雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

うた組み575で遊んでみた

ゲーム

PSVitaを購入して2ヶ月、将来的に楽しそうなゲームが出る土台は既にPSPからPSVitaにシフトしつつあるようで、もうすぐ日本でも発売されるプレイステーション4との連携(リモートプレイやセカンドスクリーン機能など)が話題となっているPSVita。
しかし今回取り上げるこの「うた組み575」もVita購入を決断させた一因でもある。

セガが立ち上げたプロジェクト575、iOS向けに配信された「うた詠み575」を筆頭に、短編アニメーション「GO!GO!575」、そしてこのPSVitaソフト「うた組み575」を展開している。
VOCALOID技術を使用して、5・7・5で綴られる俳句に音楽をつけてポップスのように歌にして、キャラクターである2人の女子高生、正岡小豆と小林抹茶が歌って踊るというもので、鎌倉を舞台にしたバックストーリーを挿みながら四季にまつわるエピソードにちなんだ歌をリズムゲームで楽しむ、そのリズムゲームが今までにない斬新な要素を詰め込んでいる。

歌詞は基本的に5・7・5という俳句的に組まれたものになっていて、左右のマーカーから流れてくるターゲットに合わせてタッチスクリーンや背面タッチパッドをタッチするというもの、これに加えて表示される歌詞の一部が欠けていてそれに当てはまる歌詞のピースを正しく選んでパズルのようにはめていく、複数現れた時は正しいピースを的には順番にはめていくのだが、間違ったピースをはめるとその間違ったピースの通りに歌ってくれるというところが斬新、というのもこのゲームにはVOCALOID技術が搭載されているため。

この応用的なモードが歌詞アレンジモードで、それまでにクリアしたリズムゲームの歌詞に、リズムゲームで貯めたポイントを使って入手した言葉のピースを部分的に差し替えることでオリジナル歌詞を作ってしまえるという。
当然、全部しっかり歌ってくれます。

ちなみに、私の場合のアレンジ
箱庭ディストピアをアレンジ中

これを実際に歌ってもらった(衣装と背景も変更している)
アレンジ歌詞を小豆と抹茶が歌っているところ

歌詞に肉まんと攻めるというフレーズが、無双を思わせる。
実際、自分がやりたかったのが、無双コラボだったわけで。

それで出来たのがこの動画



PSVitaの場合、動画を外部に保存できないという欠点があるわけで、歌詞アレンジを動画にして公開するにはビデオカメラなどで直々に撮影しないといけなかった。
私の場合は音源のみを別の動画と組み合わせるだけだったので労力を払う場所は別のところにあったようなものだ。

ところが、今月27日にタイトルアップデートが行われるそうで、歌詞アレンジした動画をmp4に書き出す機能が実装されるとのこと、ニコニコ動画はmp4が基本なのでこれでらくらく高画質で投稿が出来るようになるだろう。

ただ、歌詞アレンジもそんなに自由にできるというわけではない。
かなり制約が厳しく、あからさまな固有名詞を使った歌詞はほとんど無理な状態だ。
1文字のみのピースも全体の4分の1(50音のうちの半分以下)くらいしかないので、逆転の発想と工夫が重要になってくるだろう。


スポンサーサイト

tags : うた組み575 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad