雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

否定

死にたい

自分は一体何者なのだろうか?
自分は求める資格がないのにそれを求めたのだろうか?

いじめを受けて育った。だけど自分の考えは解決どころか状況を悪化させることとしかもたらさなかった。
自分の本当に好んでいるものは、家族が有害と指定したものばかり。
自分の性格に気づいた時には、毎日が自己嫌悪にみちていた。

姿形は醜く、性格は傲慢の独りよがり、都合のいいときにだけ助けてもらってその恩には何一つ報いることは無かった。

嫌われる人間は自分が嫌われる行為に当てはまることをしているという自覚が無い。
自分はまさにそうだった。
何者なのか、私は?

一ついえることは、自分以外のすべてがリア充といえるということくらいか?
どんな悩みすら解決するカウンセラーすら相手にする価値の無い唯一の存在か。

みんな分からず屋、そして私はそれ以上に分からず屋。

ツイッターも問題発言の繁度がきつくなってきている。
「親を殺したい」「自宅に放火」「憎い」「部屋を血で染めたい」

人の気持ちすら分からないような私に殿堂入りなんてあるわけが無い。
どうせ、一度レールを外れたら容赦の無い社会では、私は「賊」であり「お荷物」でしかない。

自分は弱すぎる人間だ。

自分のやりたいことは何だったのだろう?
どうせ時をもどしたところで、醜態を晒すだけの自分だ。
時を戻せば救いが見つかると思える人が羨ましい。

こんなの見たら、「甘ったれるんじゃない」と怒鳴って殴るというお約束。
テレビ何度も不意に見せられてそんなものはもうただ吐き気がするだけ。

寧ろ、無名だからこそこんなこと書けるのかもしれない。
卑怯で最低の自分。

何が欠けていたのだろうか、
致命的な何かが欠けていたのだろうか

自分には矜持すらないだろう。
自分の考えの奥底には、「邪」なものばかりが見え隠れしている。

まあ、アレだ。
「短絡思考」「中身を見ないで規制」なんてバカなこと考えてる連中と何も変わらないような育て方されてるし。

ここまで救いようの無い人間なんて、ネット上を探しても何処にもいない。
悪い意味で「伝説」なのだろう。

最も愛した日が近づいているのに、方向は救いようの無い方角に向かい続けている。

最も惨めな最期が訪れる日も、そう遠くは無い。

孤独死か、絞首刑での死か、はたまた存在そのものがフェードアウトか。

度胸の無さなら誰にも負けてないつもりだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad