雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

1年半ぶりCUL新曲「Freezing Break」、緊急制作公開

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話



最近のCULは裏方が多かった、これはIAにも言えたことであるが。
実際今年は作品数も少ないし、初音ミクがV3になって珍しく出番が増えたりいろいろあった。
CULの単独作品で前作になるのはKiss is Soda Tasteという曲でその後はm.y.c.i.名義のユニットでモノクローム・ワールドがあった。
実際この12月22日はCUL生誕祭の日、しかし計画では前作の初音ミク作品のChase the Eternity Loveの1週間後の鏡音生誕祭を目指していて、無計画状態だった。
ただ、やはりキタエリのボカロということもあってそろそろCULの出番も必要ではと考え、今回急遽制作に踏み切った。
それが本作であるCULの最新作「Freezing Break」という作品だ。
もともと途中まで楽曲自体は方向性が無いままある程度完成していたこともあり作業量が減らせたのが功を奏した形ではあるが。
何か、某火星アニメに似てるようなタイトルだが、フリージングというのはまさしく凍てつく寒さ、まさに今の冬の状態そのものだ。
そして、CULといえば赤というイメージカラーがある、だから熱く燃えるという表現にはピッタリだし、その熱いレッドカラーで凍てつく寒い冬を吹き飛ばしてしまおうというのがこのイメージだ。
前回は夏恋愛、そして今作は冬恋愛だがノリのいいダンスポップに仕上がっている点では同じだ。

現在は次の鏡音誕に向けて作業中だが最近はDTMのワークにPCがついてきにくくなってある程度仕様を抑えて作らざるを得ないのが現状だ。
昨年の鏡音リン・レン生誕曲「Cross Again」では途中で音の途切れともいう不具合が含まれて、それを克服するためにセキュリティと格闘したり他の常駐アプリを止めたりとやっているわけで、楽曲制作面でもプラグインの使用数を極力控えてトラック数も減らして制作している。
増して、今ではVOCALOIDの使用もVOCALOID4の登場でさらに要求スペックも高まってきていることを考えると既存の制作環境を泣くなく削らなきゃならないことを考えると胸がとても痛い。
実際、今楽曲制作に使用しているのはかなり古いタイプのものだし(Win7登場以前のもの)、新しいものを導入出来るかも微妙なので環境自体はまだまだ現体制を維持することになるだろう。

話がそれたが、久しぶりのCUL作品となったが来年はもっと出番を増やせればと思っている。
スポンサーサイト

tags : CUL 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad