雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

再び無双デイズな毎日

ゲーム

前回、IA/VTの発売延期を嘆いた記事を書いたが、無双でも同じことが起きていた。
無双エンパイアーズシリーズは何回も何回もエンディングを見てはまた新規開始を繰り返してきた。
それだけ、エンパイアーズはゲームハードにとってブラック企業顔負けの過労死タイトルといわんばかりだ。
(但し「戦国無双3Empires」を除く)
最近の作品では「真・三國無双6Empires」があるが、とうとうプラチナトロフィーゲットにまで至ってしまった。
それまでに何度エンディングを見てきたことか、そしてそれでも続けている。
ここまで熱くなれる秘訣は展開のアドリブ性と充実したエディット機能の両立に他ならない。
やってることは全く同じだけど、どの勢力がどんなふうに領土を拡大していくのかが毎回決まっていないためやっていて飽きがあまり来ない。
まして、真・三國無双6Empiresはエディット武将にまで勢力が存在しているからワクテカが毎回止まらない。
つい最近、作ったチームの数が24チームに達して1勢力1領土で始められるようになった。
もはや、三国志ではなくなってしまってるがそれこそがこのゲームの醍醐味なんだと思える。
そして、真・三國無双7Empiresも発表されて大分経つが本来なら来週には発売のはずだった。
しかし、2回も発売延期になって11月下旬になった、これが真・三國無双6Empiresとそっくりな展開(9月発売→10月に延期→11月に延期)、最初の発売日から延期ありきで発売日を発表してんじゃないのかと疑わしくなる有様だ。
これだけ延期してもどうせ絶対に品質向上の対象外とされているのが
30fps中心の可変フレームレート死守
なんだろうなと、PS4版のwith猛将伝をやってみてショックで寝込んでしまいそうだったくらいだったし。

ま、そんな話はとにかく置いといて




さらに、エディット要素大幅進化だそうでスゴイの一言だが、前作のエディットキャラを継承できるのは大きな点だろう。
そして、勢力自体をオリジナルで作れるのは大きいし、シナリオまで作れるとなれば創作意欲をかきたてられることも間違いなしだ。
そして、結婚というイベントが進化して出産なんてことまで出来てしまうからすごい。

発売は11月20日なのでまだまだ遠いが、その間は別の無双でトロフィー集めに没頭するもよし、昨日突然解禁になったPS4版真・三國無双OnlineZで遊ぶもよしだし、そっちをプレイして待つしかない。
ただ、真・三國無双6Empiresのエディット武将を増やしておいて7に全部移行させられるように準備というのも一つの手だろう。
という訳で、コーエーテクモさん、今度こそ延期しないようにお願いします。
ただでさえ戦国無双クロニクル3が控えていたりするので。



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad