雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮

VOCALOID(作品の制作エピソードなど)やゲーム・日記中心のブログ

ガンダム無双2・第1話「マイブーム」

ゲーム

ガンダム無双を始めて買った。
というより、ガンダムのゲーム買うのってサターンの戦慄のブルー以来でまだ2度目。
やっぱり、無双ってところが大きかったか。

前作は訳あって購入には至らなかったが今回は買っても大丈夫だろうと思い。
で、結構いい線いっているじゃないですか。
爽快感もそれなりにあり、処理落ちも全くなく、群れ具合もかなりのものがある。
それに撃破したときの爆発音がいかにもジャパニメーションだよなって印象だし。
1990年辺りから、雷電シリーズとかいろいろなシューティングで使われているけど。


今、ちょっとはまっているのがカスタムサントラを使ってテクノをBGMにしてプレイ。

ちなみに、このBGMは自主制作したもの。
インディーズ系の音楽サイトからダウンロードしてからプレイリスト化してプレイしてるが、往年のガンダムシリーズのBGMとは一味違った楽しみ方だといえる。

今回のちょっとしたこだわりは「努力家」
アイアンマンを見た影響もあるが、強い立場の人間が自ら常に努力し本物の実力で戦うっていう設定が気に入っている。ハリソン・フォードがアメリカ大統領に扮する「エアフォース・ワン」、ビル・プルマン扮するアメリカ大統領が自ら戦闘機に乗って侵略者に果敢に立ち向かっていく「インデペンデンスデイ」とか。
使ったパイロットはドズル・ザビ、今回は、味方のエースたちが皆エースクラスのモビルスーツに乗っている中で唯一、一兵卒クラスのモビルスーツに搭乗して戦う。これはハマーン・カーンでもやったのだが。
そんなこともあって、うちのドズルは強化人間になってるし。どんどん一兵卒の目線で出撃しますよなんてね。
ザビ家の威光ってのもあるが、実力で戦うならこれもありかと。
ルナマリアのエピソードに触れた人なら分かるかも知れない。ルナマリアがシャアザク使っているのを他所にシンがガンダムディスティニーに乗っている、だからルナマリアはモビルスーツの性能のせいだと思っていた。そこで、シンとルナマリアが互いのモビルスーツを乗り換えて任務遂行にあたったがシンはシャアザクでも圧倒的な戦いぶりを見せ付けた。ルナマリアはそこで初めて全ては自分の実力であって決してモビルスーツの性能のせいではないと気付く。
このエピソードは、ルナマリアをプレイヤーに参戦させる過程で誰もが体験することになるだろう。
といっても、シャアザクを使うにはライセンスが必要でそれを取るためにシャアとの中を良くするのは本当に一筋縄ではいかなかったから困る。ひたすらブリーフィングとメニューを何度も何度も行き来し、味方にシャアが現われるまで粘ったし。

ドズルの話に戻るが、ガンダムでもザビ家は結構話題になったものだった。
特に、ガルマとギレンは他のアニメでパクリあったし、最近じゃ「屍姫 赫」の第5話に出てきたし。

でも、やっぱガルマだな、話題といえば。
ハルヒでコンピ研部長がパクッてたくらいだし。

ジオン公国に栄光あれ!!!

ガンダム無双2のアムロのオフィシャルモードのファイル4に「ガルマ散る」のエピソード書いてあったがシャア編にあるのだろうか?

ここからちょっと動画をお借りして・・・

電脳戦士ミクダム



あと、YouTubeで9.11を混ぜたこんなものも(不謹慎ネタにつき注意)


それと、ギレン閣下の「諸君が愛したガルマ・ザビは死んだ、何故だ!?」、(シャア「坊やだからさ」)も初音ミクJASRAC事件を題材にしたネタもあるし。



ガンダムは本当にネタが尽きないw
スポンサーサイト

tags : 初音ミク ガンダム無双 ドズル ジオン公国に栄光あれ 

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
現在の訪問者カウント
プロフィール

夢永美朱

Author:夢永美朱
趣味は映画・音楽鑑賞(制作)とテレビゲームです。
ニコニコ動画で「夜色P」というP名を命名して頂きました。
宜しくです。

twitter
http://twitter.com/miakayumenaga

トラックバックとコメントは認証後に有効になってます。
スパム対策としてコメント中のURL表記はご法度としています。
無関係な宣伝や不適切なワードを含んだコメントやトラックバックはご勘弁を。

Xbox360ゲーマーカード
VOCALOID作品集
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
管理人が購入したアイテム
 

Copyright ©雲界迷宮街の片隅遊戯迷宮. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad