雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

TDKIボカロランキングでゴールデンラズベリー賞受賞v( ̄▽ ̄)vヤッタネ

鑑賞と自論

おかげさまでミクオリジナル曲「呪界」、ランキング除外(次回はまたイメージを転換するけど)

たまには、多面性スタンスの1部として悪役になってみるのも悪くないですな。
実際、My Dearという曲はそんな自分丸出しだった訳だし。

そんな「呪界」の間奏部分で「逃げたいでも逃げられない」というフレーズがあるが、初代「SAW」のキャッチフレーズだったですな。
で、映画の日だったし、「SAWⅤ」見てきたですよ。

お約束のオープニングゲームからいきなり(゚ロ゚;ノ)ノコワーーーー

部屋の台にタトゥーした上半身裸の男が手足と首を固定された状態で仰向けになっている。
男はセスという殺人犯で終身刑だったはずが懲役5年で出所。

このゲームの仕掛人は当然それを許さず、勝算0の究極の死のゲームで裁くことに。

で、男の腹の上を巨大な斧が振り子のようにブランブランと豪快に揺れている。
時間が経過すると徐々にその斧は降りていき、1分経つとその斧はセスの腹をを真っ二つに割ってしまいますし。
これを止める術は1つだけ、その殺戮の刃を振るった手を両端に設置された装置で潰すこと。
って痛いじゃないですか。
しかし、セスはそれをしたにもかかわらず、最後はああなっちゃって・・・


しかし、刃物の振り子っていうと影牢シリーズのペンデュラムっての思い出しますな。
というより、ペンデュラム自体が振り子という意味だけど。

この手のゲームは仕掛け人で質が違う。
ジグソウなら必ず被験者にも勝算があるように設計されているけど、SAW2のオープニングゲームみたな弟子さんによるゲームは勝算すらないから。

もう1つが本編のメインで進行形で進むゲームで5人の男女が首輪で繋がれていてその先のガラスケースに首輪を外す鍵があり、誰か1人が勢いよく突出した時点で1分間のタイマーカウントタウンが始まり首輪をはずせなかたら強制的にロープで引っ張られてV字型の刃で首を切断されてあの世行きとなってしまう。(゚ロ゚;ノ)ノコワーーー

で、この5人は自分が生きるうえで多くの他人を犠牲にしそれを何とも思わないという点で繋がっていてゲームではその意識を捨てて助け合うことがゲーム攻略の鍵となっていた。
この首輪ゲームが終わるとまた別のゲームをしないといけないわけで、こっから先は黙っておくが、シリーズ定番のラストの目を開けて見るには非常に勇気がいるという怖いシーンあります。

しかし、また来年SAW6やるんでしょうね。
しかし、こんな怖いのを5年連続で全部見ている自分も物好きなのか?




スポンサーサイト

tags : 影牢 SAW 振り子 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad