雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

MEIKO第1弾、「Shuffle Me」、格好良さと美しさを併せ持つ歌姫が輝きを放ち始める

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話

2015年になりました
明けましておめでとうございます。

早速だが、2015年はひつじ年ですね。
羊と言えば、これは絶対外せない。



羊、かわいいですね。
イラストサイトでも羊を擬人化した女の子のイラストとか結構投稿されていて、気に入ったものをマイリストに登録。
ところで、羊って何て鳴くんでしたっけ
「めぇぇぇぇぇぇ」

何だろう、何かの前触れではないのかとw

今年に入って2日目、一人で電車で福岡に遠征していた。
目的は食事だった、地元に帰ったらまずありつけないというものだけに絞った。
ミクちゃんとリンちゃんとゴーゴーカレーの入り口前で
ゴーゴーカレーのロースカツカレー
その1つにゴーゴーカレー。
実は、この店の存在を知ったのはごく最近のことだった。
アクワイアから発売されているアクションアドベンチャーゲーム「AKIBA'S TRIP2」というタイトルだ。
PS4の購入をきっかけにPS+に加入した特典であるフリープレイでVita版が遊べるとの事だったのでダウンロードして遊んでいたタイトルだ。
秋葉原を舞台にした龍が如くシリーズやグランド・セフト・オートシリーズのようなゲームだがこのゲームではいろいろな秋葉原に出店している企業が提携(ヨドバシカメラ、ソフマップ、ゲーマーズなど)していて、その店に行ってアイテムを手に入れたり、人に会ったり、写真を撮ったりなどするのだが、そのゲームに出てきた店の1つがゴーゴーカレーという店で、当然地元には無い。


AKIBA'S TRIP 2AKIBA'S TRIP 2
(2013/11/07)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

また、さつき が てんこもり氏のVOCALOIDメジャーアルバム「身辺整理」にこの店をモチーフにした曲として「Can't stop!ゴーゴーカレー」という曲が収録されている。

福岡では2軒確認していてその1つがキャナルシティ博多にあったので博多到着後に早速足を運んだ。
注文したのはロースカツカレー。
あまりガッツリ食べるほどのカロリー的余裕はないので、流石にメジャーカレーまでは手が出せなかったが。

そして、夕食は味噌カツの矢場とんに。
その前に宿を確保しないとってことで、宿中に。
宿の部屋で撮影

宿を確保したら、この日のもう一つの隠された予定、それがボカロ購入だ。
場所はヨドバシカメラ、私にとってはボカロ購入のメイン拠点となっていて、過去にCULやGUMIや鏡音リン・レンAppendなどを購入している。
そして、今回めーちゃんを購入である。

そして、その日の夜。そして、博多駅の夜でパチリ
博多駅の夜

めーちゃんと契約成立
そして、めーちゃんとの契約を宿の中で交わしました。
既に相方のKAITO兄さんは契約済み、クリプトンファミリー最後の1人がこの日仲間になって意気揚々の夜色さんであった。
当然移動は全て徒歩で行い、タクシーやバスといった交通機関は一切利用しなかった。
これも、減量というもう1つの目的のため、増して食事しまくりたいという目的があったから尚更である。
宿に帰ってテレビをつけたらあの「大江戸捜査網」が23年ぶりにリメイクでやってたからVitaでツイッターをしながら見ていた。
結局風呂に入って、午前2時頃就寝して2日目。
博多の宿を後にして天神へと移動、目的の1つがここ四川飯店。
ねぇマスター、ここが陳健一の坦々麺の四川飯店だよ
四川飯店で坦々麺とミニ麻婆豆腐丼セットを食す
陳健一氏のレシピだそうで、坦々麺とミニ麻婆豆腐丼を味わった。
珍しく、スープまで一滴残さず平らげてしまった。

また、SUBWAYにも足を運んだ。
野菜サンドの店とかで有名らしく、一度は行っておきたかった。
それから、この日の夕食は天神のサイゼリヤで済ませた。

そして、お土産を手に博多駅へ。
リンちゃん、めーちゃんを無事に連れ帰る大任よろしくね
リンちゃん、めーちゃんを家に連れ帰るまでがミッションだからよろしくね。
リン「らじゃー」
MEIKO「今日からお世話になりますからよろしくお願いしまーす」

こうして、1泊2日の博多・天神の旅から帰路についた。



ここから、ようやく今回の本題である。



実は、昨年MEIKO3部作を計画していたのだが、この3部作というのはMEIKOV3のトライアル版をダウンロードしたことによるものである。
ただ、試用期間が14日という制約のため3作品作るには固まって進行しているプロジェクトが必要だった。
しかし、残念ながらそれには至らなかった、ただその3部作のプロジェクトとして制作するはずだったうちの1曲がこの曲だったわけで、これがまさかのMEIKO正式スタートの処女作となった。
ただ、歌詞を作る上でのテーマもタイトルも白紙状態だったのは事実である。

