雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

タイトーメモリーズ・第2話「ガン・フロンティア」

ゲーム

第2弾は、ガン・フロンティアについて語る。
このゲームは、他社からサターンに移植されたそうだが出来はあまりいいとはいえなかったらしい。(実際はどうだったのか知らないが)

今度、8月末発売のメモリーズ下巻に収録されるされることになったそうだが。
アーケードとして1991年の1月上旬から中旬辺りにゲームセンターで稼動し始めたF2システムの第9作目で縦スクロールのシューティングゲーム。

開拓時代のアメリカ西部に酷似した惑星グロリア、
人々の生活は、突如巨大なモンスタータンクを引き連れて侵略してきたワイルドリザード軍によって破壊された。
多くの人々が犠牲となり、生き残った人々は1片のパンでさえ与えられぬ過酷な重労働を強いられた。
この隷属状態から人々を解放すべく天駆ける2機の戦闘機「デスペラード」は、ワイルドリザード軍に戦いを挑むのだった。

だいたいストーリーはこんなところであるが、このゲームはグラフィックが見事ではあるが難度はメチャクチャ高かった。
それに加えて自機のショットが弱く、さらに「ギャプラス弾」(1発あたるとその列のショットが全て無効になる)と呼ばれるショット仕様が大きく足かせになってしまった。
敵が密集状態なら、本来なら一気に撃破するには格好の標的であるが、このキャプラス弾仕様のせいで逆に敵を破壊しつくしにくくなる、これで結局引いてしまった。
本来はショットは連射を装備したものだったが発売前になって連射装備を外したという話も聞いたことがある。
とにかくきつかった。
移植に当たって、「ギャプラス弾解除仕様」を一緒に盛り込んでもらいたいと思っている。
全6ラウンド構成で、自機や敵の戦闘機デザインが銃を模ったものになっているのも独特の世界観らしさが出てる。
で、ボムシステムが変わっていて、地上の金貨を一定数集めることによりボムを1発補充するといったもので、それ以下の場合でもボムは使えるけど威力が下がる。
最近でいうと一昔前のエイティングの「バトルガレッガ」「アームドポリス・バトライダー」「バトル・バクレイド」がこんなボムシステムだった、近くゲームセンターで稼動するケイブの新作「鋳薔薇」もこのシステムなんだな。
ガン・フロンティアは、当時自分がよく足を運んでいたナムコ直営のゲームコーナーでナムコの大型のヘッドフォン端子装備のコンソレットキャビネットで稼動していて、ヘッドフォン装備して聴くとボムの音のすざましさに驚いてしまった。
移植されることだし、今度部屋の5.1ch環境を通してやってみたいと思っている。
ウーファーからどのくらいの迫力が味わえるか楽しみだし、家庭用なら連射つきコントローラーが使えるし。
しかし、このゲームのファイナルラウンドは見もの、1対1の勝負。
ただ、2人同時の場合、どちらか1人でも負けるとバッドエンドってのは悲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。