雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

雷電Ⅳ・第2話「雷電と初音ミク」

動画ウォッチ



この発想、まさにグッジョブ。
しかし、おかげでこの曲聴いたら「音が出ないよ音が出ないよ」って真っ先に思いつくw

ニコニコからの借用だが確かにヘッドホンでやるとよく分かる。
これが発売されてから1回だけゲーセンでブラストシティ筐体の雷電Ⅳをやったら違いが良く分かる。
これで、ゴー○ドブレンドも飲めるってことだなw
で、ゲーセンでやった感想ではちゃんと効果音がフィックスでリアルに鳴っていたりするからそれで確信した。実際、INHのネットラジオでも認めていたし、この件はちゃんと修正をやってくれると言っているのでそれに期待したいところ。
この件の要望は自分もアンケートで出したのだが返信があってちゃんと検討してくれるってまあ丁寧に、これは嬉しかったですな。
シューターたちの固い絆というものを感じた次第である。
とにかく、修正バッチのリリースを心して待ちたいので暫くはヘッドホンの使用は控えることに。

こうしてみると、ミクの使い方っていろいろあるし、シューティングのBGMに詞を加えて歌わせたりしたらやっぱり面白い。

実は、雷電ミクの関係は自分もやってみたことがある。
というのも、前作雷電Ⅲのプレイステーション2版で、1面と3面のカラオケ版(?)が収録されていたりする。
そこで3面の曲に自分で詞を書いてミクに歌わせてみようかと考えたりしたものだった。
実際は、出来るには遠く至らなかったが。

で、今どんなをしているかというとポータブルプレイヤーに詰め込んだ音楽をXbox360本体に接続してカスタムサントラでランダムで音楽を流しながらプレイしていたりする。
だから、時々とんでもない曲がかかったりして笑える。
特に、シューティングに大人しいバラードとかミディアムテンポとかかかったら萎える。

例えば、ステージ1開始するとBGMが「千の風になって」とか

あと、このエントリーは雷電ミクについて語っているが、4面でさっきぃのCrystal Quartzがかかったりすることが何故か多い。
好きな曲だけにどんどん進むからやりがいもあるし。
あと、こんな曲だと燃えそうといえば、accessとかあと藤井隆の「ナンダカンダ」とかなかなか良かったりする。
ちなみに、ポータブルプレーヤーに入ってる曲は現在600曲くらい。

しかし、未だに5面の途中が精一杯。
何とか先に進みたいのだが。
スポンサーサイト

tags : ミク 雷電  千の風になって 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad