雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

初音ミク9周年向け新曲「夏、少女」、最高の夏にきらめくミクちゃんを描いた夏

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話




そういえば、今年はミクにまつわるフェアをファミマでやっているような感じでは無かった、今年も新作のミク傘売ってるかと思っていた。
もしそうなら今年は2本くらい買おうかと思っていたけど、もちろん、その予算も確保のつもりだったが、今のところ気配は無い。

前作であるGUMI誕作「Dance with Your Love」から2ヶ月開いてしまったが今年もミク誕新曲を制作した。
以前から何度も書いているように、自分は雨が嫌いである。
そして、梅雨が予定通りに終わらず真夏の季節を全部雨に塗り替えることほど嫌なことはない。
そして、そういう時は気圧配置を見ると太平洋高気圧が日本をすっぽりと覆っているが、九州と沖縄だけが完全にその外に放り出されている形だ。結果として、連日の雨の中で流れるテレビニュースは熱中症や水不足のニュースばかりであり、また今年も九州だけ冷夏となってしまったということが嘆きと慟哭にも似た逆上的感情すら隠せなくなっていた。
過去にボカロでもこれをテーマにした作品を何曲か書いているし、ミク誕曲でも書いた。
最近ではKAITOのオリジナル曲である「Disappointed Rain」がそんな嫌な雨を題材にしている。

2年連続冷夏となって今年の夏、梅雨時期の連日の雨は過去に例が無いほどすざましかった。
7月に入って、そして梅雨明けが発表された。
その何日か前からあのすざましい雨の毎日が一区切りして晴れの日が続いていた中での梅雨明け発表。
それでも、梅雨明け後にまた雨の日が戻っては続く戻り梅雨なんてのもあったり、梅雨前線から秋雨前線にノンストップ梅雨がリレータッチしたりなんてこともあって半信半疑だった。
しかし今年は違った、雨が再び降ることは無く、熱い陽射しに雲の少ない青空、蝉の鳴き声、望んでいた夏が現実のものとなったのだった、それこそが今作「夏、少女」のテーマである。

動画では、今回もミクちゃんは公式ではなく私服姿のものを使っている。
もともとミニスカートとニーハイブーツ姿のミクちゃん、そんなミクちゃんの生足もまたとても綺麗で、ミク作の前回では美麗を極めた素足がとても美しかったが、今作使用した現実迷子さんのイラストはコスチュームがTYPE2020をアレンジしたような夏の軽装みたいなもので、ミニスカートにリボンソックス姿、これがまたとっても可愛い美脚を魅せている。
そんな姿がまさに夏をキラキラした笑顔で駆けていく女の子というイメージにピッタリで作詞や動画制作のイメージを手助けしてくれた形になった。
そして楽曲では昔のような可愛いミクのような声になった、ミクの標準設定みたいなもので初音ミク初期のヒットソングでよく聴かれるタイプ、実際V3ミクを使っているが、オリジナルボイスで今回はジェンダーを一切いじっていない。
曲はいつもの夜色さんらしいダンスポップだが明るくさわやかなイメージに仕上げられたと思っている。

あと、今回は動画のアップロードもちょっと異変があった。
ニコニコ動画のアップロード容量がこれまでの100メガから1.5Gに拡張されて推奨動画フォーマットも変わったのだ。
ちなみに、今回はAviUtlでエンコードしたが条件が大幅に変更になり、音声を260kbpsにしてある。
これまで128kbpsだったのでその倍はあるが、こうした大きな変更に対して十分な準備をしていなかったせいかエンコードで失敗が重なり、31日に入って1時間アップロードが遅くなった。
今後は、しっかりと情報を整理してエンコードに備えなければと思ったている。
ちなみに、YouTube同様にAviUtlを通さないm2tsファイルでアップロードするとサムネイルがおかしくなってしまうことが分かった。
これが、余分にエンコード時間を割いてしまったことにつながってしまったが、結局、総ビットレート43100kbs、音声260kbs、フレームレート59.94fpsというこれまでとは比べものにならないフォイルを生成して投稿、AviUtlでMP4に変換するのに約2時間も時間を要したがなんとか投稿に至った。

今年のミクの誕生日は、初音ミクV4X発売やユニリーバのCMでミクちゃんがスカーレット・ヨハンソンと共演なんてのまであって今までとひと味違うバースデイになっただろう。
ただ自分は現在ミクのV4X導入は考えていない。
理由は、ミクV3で間に合っていること、またV4Xシリーズの最大の売りはピアプロスタジオを使うことが前提となっているが自分の場合はヤマハ製のエディターを使っているため必要性を感じていないこと、それと音街ウナに興味があることが関係している。
実際、V2ミクが現役というボカロPもいるだろうし、なので現在は考えていない(勿論、導入する可能性が無いわけでは無いが)が今回、爽やかな夏ソングをミク誕としてこうして制作できたことを嬉しく思っている。

なので、是非聴いてみて欲しい。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。