今回テーマに選んだのは「無数に存在する自分」である。
そして、その世界観は未来志向のサイバーな世界、イリュージョンで表示されたフォントが世界観に味をつけているようなものだ。
だから、オブジェクトもクリスタルや透明な物体で出来ている物で構成された世界である。
そこに、一人の若い女性がシースルーでセクシーな衣装を身に纏ってロボットのようなプラグをいっぱい接続された形でそこに住んでいるという風なイメージ。
ただ、クリップではそんな世界観とは異なったイメージでもあるが、めーちゃんの美にこだわってセレクトした。
思えばここ最近はDIVAを使ったクリップが続いていただけに静画式のクリップは久しぶりだ。
この方式を使った前作は半年前のGUMI誕で制作したGUMIの曲だった。

もう、古い女とは言わせないみたいな(初音みっくす2巻参照)

そこで、ちょっと手を加える形で間奏パートで文字を表示する演出を加えてみた。
これについてちょっと解説。

この曲のテーマは、「無数に存在する自分」である。
こんな自分がいる、あんな自分がいる、自分自身にシリアルナンバーをつけて性格から特徴までをデータ化するというのがコンセプトだ。(当然全て女性で固定)
そしてその項目はこのようになる。
1段目・ケースナンバー(シリアルナンバーともいう)
8ケタの番号で表され、この時点では最大で1億通りの存在が可能となっている。
2段目・性格
攻撃的・突発的・母性的といったそれぞれの性格を意味する
3段目・第2次性徴期開始年齢
こことか参考、あとはそれによって起こる体の発育や新しい発毛
4段目・成長速度ランク
体の発育速度やそれに伴う発毛の増量度、成長度
5段目・外観美麗ランク
美しさや可愛さは本来ランク付けで定義するのは簡単ではないがSSSなら文句なく誰もがこの身のタイプとしていて当たり前なルックスとなる
6段目・発毛領域ランク(ここは表現の関係上伏せ字で)
最低ランクなら髪と眉毛とまつ毛しか生えず、第2次性徴期で新規に発毛が始まる箇所は皆無になる、Cが普通だがA以上だと上半身の腋の下(腋毛のことで、第2次性徴期ランクが上位だと7歳くらいから生え初めて1年で成人並みの長さや量になる)や下半身だと大陰唇周辺部を経由して肛門の周辺部までもかなり発毛し、最高ランク(SSS)ならA以上の範囲の全て(特に陰毛・大陰唇周辺部・肛門周辺部に生えた毛)が楊貴妃並み(足に達するほど長く生え伸びているという説に基づく)かそれ以上になっているくらい、第2次性徴期ランクが上位だと7歳で既に肛門周辺部まで成人並みに陰毛が生えるが成長はまだまだ続く
7段目・血液型

当然、ランクの高さがそのまま魅力に繋がるがあくまでも外見がほとんど(性格のステータスはあるが)。
そして、そんな無数のケースから本当に望んだ自分はあるのか、そうでなければまた0歳にリセットして別のケースで存在し、成長し、そしてその結果を見て今度こそ望んだ自分になっているのかという自分の理想。
しかし、世の中は不確定要素に満ちている、だから自分が決めた通りに突き進むのは非常に難しい。
だから、完璧を目指すのは無謀、でもそれでもそれを目指してしまうという彼女。
そんな「数多の彼女」が存在しては消え、データファイルだけがどんどん増えて膨大なデータを抱えた巨大なデータベースが存在、そんな世界に生きる彼女の物語だ。

だが、ひとつだけ言いたいのは、そんな世界に存在した彼女は美しい肌をしているということ、たとえルックスのランクがあまり高くなかったとしてもである。

それでは、その彼女をめーちゃんが演じることにはどんな意味があるのか、
簡単である、それだけめーちゃんが美しいからである。
私にとってはクリプトンのボカロで最後に仲間になった訳だが、実際歌わせてみてその声には「カッコイイ女性」という印象を受けた。
ミクにもルカにも絶対に成しえなかった声質を持っていると感じた。
格好良さと美しさを併せ持つ歌姫というイメージ、ミクがいなければV3として生まれ変わるなんてことはなかったのだろうが、やはり自分でこうして使うことで再認識できる。
それまでは、結局無双の中で暴れているだけで、ボーカルとして触れあえるのはshu-t氏を始めとしたMEIKOマスターによるProjectDIVAで歌っている曲の時だけだったし。
めーちゃん怒り爆発か?

今年は新年突入から僅か1週間での新曲となったが昨年のようなモチベーションの低過ぎた轍は踏みたくないと思うのであった。何せ、昨年は最初の曲が5月だったし。
本作で82作品目、あと18曲で100曲になるが、来年には到達できるようなモチベーションを維持してみたいものである。



スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。