雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

「呪界」はこうして思いついた

VOCALOIDオリジナル曲制作秘話

さっきまで、夜桜四重奏とクラナドアフター見てたから遅くなった。
つーか、ヒメちょっとカワイソやったな。(⊃;Д`)
でも、アオかわいいよアオ

あの赤壁の戦いの映画も見に行ってたし。
だから、遅くなったがエントリーを作成。

と、前置きはここまで
といってもアオとミクはつながってるわけだし




ミクオリジナル作品もとうとう9作目となったが実はダークな世界観の曲をやろうと思っていたのは意外にもピアプロのイラストを気まぐれで検索していてダークなもので使えそうなものを集めていたらそんならダークな曲やっちゃおうかという逆転の発想だった。
しかし、今回は結構音の面でショッキングな演出をやってみようと思った訳でなんなら悲鳴を効果音で入れてみたのだがこれをもっと悲惨に演出してみようということで考えたのが、「殺される」という恐怖感、しかも誰も助けてくれず悲鳴の後に斬り殺されて断末魔の悲鳴ってふうにしてみた。
もっと恐ろしいのが、この曲の中核的位置づけになっている「カーニバリズム」で殺されて食べられてしまう、これだけでも結構ショッキングだったりする。
どのような設定かと言うと、人間が王族の手下の部隊によって拉致され監禁され、その監禁された人間から1人選ばれて機械稼動音がする部屋に連れ込まれてそこで全身を拘束された状態で機械で制御されている刃で切断されて殺される(それも悲鳴をギャーギャーあげたり、「死にたくない」という言葉を必死に喚くように繰り返して命乞いをしているのも空しく)、そしてその遺体の肉が王族たちの食事となってしまうという設定だ、(゚ロ゚;ノ)ノコワーーーー
カーニバリズムというと、どうもアンソニー・ホプキンス主演の映画「タイタス」を思い出さずに入られなかった。でも個人的に見てて痛快だったりする。
タイタスタイタス
(2007/12/07)
ジョナサン・リース・マイヤーズジェシカ・ラング

商品詳細を見る


そういえば、食べられてしまうとなると、昔ロボットアニメで「百獣王ゴライオン」ってのがあったがその第1話でカーニバリズムみたいなショッキングなシーンかあってトラウマになった。何でも奴隷としてコロシアムで戦わされた人間が負けて殺されて食べられちゃうという畜殺みたいな位置づけになっていて怖かった。

ここで、作って完成してみると1つ疑問が残った。
この曲の途中で2回ボカロ5人が集まっているシーンがある。
この下の絵のシーン
終焉 by 平安さん
自分は、囚われの身という意味で使ったのだが実際完成してアップしてから思ったのだが、あれは監禁ではなく、この曲の悪役的位置づけになっている邪悪なる王族というイメージが強いように思える。
いや、そう考えたほうが辻褄が合うのだ、だからそう解釈してもらって構わない、寧ろその方がいいだろう。つまりミクは2役やっているということになる。支配する王族と支配される民の2役を。最初の異形の歌姫シーンはまさに絶望の世界で体を蹂躙されて壊され朽ちた姿として捉えるといいだろう。つまり、邪悪なる王ってのはKAITOが扮していることになるが。
確かに衣装の纏い具合やあのクールな表情は蹂躙されて苦しむ世界で優越感に浸っているように見えるし、まさに王だろうな。背後のMEIKOとミクはその配下、この作品で言えば拉致監禁と畜殺の実行部隊にあたるといえる。それはラストの鎌を持ったミク(王族側)を見れば一目瞭然だろう。
そう考えれれば人を狩るいうイメージも想像しやすいし、増してあの場面ではミクが不気味な笑い声を上げていた。つまりMEIKOが拉致の実行役って訳か。
音から考えてみればあの鎌を使って悲鳴を上げる人たちを斬殺しているというイメージも想像できる。それにしても笑い声を作るのはそんなに楽ではなかったし、過去に不気味に笑うミクを表現している動画が上がってて感服した。自分にはムリかも。



ちなみに、私の曲の最後のシーンの笑い、実はこれ「ソウルドラキュラ」がヒントになった。
ちなみに、当時聴いたのは原曲とちょっと違っていたが。


そんな訳で、素材から作らされたといっても過言ではないといえるほど強烈なインパクトを感じた。
スポンサーサイト

tags : ミク カーニバリズム ソウルドラキュラ 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad