雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

2年ぶりのささらオリジナル曲「幻の街」、それは切なさと虚しさの光景

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話

ミクルカが祝ってくれました
ミクちゃん、ルカさん、ありがとう(o´∀`o)

また年を取ってしまったが、明るい未来なんてものは見えてこない。
先に進めば進むほど絶望してそうな光景だが、活気のある街とかも時が進むと閉店してシャッターが閉まりっぱなしの店が並んでいるといった光景は見ると悲惨である。
実際、今回の新曲のテーマはそこにある。
例えば、外を歩けば数多くの店を目の当たりにするだろう、特に商店街とかそうだが。
通りかかったら美味そうだなと思いつつその場を去ってしまう、そして知らないうちにテナント募集の看板が掲げられて店が閉店しているという、そうなるとこうなる前に立ち寄りたいとか思ったりもする。
また、車で遠方の目的地に行くと、途中で活気のある街を経由することもあるだろう、そうするとその過ぎた所に立ち寄ってみたい店とかあっても不思議じゃない。
自分の場合は専ら食べ物ばかりで、飲食店で気になるところとかあって一度立ち寄ってみたいななんて考えたことはよくある。
そんな店についてちょっと語ってみたい。
車で通り過ぎる店、歩いてよく通りかかるのに全く利用しないけど本当は行ってみたいようなところ、一部は後に最近よく立ち寄ったりしている。

チキンカレー(五車堂)
地元の中央商店街にある老舗のとんかつとカレーの店「五車堂」、つい最近店内をリニューアルした。
そこで食べるチキンカレー(正確にはチキンカツカレー)が最近のハマリメニューだったりする。

とり天定食(東洋軒)
とり天が美味しいと評判の東洋軒より、とり天。
価格はちょっと張るかも知れない。

デラックスタンタン麺(紅虎餃子房)
紅虎餃子房よりデラックス担々麺、地元ではパークプレイス店一店のみだが、いつでも行けるのになかなか行けないから、思い切って注文、1,300円もかかったが。

なべしまカルビ(焼肉なべしま)
そのパークプレイスへ向かったり岐路でよく通りかかるのが、焼肉のなべしま。
一見高価に見えるが、ランチは日曜日でも実施していてなべしまカルビのランチセットを注文。
1,100円とはいえ、サラダバーとドリンクバーとおかわり自由なライスが付いていることを考えるとそうでもないように思える。
なべしまの焼肉美味しかった
美味しかったぁ

極めつけは時々自家用車で北九州市小倉区に向かう途中の気になっていた店。
宇佐市にある金のスプーンというカレー専門店。
バターチキンカレー(金のスプーン)
こっちは、いろんなカレーメニューがあったが、この時はバターチキンカレーを注文。
勿論、美味でしたな。

金のスプーンにて

このように、一度行ってみたい店ってのはやはり結果の善し悪しとか関係なく思い切って行ってみたいと思った。

今日の本題はここから



「Connecting Terminal」から2年ぶりのさとうささらの新曲。
実は、ぶっちゃけ白状するとこのプロジェクトは長期間迷走していた。
当初はCUL向けのつもりがテーマも使用するボイスもコロコロ変わって結局曲だけは出来ているのにお蔵入りになった。
テーマが消えた街に決まったのも唐突というほどの迷走っぷりでCeVIOを使うことすらそれまで考えていなかった。
ささらに決まってからもメンタル系か流血的な表現のものにもなったが最終的に消えた街というテーマになった。

そこで、行ってみたい街だけど行けないというシチュエーションにピッタリなのが長距離バス通学という結論に至った。
通学ならイヤでも目にせずにはいられないしその街の姿に好奇心が隠せなくなる、だけど行けない。
何故かというと、お金がない、時間がない、休みが足りないと3拍子そろっていたから。
そして、動画では途中からささらの服が黒に変わっているのだがこれは学生から社会人になったという一種の表現のつもりだ。
就職して収入もそれなりにあり、ポケットマネーにもかなりの余裕が出来た、そして有給休暇を撮ることで数日間の休みを確保することで彼女は初めてその街に足を運ぶ機会を得ることに成功した。
しかし、その時訪れた街はもうあの活気などひとかけらもなく、商店街は閉店のシャッターが降りているところばかり、デパートや施設も閉鎖されてゴーストビルディング化していたという衰退の果ての現実である。
動画では廃墟という姿になっているがこれはこの設定の誇張的表現である。
どっちにしろ、訪れた目的を果たすことが出来なくなったことには変わりない。
ただ、ほんの僅かだけでも営業している店舗があるとすればきっと立ち寄っているかも知れないが、活気なき街は当然彼女を失望させる結果になった。

今回描きたかったのは、そういった意味での消えた街である。
ここにも、また現実の厳しさというものがあるのだろう。

そういうことで、ささら曲としては珍しく非恋愛曲になったが、どうだろうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad