雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

マイ・ネガティブソング「My Dear~崩壊、そして暴走~」

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話




もともと、これも以前はインスト曲として公開していた曲(曲名「My Dear」)でいつかは歌詞をつけたかった、それで去年DTMマガジンを買ってついてきた初音ミクの体験版を使用して歌詞をつけてみたもので当事は現バージョンよりももっと酷い歌詞だった。
その公開ページにリンクしてみる(私の本家サイトより)

今作では、だったらもっと中身を練り直して正式な形にしようではないかと思い、歌詞を1から作り直し声の調整も施した。体験版とは違ってシーケンスの保存が出来るようになったからこそできることだ。
そして、歌詞はまさしく妄想ごとだけではできないだろうほどのものといっても過言ではない。
中身は自分像に対する執拗すぎる攻撃的なものとなっている。これ以上の醜い生き様があるのかといわんばかりなほどだった。
今では、それ故にそれまでの考え方を拒むアイデンティティを持つに至っている。
それが、この曲、そして歌詞に繋がったといってもいいだろう。

歌詞の中にも出てくるが、日航機墜落事故の日で有名な日も自分にとっちゃ事実上の醜死した日にほかならなかったし、それ以来、自分像こそ人類最大の敵とすることすら日常茶飯事なくらいだった。自分をゲームエディットキャラ化したら自分の名前の前に「殺人鬼」という言葉をつけ、属性を「悪」に設定しその身に纏うものを全て「鮮血の赤」に染めているくらいだ。
これは、自分自身にとって自分自身を人類最大の屠るべき存在とすることで自分の周囲に対する復讐とすることをも意味していた。

今作では、絵は1枚のみで大した演出も入れていないが自分はこれで十分とも思っている。
この絵の使用を許可していただいた、作者のEVI氏(ネガティブP)には心から感謝したい。
このクリップではラフ画の特性を利用してオールカラースペクトルのエフェクトをかけて背景色を変えることなく描いている色だけを変化させるという手法を取った。これは、感情が変化する自身という意味で使ったのだが結局最後は最初と同じ色に戻ってしまうのだ。
ちなみに、同氏の一連の作品も聴いて回り、今ではドップリはまらせてもらっている。
もう既に鼻歌ででてきて当たり前なくらいだし。
春の小川~葬送行進曲ト短調へのリンクは上手いと思うし。


ここで1つおまけ

この曲はズーミーの自分のページで極秘に公開しているものでTDKIにもニコニコ動画にも投稿していないし今後もしないのだが。
この曲が本作へのある意味前兆だったのかもしれない。
ミクのマスターの境遇が悪いとミクもまともな歌を歌えないばかりか、恐ろしい教義をさせるマシンになりかねない。マスターしだいでミクは幸福にも不幸にもなれるというわけだろう。
そんなミクが後者の境遇で歌っているのがこの曲である。

スポンサーサイト

tags : 初音ミク ネガティブ 復讐 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad