買ってもらったりしていた。
リンは、その中でもお気に入りの服を大事に着ていた。
ゲームが好きなレンも学業の一方で歌の仕事をこなして稼いだお金でゲーム機やゲームソフトを買って遊んでいる。

そして、ルカが20歳になった頃のこと。
ルカの住む居住区全体にサイレンが鳴り響く。
「大型のロケットの飛来を確認、本区が標的と断定」
ルカの住む居住区には軍の施設があった、その施設がどんな役割を果たしていたかは誰も知る者はいなかった。

そして、それはかつて数年前に結ばれた停戦協定を相手国が破った瞬間でもあった。
突然の飛来で迎撃体制を整えるには時間は残されておらず、住民を避難させることを優先する。

地区の住人たちが荷物をまとめて次々と脱出する中、ルカたちも脱出するべく車に荷物を積んでいく。
そして、4人が車に乗るとエンジン音がうなりながら車は家を後にした。




ここまでがこの作品の全容となっている。
もともとはコミカル路線だったが最終的にはシリアスっぽくなった。
実は、一番この作品で強調したのは「強力な破壊力を持つロケット」だったりする。
簡単に言えば、グレフのシューティングゲーム「アンダーディフィート」のロケットと思えばいいかもしれない。
あのロケットが直撃すると知った敵兵の心境はどんなものだっただろうか、それを具現化してみたいとも思っていた。

そして、楽曲は珍しくオーケストラ調になった。
そして、スネアとティンパニが暴れるような演奏でパニック感を演出した。

また、歌詞ももともとがコミカル路線だったのでネタがいろいろ入っている。
ミクのネギ、レンのゲーマー、被害を及ぼす範囲をルカが歌う(ダブルラリアットみたいな)など。
それでもリンにロードローラーを持ちせることは出来なかったが。

そして、今回は動画制作を自分は担当しなかったというのが今回の作風から見て分かる。
今回は、動画をMONO-Devoidさんが、イラストを4つさんが、両名ともこれがデビュー作となる。
そして、動画の完成もとても労力を費やしていたそうである。
お二人には本当にご苦労さまと申しておきたい。


そして、今回はオリジナルユニット名義になっている。
「CV四重奏」(読みはキャラクターボーカルカルテット)、クリプトンが発売した初音ミクに始まるキャラクターボーカルシリーズのキャラ4人に歌わせるわけで、実はニコニコ動画で4人分タグで面倒を見ると10個が上限では足りなくなるのが原因で、そこで1つにまとめることにした。
ちなみに、アナウンス役にCULを使っているがCULは含まれていない。
また、楽曲自体かなり前に出来上がっていたのでギャラ子も含まれていない。
スポンサーサイト

tags : ミク リン レン ルカ 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。